作業日誌



2014年日誌

2009年日誌 2010年日誌 2011年日誌  2012年日誌 2013年日誌

2015年日誌 2016年日誌 2017年日誌


2014年12月21日(日)
くろすけのクリスマス飾り
  

先日の作業時に飾ったサンタの置物、厳しい寒波の強風で飛ばされ割れてしまいました。

週末に作業をした江本氏が、新たなクリスマスリースと可愛いクマのプーさんサンタ仕様を飾り付けてくれました。早速、親子連れがクリスマス仕様のくろすけと一緒に記念撮影をしていました。

気が付けば新しい年もすぐそこまで、皆さまにとって明るく幸多い年になりますように。。。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年12月13日(土)、14日(日)
師走の揺り起こし作業
  

寒波襲来で日本海側は大雪、ここ松阪は北風が非常に強く、最高気温も10℃に満たない寒さの中での作業となりました。

今回の作業では、銅管やプレート類も研磨剤を使って磨き上げました。

  

寒い中でもたくさんの家族連れが中部台運動公園を訪れていて、初日のみ汽笛体験を楽しんでいただきました。

この前から江本氏が運転室内の砂まき作用コックを修復していて、今回の作業で空気溜めエアを送りコックを開けると見事に砂まき管から滑り止め砂が吹き出しました。

  

二日間掛けて一年の汚れを落とし、テンダーから罐本体を油拭きして綺麗に磨き上げました。

  

運転室内も少しずつですが、修復整備が進んでいます。

煙室扉にはささやかですがクリスマスリースと、その下にはサンタの置物を飾り、くろすけもクリスマスを祝っています。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年11月1日(土)、2日(日)
深秋の揺り起こし作業
  

初日は終日雨で外での作業はできず中止としましたが、江本氏ひとりが運転室内を磨いて錆止め下地処理をしてくれていました。

  

最近はこまめに油拭きしているロッドも長雨には勝てません。
日曜日は湿度が非常に高く風もなく、細部に溜まった水は乾かず作業は困難しました。

  

それでも車体の油拭きや汚れた個所など綺麗にしました。

  

煙室ハンドルに奇妙なモノが取り付きました。
これは半年先の来年4月下旬、「松阪こどもまつり」でお披露目するために一時的に試行しただけで、このあとすぐに取り外されました。まだまだ未完のモノで、今後ボリュームアップする予定です、来年のこどもまつりをお楽しみに!。

広葉樹の木々もすっかり色づいて、中部台運動公園の秋も深まってきました。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年9月6日(土)、7日(日)
くろすけ揺り起こし作業と企画展
  

夏の暑さも峠を越えていますが、まだまだ蒸し暑い日が続いています。
日頃より手入れして錆止め状態の箇所も、本塗装が進んでいます。

  

ランボードへ登るフロントステップ下には、汚れ防止のため人工芝マットを敷きました。
土曜日夕方には大雨警報が出され、このあと激しい雷雨に見舞われて作業は終了しました。

  

二日目日曜日は二手に分かれて、中部台運動公園での作業と企画展開催中の歴史民俗資料館にて汽笛体験サービスを行いました。

  

訪れる家族連れや子どもたち、お年寄りの方にも懐かしい汽笛体験を楽しんでいただけました。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年8月23日(土)
堀面地蔵奉賛会様より助成を受ける
  

松阪市殿町に江戸時代からある堀面地蔵さん、その堀面地蔵奉賛会様より青少年育成に寄与する団体として認められ、今年度の助成金を頂戴いたしました。

今後の活動の励みとし、大切に使わせていただきます、ありがとうございました。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T

                                 
2014年8月15日(金)
企画展での汽笛体験
  

開催期間中、不定期ではありますが歴史民俗資料館横にて汽笛体験を行っています。
夏休み中でもあり、子ども連れご家族もたくさん訪れていただいています。

  

子どもの頃から鉄道ファンである元プロ野球選手、屋鋪 要さん(大洋ホエールズ〜読売ジャイアンツ)が、引退後日本全国に保存されている蒸気機関車を巡り、連載コラムを執筆されるなか、くろすけは一番状態の悪い時に訪れて貰っていました。

今年2月刊行された『目指せ打率10割!屋鋪要の保存蒸機完全制覇』の中、くろすけ掲載ページを、出版社株式会社ネコ・パブリッシング様のご厚意により展示させていただきました。

  

くーべるメンバー中北氏が制作した、ゆるキャラ「くろすけダッシュ」や、3年前に市長応接室から奇跡的に見つかった純正ナンバープレートや製造銘板も展示しています。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年6月22日(日)
企画展『くろすけと松阪の機関車』
  

松阪市立歴史民俗資料館にて、企画展『くろすけと松阪の機関車』が6月22日(日)〜9月23日(火・祝)までの開催が始まりました。

  

松阪にはくろすけ以外にも過去にもう一台の蒸気機関車が静態保存されていました。
(株)新竹商店様が昭和50年から昭和63年まで旧・ドライブインあら竹(市内八太町)にて、C11型312号機を個人購入して展示されていました。

その後、大井川鉄道に譲渡され整備して車籍復活、現役として活躍し多くのファンを魅了してきましたが、老朽化のため惜しまれながらも平成19年に引退、現在は他機の部品取りとさています。
そのC11312のナンバープレートや懐かしい駅弁掛け紙なども展示されています。

  

参宮線で蒸気機関車の機関士として活躍された方より、数多くの貴重な資料・携行品をお借りして展示しています。

また、SLファンでもあるFM三重アナウンサー瀧祐司様より、小学生時代に撮影された写真も数多く展示されています。

夏休みを挟んでのこの企画展、子どもたちにも是非足を運んで戴ければと思っています。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T

                                 
2014年5月31日(土)、6月1日(日)
梅雨前の揺り起こし作業 (くろすけダッシュ初公開)
  

両日とも真夏日となり、まだ慣れてない暑さとの戦いでもありました。
ロッドの一部を外してブレーキ部分や、主動輪ウエイトの塗り替え作業を行いました。

  

二日目は、三重高校の生徒さん達も作業に加わって下さいました。
杉山氏や藤島氏の指導の下、デフ板裏面、給水温め器や煙室扉周辺の塗装塗り替え作業を行いました。

  

かねて中北氏が仕事の合間に制作されていた、ゆるキャラ『くろすけダッシュ』が昨日完成して、本日くろすけの前にて初公開となりました。
すぐにちびっ子たちに囲まれて、人気の的となったのは言うまでもありませんでした。

また後日このHPでもご案内しますが、来る6月22日(日)から9月23日(祝火)まで松阪市歴史民俗資料館に於いて、企画展『くろすけと松阪の機関車』が開催されます。

このくろすけダッシュをはじめ、希望の園ヘッドマークなども展示いたします。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年4月27日(日)
『第37回松阪こどもまつり』協賛
  

さわやかな初夏の風が吹く中、「第37回松阪こどもまつり」が中部台運動公園芝生広場をメイン会場に行われました。
朝早くから終日大勢の家族連れで賑わいました。

  

今年もくろすけは、自慢の汽笛体験でこどもまつりに協賛しました。
今年は地元三重高校の生徒さん2名が、ボランティアでお手伝いして下さり本当に助かりました。

  

懐かしの写真展示のほか、機関士服(なっぱ服)・制帽を身に着けての記念撮影、汽笛体験をしたチビッ子500名以上にはもれなく、くーべる手作りの焼印ストラッをプレゼントしました。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年4月26日(土)
春のイベント前日の揺り起こし作業
  

今年も春のイベント、「松阪こどもまつり」の季節となりました。
午後からは、くーべるメンバー全員が集まり各部位の磨きだし作業を行いました。
花粉等で汚れていた車体も見違えるほど綺麗になりました。

  

イベント時はいつも汽笛体験で順番待ちの行列ができ、のべつ幕なし状態となるため急きょ地元住民の方々に配慮して消音器を作ってみました。
しかし、音質が変わったり音が出なかったりと試行錯誤の繰り返し、今後の課題としました。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T

                      
2014年3月9日(日)
寒の戻りの揺り起こし作業
  
            (作業前)                         (作業後)

3月に入り春の日差しを感じていたのですが、寒の戻り、寒い日が続きます。

北西の強い風で、雪や時雨がしけ込んで運転席側のロッドに錆が発生、予定にはなかったのですが休みの合う日曜日に急きょ作業を行いました。

  

春が近づくにつれ虫たちも活動を始めて、クモの巣が気になる季節になりました。
そして車体も杉花粉などで汚れが目立つようになり、きれいに拭きあげました。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T
2014年2月1日(土)、2日(日)
向春の揺り起こし作業
  

今年で6年目のSLくろすけ修復作業ですが、これからも保存活動グループ くーべるをどうぞよろしくお願い致します。

  

運転席足元にあるコックは欠損していたのですが、メンバーが調達してくれて砂撒き、ドレン、バイパスコックと全て揃いました。

土曜午後には、松阪市市民活動センターの方が取材に来て下さり、情報誌「アロマ」で私たちの活動を紹介していただけるようです。
また、夕方には神戸大学 海事科学部出身の青年が見学に来て下さいました。

  

二日目には、地元三重高校鉄道研究部の生徒さんが応援に来て下さりました。
温水温め器カバーを取り外して、傷んだ塗装を剥がし再塗装していただきました。

  

足回りのロッド類は、スチールウールでクスミを取り、最後に油で丁寧に仕上げます。

  

今回の作業では外装細部まできれいに油拭きをして、漆黒の輝きを取り戻しましたが、今月下旬からは杉花粉などで汚れてしまいます。作業は尽きることはありません。

                  まだまだ作業は続きます、
                       「くろすけくん起きなさい!」            T.T


2009年日誌 2010年日誌 2011年日誌  2012年日誌 2013年日誌

2015年日誌 2016年日誌 2017年日誌



生い立ち フォトアルバム 次回作業予定 掲示板 リンク