コタン文庫

 コタン文庫では、違星北斗の著作および、関係者・研究者による北斗に関する文書を集めています。


違星北斗の遺稿

→各遺稿集の違いについて

『違星北斗遺稿 コタン』

《増補版》

 1995年版 (草風館)

 現在もっとも入手が容易なのが1995年刊の『違星北斗遺稿 コタン』です。この本には84年版『コタン』刊行後に見つかった遺稿が新たに加えられています。

 北斗研究の必携書です。

『違星北斗遺稿 コタン』

 1984年版 (草風館)

 1984年に発行された、違星北斗の遺稿集。初版『コタン』に収められなかった資料が多数収録されています。

『違星北斗遺稿 コタン』

 北斗の死後、彼が生前尊敬していた社会運動家・後藤静香(せいこう)が、その死を悼んで発行したものです。

※草風館版に含まれている。

同人誌『コタン』

1927年発行 

(コタン社)

 
違星北斗が幼なじみの中里凸天とともに発行したガリ版刷りの同人誌です。『コタン』に収録されています。
『違星北斗遺稿集』

1954年発行

(違星北斗の会)

 違星北斗の会(木呂子敏彦代表)が刊行した12ページの小冊子です。

遺稿集に収録されていない遺稿

志づく「3巻1号」

?瑰(はまなす)の花

「子供の道話」

「にひはり」

違星北斗の未確認文書について

分類遺稿集

カテゴリ分類 全歌集 句集  日記 書簡 昔話 思想 研究

書画 写真

キーワード別歌集

違星北斗の短歌(俳句)をキーワードで分類、発表年代順に掲載しています。

北斗 コタン アイヌ(ウタリ) 和人(シャモ) アイヌ語
歳時記 自然 動物 植物 交通
家族 友情 恩師 手紙
東京 平取 余市 鰊場
行商 貧困 闘病 愛国思想

※類似の内容であっても、違う作品として扱っています。
※一つの作品は複数のキーワードに含まれている場合があります。
※そのキーワードが含まれていなくても、内容的に近い場合。入れている場合があります。

関係者による違星北斗に関する文書など
余市
違星梅太郎 『自働道話』

『蝦夷の光』

「手紙の中から」(S4/4)

「蝦夷の光」誕生を祝ふ

奈良直弥 『自働道話』 『自働道話』「手紙の中から」(T14/2)
古田謙二 『違星北斗遺稿集』 「落葉」(要約)
山岸玄津(礼三) 『北海道余市貝塚に於ける土石器の考察』 「緒言」
東京(自働道話)
西川光次郎 『自働道話』 「樺太北海道巡講記」(T13/10) 
西川文子 『自働道話』 「校正を終えて」(T14/3)
額田真一 『自働道話』 「自働道話社遠足会 高尾登山」(T14/5)
『自働道話』 筑波登山(T14/8)
東京(希望社)
後藤静香 『コタン』 「序に代えて」

「コタンに泣く」 *blog

宗近真澄 『コタン』 「故人の霊に」
岩崎吉勝 『コタン』 「跋」
東京(文化人)
金田一京助 『都新聞』

『コタン』

『北の人』

『思い出の人々』

「慰めなき悲み」

「違星青年」 

「違星青年(『北の人』版)」

「あいぬの話」

金田一春彦 「日本語の生理と心理」 幼少時の「違星」に対する悪印象 *blog
金田一京助 谷口正氏への手紙 春彦の上の記事に関する電報と手紙
伊波普猷 『沖縄教育』 『目覚めつつあるアイヌ種族』
山中峯太郎 『偕行社記事』

『民族』を改稿

『民族』 *blog

『コタンの娘』(前書き)

※詳細は「リンク」ページにある「しょうそう文学研究所」のサイトの、「峯太郎よもやま話」のコーナーをご覧下さい。

小樽(歌人)
並木凡平 『新短歌時代』S2年12月創刊号

『新短歌時代』S2年12月創刊号

『小樽新聞』S2年12月4日

河畔雑記

編輯後記

違星北斗紹介記事

福田義正

『新短歌時代』S2年12月創刊号

『新短歌時代』S3年1月号

『新短歌時代』S3年2月号

『新短歌時代』S3年6月号

大男涙を落す記

歌の作り方に就て

歌の作り方に就て(2)

さらば小樽よ小樽の人々よ

稲畑笑治 『小樽新聞』S4年2月16日

『新短歌時代』S2年12月創刊号

違星北斗追悼文

社中閑話

高橋白楊 『新短歌時代』S3年1月号 積丹半島歌壇の現状
座談会 『新短歌時代』S2年12月創刊号

『新短歌時代』S3年7月号

第一回新短歌時代座談会

第六回新短歌時代座談会

『新短歌時代』S3年2月号 昭和三年口語歌壇予想暦
新聞記事
『小樽新聞』S4年1月29日 違星北斗死亡記事
『北海タイムス』S5年8月29日 同族のための熱の歌
『釧路新聞』S2年3月5日
木呂子敏彦 『違星北斗遺稿集』 北斗を想う(無記名)
後記
鍛冶照三 『よいち』S28年8月号 違星北斗を偲ぶ
『あけゆく後方羊蹄』
田中蓮代 『天業民法』 違星青年を惜む  *blog
森竹竹市 北海道新聞記者への書簡 北斗の歌に思ふ
関係者による北斗を歌った短歌など
バチラー八重子 『若きウタリに』 バチラー八重子の短歌
森竹竹市 『原始林』
銀鈴』
森竹竹市の短歌
岩崎吉勝 『跋』 岩崎吉勝の短歌
並木凡平 『小樽新聞』

『アイヌの歌人』

並木凡平の短歌
稲畑笑治 『新短歌時代』 森竹竹市歓迎歌会
中山先生 「日記」 中山先生の短歌
富谷先生 「日記」 富谷先生の短歌
伏根シン子 『コタンの痕跡』
「旧土人保護法とともに五十年」(喜多章明)より護法の成立の感懐を詠う詩
高根一路 『新短歌時代』昭和3年2月号 「五十人集」
明圓政二 『新短歌時代』昭和3年7月号 漫歌十人一首
読み人知らず 『新短歌時代』昭和3年2月号 本道歌人百人一首
第三者による関係者からの聞き書き等
早川勝美 早川より谷口正への書簡 「北斗についての早川通信」 *blog
古田謙二 書簡 湯本喜作『アイヌの歌人』の誤りを指摘 「アイヌの歌人」について *blog
知里真志保

『知里真志保の生涯』(藤本英夫)

知里真志保の北斗評 
二谷国松 『アイヌの歌人』
(湯本喜作)
二谷国松の北斗の思い出
辺泥和郎 『知里真志保の生涯』
(藤本英夫)
辺泥和郎の北斗の思い出
『近代民衆の記録11 アイヌ』
「アイヌ論考」
(藤本英夫)
辺泥和郎の伝える北斗の言葉
バチラー八重子 『バチラー八重子の生涯』
(掛川源一郎)
金田一京助への手紙(一部)
吉田ハナ 『バチラー八重子抄』(末武綾子) 吉田ハナの北斗の思い出
森竹竹市 『コタンの痕跡』
「新しい歴史が開かれる」(山川力)
森竹竹市の証言
浦川太郎吉 『エカシとフチ』
(札幌テレビ放送)
浦川太郎吉の北斗評
著者不明 違星君の平取入村当時の思い出 *blog
手紙
金田一京助 金田一京助からの手紙
バチラー八重子 バチラー八重子からの手紙
後藤静香 後藤静香からの手紙
松宮春一郎 松宮春一郎からの手紙
関係者の消息に関する資料
北海道アイヌ協会(喜多紅洋 『蝦夷の光』 道内アイヌ人の人物評伝
北海道アイヌ協会 『北の光』 アイヌ人物紹介
アイヌ問題研究所(高橋真) 『アイヌ新聞』No.2 アイヌ協会の役員と予算
『アイヌ新聞』第壱号 各コタンから(違星松太郎)
参考資料
余市復命書 大正七年における余市のアイヌ系住民の健康状態。滝次郎の名あり
北斗の小学校時代の成績表 小学校6年間の成績と体格、健康状態など *blog
余市大川尋常小学校大正3年卒業アルバム 北斗12歳の写真あり。
違星梅太郎への聞き書き 『河野広道ノート民族誌編1』 違星家シロシ他
違星家聞き書き 『アイヌ聞取書』(河野常吉編) アイヌの秘密数件
系図 違星北斗系図
旧フゴッペ壁画 『謎の刻画 フゴッペ洞窟』 壁画(西田彰三作図)
フゴッペ遺跡発見記事 『小樽新聞』 昭和2年11月14日
フゴッペ論文

(西田彰三)

『小樽新聞』
昭和2年11月15日〜11月20日
フゴツペの古代文字並にマスクについて
『小樽新聞』
昭和2年12月3日〜7日
再びフゴツペ古代文字と石偶に就て
『小樽新聞』
昭和3年7月25日〜8月7日
畚部古代文字砦址並に環状石籬
評伝・小説・台本
森本儀一郎 札幌放送局 放送台本「光りを掲げた人々」
阿部 忍 「駒澤文壇」、「波」 小説「泣血」
武井静夫 北方ジャーナル 1976年2月号〜6月号 評伝「放浪の歌人・違星北斗」 *blog

評論・書評

郡司正勝 『国文学』1973年1月号 「回想・この一冊 違星北斗遺稿コタン」
オマージュ
松木淳  「荊の座 松木淳詩歌集」
屑っ切れのうた 1931