常磐線 EF80



EF80型交直両用電気機関車は、常磐線の電化にあわせ、昭和37年(1962年)から63両が製造され、主に常磐線・水戸線で活躍しました。そして、つくば博の旅客輸送を花道に昭和50年(1985年)に引退しました。
EF80が常磐線の主力として活躍していた時代の様子をご覧ください。

(2005. 3.20) 

[Recollection Top] [くりでん 1986&2004] [岐阜の市内電車 1970's] [列車追跡水戸線415系赤電] [列車追跡水戸線5790レ]


Copyright(c) 1999-2005 ISHIBASHI/YOSHIAKI,All rights reserved. No reproduction nor republication without permisson.