くりはら田園鉄道/栗原電鉄


 「くりはら田園鉄道」は、東北本線・石越から細倉マインパーク前を結ぶ非電化のローカル鉄道です。前身は「栗原電鉄」で、細倉鉱山からの貨物輸送も担っていました。
 昭和62年細倉鉱山の閉山によって路線存続の危機を迎えましたが、平成5年、第3セクターとして再スタートしました。
 しかし第3セクターに移管後も経営状況は改善されず、沿線自治体は平成19年3月末限りでの路線の廃止を表明しています。
 今秋、図らずも「くりはら田園鉄道」を訪問する機会を得ました。車両は電車から気動車になりましたが、架線と柱、腕木式信号やタブレット、木造駅舎など、以前と変わらぬ情景が残っています。四半世紀前の電鉄時代の様子と併せてご覧ください。

(2004. 9.30) 

[Recollection Top] [岐阜の市内電車 1970's] [岡山電軌 1979・夏] [列車追跡水戸線415系赤電]


Copyright(C) 1999-2004 Yoshiaki ISHIBASHI