たかさんのキャンプ日記
キャンプ場 日程 お天気
青野原オートキャンプ場  2010年8月16日(月)

あまりの暑さと夏休みキャンプで川遊びができなかった欲求不満もあって、川遊びがしたい!!朝思い立って、すぐに出発!道志川へ。道志渓谷まではちょっと遠くなるので、相模湖に近い青野原にしました。我が家からは空いていれば、1時間半弱。お手軽なお出かけスポットです。

【感想】
水温、流れも程よく水遊びにはぴったり。浅瀬から深いところもあり、流れも緩急あって飽きずに楽しめます。(当然、天候やその時の条件により異なります。)
かなり深いところ(大人でも足が付かない)もあるので、子どもから目を離さないよう注意が必要です。川底の石にはコケが付いているので、滑りやすいです。
キャンプ場としては、過度な施設は一切なく、昔ながらのキャンプ場。我が家的には泊まりでなく、日帰りで十分な感じ。
帰りは10分ほどの「青根緑の休暇村」にある「いやしの湯」で体を温めるのがお勧め(大人600円、子ども300円)。

【地図】はこちら

お盆の休み明けの週とは言ってもやはり、少し渋滞にはまりました。
まずは施設の紹介から。受付です。
受付で車に乗ったまま料金を支払います。浮き輪やボートのレンタルもあります。


  シャワーとボートのレンタルがあります。
トイレです。普通にきれい。水洗です。

炊事場です。入り口付近に近いサイトであればこちらを利用します。昔ながらの炊事場ですな。

キャンプ場の奥の方の炊事場。
キャンプ場の奥の方のトイレ。このタイプが数箇所あります。昔ながらの最低限の施設です。

 
料金体系は少々変わっています。1日あたりの料金が必要です。今回は、車と人だけなので1400円。テント、タープを張るとプラス1000円。宿泊すると2日分(4800円)という計算になります。

  管理棟付近からの場内。この辺はキャンパーはほとんどおらず、日帰り客がほとんどです。


 
川沿いに下流に向かってキャンプサイトが広がります。フリーサイトなので早い者勝ちです。地面は土か草地。川原なので固め、石が多いのでプラペグはNGです。川沿いに桜並木があるので、春は花見キャンプにはベストですね。

  ざっとみたところ、この辺が木立もあり雰囲気もよく、管理棟側のトイレ、炊事場にも比較的近いのでお勧めでしょうか。

一番奥の広場のようなサイトです。


道志川に沿って、サイトが広がります。やっぱり川ぷっちのサイトがいいですね。


ここからは川遊びスポットを紹介しながら、なんとなくレポです。
上流から順に紹介していきます。
このつり橋は、嵐の櫻井くんが主演したドラマ「ザ・クイズショウ」のロケ地となった場所です。確かこの橋での会話が運命を変えていったような。


つり橋の下から川幅が広く、浅瀬になっています。流れもほどほど。この辺で遊んでいる人は少なめです。

浅瀬から蛇行して深みのあるスポットです。この辺はかなり深いところもあるので注意が必要です。小さな子どもは避けたほうがいいですね。


岩場からの飛び込みスポットその1。高さ4mくらいでしょうか。水深も5mあるようです。ここから飛び込んでいる子どもは少ないです。
くれぐれも酔っ払って飛び込まないように!命を大切に!

ちょっと下流になると浅瀬が増えてきます。この辺から下流が子どもの遊びスポットとしては良いですね。


急な出撃だったので、タープを張るわけでもなく。トランクのドアで日陰を作りました。
妻は、ビールを飲みながら見物です。バーベキューをしている人が多く、色んな匂いが。。。


川遊びエリアは、日帰りの人がほとんど。場所取りも早い者勝ちです。8時から受付開始なので、繁忙期は早めに行かないといい場所が取れないでしょうね。我が家はちょうど帰る車があったので、いい場所をGETできました。
カメラにかけないでね。


お昼はコンビニのおにぎりのみ。超手抜きです。一応、ユニセラと火遊びセットは持ってきたのですが、そんな余裕はなく。とにかく川遊び。
この辺が一番にぎわう場所です。手前から段々深くなります。
水は冷たすぎず、ちょうど良い水温。透明度は道志渓谷ほど透明ではないですが、そこそこ。流れは無いように見えても、川ですからやっぱり流されます。石にはコケが付いていますので滑りやすいので、注意です。ウォーターシューズなど履いたほうがいいです。

飛び込みスポットその2です。ここの高さも約4m。小学生が次々に飛び込んでいきます。飛び込みの付近は急に深くなっています。

そうは、とりあえず、女の子の立っている1メートルくらいの高さから飛び込みました。
小学校低学年くらいの男の子が、飛ぶに飛べず岩の上に2時間。100人以上の人がずっと見守ってました。飛んだ時は拍手喝采。その子もよく頑張ったけど、ひたすら川の中で怒りもせずに待ち続けたお父さんもエライ。

下流方面が比較的浅いところが多くなっています。小さい子はこの辺がいいかな。

偶然、そうの学校の同級生が遊びに来ていました。そうは友達と一緒に遊んで、私はりんのお守りに。


川の流れが3つにわかれます。手前は流れが強めで子どもは足が取られます。エアーマットで流されるのも楽しいですが、所々岩があるので、体にぶつかり痛いです。


真ん中は、浅い溜まりになっているので、安心して遊ばせることができます。
小魚や沢がに、おたまじゃくしがいるので、網を持っていけば捕まえられます。

岩を引っくり返して、沢がにをGET。

りんちゃん、顔、お水につけられるかな〜、。。できるよ〜。。。と顔を水に付けました。ママに褒められて、ニコニコのりん。


はっ、はっ、はっ、ハックション!ブッシュ!(爆)


直火可はいいのですが、やりっぱなしはどうかと。。。あちこちゴミも散乱してます。。。。一部マナーの悪い方もいるのは事実です。。。

川遊びを堪能し充実した一日でした!