週間少年ジャンプで連載中の「DEATH NOTE」の作り方を紹介するHPです。










 




・用意するもの


 

  ノート。左端の黒いものを使って下さい。表紙は白い方が楽かも。
ボード。100円ショップで売ってました。黒いものです。表面の黒いビニール?みたいなのを
表紙に使うだけなので、それっぽい材質のものなら何でも構いません。
黒い紙。最後のページの右側に貼るもの。
カッター。細かい作業を要するので、デザインナイフのような刃の小さいものが望ましいです。
のり。ペーパーセメントを使えば失敗してもまた貼りなおせます。
定規。まっすぐ綺麗に切るには必須。
修正液。もしくは白い塗料。表紙の文字に使います。
後はプリンターです。

ノート、ビニール、黒紙で一冊の材料費は約250円ぐらいです。
二冊なら350円程度で作れます。



ライトノート・リュークノート表紙
ミサノート表紙
「HOW TO USE」(旧)
「HOW TO USE」(新・表)
「HOW TO USE」(新・裏)

表紙用、「HOW TO USE」用の画像。
あらかじめ保存しておいて、プリントアウトしておきましょう。
ミサ版とライト版の違いは

・「HOW TO USE」がない(推定ですが)
・ジェラスのノートなので、全体的によれている


の二つです。ここに注意して製作しましょう。







1.表紙を作ろう



ボードの表面に使われていた、黒いビニールをカッターで剥がします。
使うのは黒いビニールだけなので、代用品があるならそれでいいです。
はがせたら、表紙の大きさに沿って綺麗にカットしましょう。
(管理人がやったノートでは横17センチ、縦25.1センチぐらいでした。)
左端は計算に入れないようご注意を。



次にノートです。表紙側の、「DEATH NOTE」の文字にあたる部分に修正液、
もしくは白い塗料を塗っておきます。
(注意:デスノートは左開きです。間違えないように!)



プリントした表紙を切り抜いて、先ほど切り抜いたビニールに貼り合わせます。
(ペーパーセメントかセロテープがおすすめ)
後は「DEATH NOTE」の文字に沿って綺麗にカッティングして下さい。



カッティングが終わったら紙を剥がします。文字側はここで不要になりますが、
D、A、Oは別パーツが発生します。これは貼るのでとっておきます。
切り抜きが終わった頃にはノート側の塗料が乾いているハズなので、
ここで切り抜いたビニールをノート側に貼りこみます。



これで表紙は完成です。




2.「HOW TO USE」を入れよう



↑の画像をプリントアウトして切り抜いて表紙の裏に貼る!以上!簡単ですね。
画像はフチを余分にとっています。ノートサイズに合わせて切り抜いて下さい。





3.裏表紙を作ろう



これも簡単です。表側で使った材質のビニールを裏にも貼るだけ。
裏表紙の裏、つまりノートの最後のページにも黒い紙を貼れば完璧です。





これで君もキラになれる!

誰の名前を書いても死にはしませんが、嫌いな人間の名前を書いてストレスを
発散するのは精神衛生上よろしくないと思われます。







追加のひと手間



ノートの横に入っている白い線を追加したい方は、↑のように
ビニール部分を1青度カットして、マスキングして白を塗りましょう。
この線は実際に入れるべきなのか、作画の都合で入っているだけなのかわからないので
入れたくない人は入れなくていいかもしれません。



普通紙を使用するとノートの最初のページにインクがついて
ページが黒くなってしまいます。これを防ぎたい方はフィキサチフ(定着液)を
ふいておきましょう。インクが写らなくなります。


このページではあくまで専門的な道具を書いていますが、無理して
揃える必要はありません。ないなら代用出来るもので充分です。








・紹介



gooに掲載されました。
どうもありがとうございます。



・よくある質問と回答


Q.「D」の文字だけ大きく印刷されてしまう、うまく印刷できない。  
A.必ず「画像を保存してから印刷」してください。ブラウザから直接印刷するとこうなります。


Q.上記の物が売っていない。またはオススメを教えて欲しい。
A.100円ショップは定期的に商品仕様が変更されます。お近くのお店で適当な代用品をお探し下さい。


Q.自分では作れないので販売して欲しい
A.こちらでは販売は考えておりません。ご了承下さい。



ご意見、ご感想はこちらまで

戻る