Theme of Today :


The pioneer of cultural invasion,
"taekwondo"
(2006/09/17)

文化侵略のパイオニア、
「テコンドー」


"The defense of pro-Japan people2"
published by Fusosha, 2004


  
Key passage:
Taekwondo was originally Karatedo of Japan. But its name was replaced by "taekwondo" because Korean first president had a strong anti-Japan sentiment at this time. The motive for this rename was covering up the fact that it was Japanese culture, and disguising it as Korean culture. This is the same motive that not a few Korean associations call Kendo "kumdo".

Is "taekwondo" really the prototype of "kumdo"?
要約:
テコンドーは元々日本の空手道であった。しかし、当時の韓国の初代大統領の強い反日性向により、テコンドーという名称に変えられた。 名称変更により日本のものであることを隠蔽し、さらには元々韓国のものであったかのように見せかけるためだった。剣道をコムドと呼ぶのと同じ理由である。

「テコンドー」こそ「コムド」の原型ではないだろうか?

  

I extracted passages from the book "The defense of pro-Japan people2" written by Gim Wanseop who was known as the author of "The defense of pro-Japan people".
These passages are written about the history of "taekwondo". Please pay attention to the reason and background of its name, "taekwondo".

Taekwondo was originally Karatedo of Japan. But in Korea, its name was replaced by "taekwondo" because of a Korean first president, Lee Seungman's strong anti-Japan sentiment. The motive of rename was covering up the fact that it was Japanese culture and disguising it as Korean culture. This motive is the same as calling Kendo "kumdo".

Did "kumdo" begin with "taekwondo"?


 「親日派のための弁明」の著者金完燮氏の著書「親日派のための弁明2」よりの抜粋です。 テコンドーの歴史について書かれた部分ですが、 特にその名称の理由と経緯に注目していただきたい。

 テコンドーとは、もともと日本の空手道でした。  テコンドーへ名称が変更されたのは、初代大統領李承晩の強い反日性向からです。 名称変更により日本のものであることを隠蔽し、さらには元々韓国のものであったかのように見せかけるのがその狙いでした。まさに剣道を kumdoと呼ぶのと同じ動機です。
 「コムド」は「テコンドー」から始まったのではないでしょうか?

  なお、日本語部分では、PCでうまく出なかった漢字はカタカナ表記にしてあります。

--------- quote ----------
Taekwondo or Karatedo?

The National martial art of Korea, taekwondo. Koreans think this is their own traditional martial art with long history. But taekwondo was only the offspring of Karatedo.

Park Chung-Hee led a military coup in the early 1960s. He was a dictator who ruled Korea for 18 years with an iron fist. He is Known as a pro-Japan person in Japan. Though he assumed the full power of government, he knew he could not hold government in Korea under the "pro-Japan" policy. Then the appearance of his policy was anti-Japan, but the reality was pro-Japan. He sit on the fence.

After coming into power, he began a powerful anti-Japan campaign under the banner of "wiping out Japanese culture". At this time, many words from Japan were replaced by strange words of unidentified nationality. Korean martial art worlds also could not avoid this influence.

After World War II, "Karatedo" was renamed as "taekwondo" in this process. Whatever the name this martial art has, taekwondo derived from Karatedo originally. The difference between the orthodox Karatedo(If I can call so) and taekwondo seem to be smaller than the differences between the orthodox Karatedo and Kyokushin-Karate. taekwondo looks like Karatedo. This is very obvious to anyone who knows a little about martial arts. Then there are many debates about this problem in Korea.

Koreans never try to compromise in national pride and anti-Japanese, but there are a few Koreans who have any conscience left. And that "Tekkyon" aspires to get the position of "national sport". "Tekkyon" is a real traditional martial art.(Translator's note; I don't know what is "Tekkyon". Another source says "Tekkyon" is a playgame which was seen at the suburbs of Seoul.) Tekkyon has been "deprived" of its name by taekwondo. There are many debates about the identity of taekwondo mainly through internet.

--snip(How proto-Karate had been transmitted from China to Okinawa(Ryukyu).)--

Karatedo developed in Okinawa, and Funagoshi Gichin began to popularize Karatedo at Japan proper in the 1920s.

Gichin changed the Chinese characters of "Karate". These original characters mean "old China(Kara)" and "hand(Te)". Gichin changed these to the characters mean "air" and "hand". Modishly speaking, he created new excellent brand which appealed to Japanese sentiment for marketing.

The character "air" seem to come from Heart Sutra. "Do(road)" seem to come from "Judo", "Aikido" or "Bushido". The name of "Karatedo" sounds meaningful and philosophical. That is to say, "Karatedo" seems to mean the martial art which rubs up a way with bare hands. It is a good name. We can safely say it's a successful brand.

Though Karatedo was born in this way, it was less represented in Judo's shadow after World War II. But Ohyama Masutatsu succeed in its popularization. He is a Japanese from Korean Peninsula. He established Kyokushin-Karate which is now one of representative Karate schools along with taekwondo. Kyokushin-Karate have 10 million trainees in the world. The Korean name of Ohyama Masutatsu is Choi Yong Wi. From his childhood, he came to Japan across the sea, learned Karate and great master of the day. In Korea, he is known as "Choi Pedall" who never had a real existence. This name was given by Ko Uyong who is a Korean comic artist.

In 1975, Ko Uyong started a serial titled "Great Ambition" on "New Boy" which was a Korean comic magazine. The main character of his comic was Ohyama Masutatsu. I was an enthusiastic reader of his comic, and I remember many scenes even now.

For example, The scene which Choi, the boy threw himself off a cliff with despair when he could not win the fight against a master from Japan. The scene which he broke a bull's horn with bare hands in the duel of it, after he became a master. I can remember these scenes after so many years. This comic have made me think that Choi was a master of taekwondo until recently . I think Ko Uyong struggled to hide that Ohyama masutatsu was a master of Karate, not taekwondo. He also struggled to hide that Ohyama Masutatsu naturalized in Japan. And it is natural the Korean readers including me were proud of him who defeated Japanese Karate by taekwondo.

Actually, the facts were often distorted also about Rikidohzan as well as Ohyama Masutatsu in Korea after War. Were the persons who naturalized in Japan supposed to be betrayers? I heard this still applies to Korean residents in Japan today.

By the way, when Japan ruled Korea, Karate spread in Korea, and there were many Karate Dojo(classrooms) which produced many powerful trainees. But in 1945, Japan was defeated and all Japanese turned away. Then Karate Dojo were handed down from Japanese to Korean trainees. At this time, there were six major Dojo in Korea Karatedo world - Yonmugan(director; Yun Pyonin), Sonmugan(director; Noh Byonjiku), Mudokkan(director; Fan Gi), Chondogan(director; Lee Wonguku), Chanmugan(director; Lee Namusoku), Chidogan(director; LeeJunnu). These six directors established Korean Konsudo(Korean pronunciation of Katatedo) Association at Pusan, temporary capital, in 1950, during Korean War. This Korean Konsudo Association became Korean Taekwondo Federation in 1965 after many twists and turns. Why did Karatedo became taekwondo?

How absurd! - Why did they decide the name of "Taekwondo"?

It is Choi Hong Hi who named " taekwondo". Choi was a general and a master of Karatedo. Lee Seungman, the first president of Korea was campaigning for an independent Korea for long years, and had a very strong anti-Japan sentiment. Then he hated the name of "Katratedo".

At this period, Choi was running the Karatedo Dojo, Odogan, and he trained his men and showed Lee Seungman their demonstration of Karatedo. Lee Seungman said with a satisfied look "Oh, this is Tekkyon, isn't it?". Choi has taken a hint from this misunderstanding, and he named Karatedo "taekwondo" surprisingly. In 1959, he established Korea Taekwondo Federation under the auspices of Lee Seungman and became the first president.

Briefly speaking, anti-Japanese characteristics of Korean politicians including Lee Seungman bore a martial art of unidentified nationality which is Karatedo of Japan and have the name of tekkyon.

Then, what is tekkyon?

--snip(The author explains tekkyon as the Korean traditional martial art. But some people say it is a playgame as I said before.)--

Korea Taekwondo Federation took a weaving course.

Choi seemed to manage smoothly Korea Taekwondo Federation which established by him in 1959. But the directors of 6 major Dojo strongly opposed to the name of taekwondo. In 1960, the student-led April 19 Movement forced Lee Seungman resign. The next year Park Chung-hee led a military coup, and came into power. At this time, Choi was an Army Major General. but he was on bad terms with Park. When the directors of 6 major Dojo Knew this fact, they tried to purge Choi to restore the name of "Konsdo(translator's note; This is Korean pronunciation of Karatedo.) Association" .

After Choi went to Malaysia as the ambassador in 1961, the directors changed their federation's name from "Korea Taekwondo Federation" to "Korea Tesdo Federation". "Tesdo" consists of each one letter from Taekwondo and Konsdo(Karatedo). This was a happy medium, I think. But after Choi came home, he changed its name to "Taekwondo" again in 1965. The next year he established "International Taekwondo Federation" with representatives from 9 countries. His strong-arm organizational operation made the six directors very angry again. At last, he was purged of Korea Taekwondo Federation in 1966. But the six directors failed to change name from "taekwondo". When Kim Un Yong became the president in 1971, the name of "taekwondo" became to gain support from a majority, and it was difficult to change this name.

Fan Gi established World Karatedo Federation abroad because he was angry with this absurd name. After being purged, Choi exiled himself with his ITF to Canada, and spread taekwondo as a president of ITF. As above, Karatedo spread from Japan to Korea in 1920s. Now Korean Karatedo world was torn by WTF(World Taekwondo Federation), ITF(International Taekwondo Federation), World Karatedo Federation and the rest. Each group spread and developed with a different name. But it is no doubt that all groups are the groups of Karatedo.

--snip(The author emphasized the necessity for integration taekwondo into Karatedo.)* --

Taekwondo itself also needs for being integrated into Karatedo. Taekwondo of today is a game of kicking. Arms and legs are not used in a balanced manner. This perception seems to be shared with anyone who watch a game of taekwondo. If a player become an expert, he use his legs more than 90%. Then martial artists say taekwondo will be defeated by Kyokushin-Karatedo because players use their hands and legs in a balanced manner in Kyokushin-Karatedo. Briefly speaking, taekwondo of today becomes to look like kickboxing, and has become less popular rapidly. When taekwondo will change its name to Karatedo again, and recover its original legitimacy, taekwondo may destigmatize its "kicking game".

All of the causes are that Kim Un Yong spread taekwondo as a sport. Kim Un Yong has been a member of parliament in Korea, and has exercised significant influence in the international sporting world. But he is a very corrupt person, who is blamed for the various scandals including the affair of Winter Olympics in Salt Lake City and a domestic corruption suspicion.

--------- unquote ----------

---引用開始---
テコンドー、空手道?

 韓国の国技、テコンドー。韓国人はこれを長い歴史をもつ、民族固有の伝統武術だと考えている。 実はテコンドーは、空手道の名前を変えただけのものである。 

 一九六〇年代初め、クーデターにより政権を掌握し、十八年間韓国を鉄拳統治してきた独裁者、朴正煕は、日本では親日派として知られている。 彼は絶対権力を掌握していたにもかかわらず、親日路線では韓国で政権を維持することはできないことをよく知っていた。 そのため、朴正煕はホンネは親日、タテマエは反日という、はっきりしない態度をとらざるをえなかったのである。

 彼は執権後、日本風文化清算という旗印のもと、大々的な反日キャンペーンを展開した。このとき多くの日本用語が、 国籍不明の変な用語に変わった。 武術界もこの風は避けられなかった。

 終戦後、この過程で空手道や唐手道と呼ばれていた武術に、テコンドーという名前をつけてしまったのである。 名前はどうであれ、テコンドーも元来、 空手道を継承したものであり、正統空手道(そういうものがあるならば)とテコンドーの差はたぶん、 正統空手道と極真空手道の差よりも小さいと思われる。テコンドーが空手道に似た武術であることは、武芸をかじった人なら簡単に納得がいくため、 最近、韓国でもこの間題で論争がよく起こる。

 民族自尊と反日に関する限り、妥協を知らない韓国人だが、良心が残っている人も時折いる。そのうえ、 テコンドーに名前を奪われた真の伝統武術「テッキョン」が「国技」の地位を狙っているのだ。 テコンドーの正体をめぐるこのような論争は、主にインターネットを通じて活発に展開されている。

--(中略、空手が中国から沖縄へ伝えられた経緯)--

 沖縄で発展した唐手道は、一九二〇年代に船越義珍(ぎちん)という人物によって日本本土に普及されはじめた。

 そして船越は、唐手の名を空手道という名前に変えた。今風に言えば、マーケティングのために日本人の情緒に訴えるうまいブランド名を創案したのである。

 空手の「空」はたぶん般若心経の中核思想である「色即是空 空即是色」からとったのだろう。「手」は「唐手」から、 そして「道」は柔道や合気道、武士道で用いる「道」を採用したと思われるが、全体的に非常に意味深長で哲学的な感じを与える名前になった。 つまり、素手で道を磨く武術という感じを与える、よい名前である。成功した「ブランド名」といえよう。

 こうして誕生した空手道は、戦後も柔道の影に隠れて目立たなかったが、朝鮮出 身の日本人、大山倍達が現れ大衆化に成功した。現在、極真空手道はテコンドーとと もに最も代表的な空手道流派の一つであり、全世界に約一千万人の修練生がい る。大山倍達の韓国名は崔永宜(チェヨンウィ)である。子供のころ、日本に渡って 空手を習い、自ら当代の達人となった。韓国では「崔倍達(ペダル)」で知られてい るが、このような人は存在しない。高羽栄(コウヨン)という韓国の漫画家がつけた 名前なのである。

 高羽栄は一九七五年、『新しい少年』という韓国の漫画誌に、大山倍達を主人公に した「大野望」という漫画を連載しはじめた。 私もそのころ「大野望」の熱烈な愛読者であったため、今でもたくさんのシーンを覚えている。

 例えば、少年・崔永宜が日本から来た達人と対戦して勝てないと、絶壁から体を投じるシーンや、達人になってから米国に行き、 闘牛と素手で対決してその角を折ってしまうシーンなどは、長い年月が経った今でも記憶に生々しい。 その漫画を読んだせいで、最近まで私は崔永宜をテコンドーの達人だと思っていた。高羽栄は自分の漫画の中で、 大山倍達の武術が空手であることを必死で隠そうとしたのだろう。日本人に帰化したという事実も必死で隠したため、私を始めとする韓国の読者は自然に、 彼がテコンドーで空手を打ち破った自慢の韓国人だと思うようになったのである。

 事実、大山倍達だけでなく力道山に関しても、戦後の韓国では似た歪曲がよく行われた。日本人になってしまった朝鮮人は裏切り者だと 考えられたからだろうか。 今日の在日朝鮮人社会でも、それと似たような認識が色濃く残っているという。

 ところで、朝鮮総督府時代には韓国でも空手道が活発に普及して多くの道場ができ、実力のある弟子を輩出するようになった。 しかし、一九四五年になって日本が敗戦し、すべての日本人が本国に追い帰されてしまうと、空手道場は自然に韓国人の弟子たちに継承された。 この当時、韓国の空手道界には六つの大きな道場があった。ユンピョンインの演武館(ヨンムグァン)、ノビョンジクの松武館(ソンムグァン)、 黄埼(ファンギ)の武徳館(ムドックァン)、李元国(イウォングク)の青涛館(チョンドグァン)、李南石(イナムソク)の章武館(チャンムグァン)、 李鍾佑(イジュンウ)の智道館(チドグァン)である。この六大道場の館長たちは、一九五〇年の朝鮮戦争の渦中に、 臨時首都である釜山で 大韓空手道協会(テハンコンスドヒョップェ)を発足させることになる。 この大韓空手道協会がさまざまな紆余曲折を経た末、十九六五年になって大韓テコ ンド協会に変身する。 なぜ空手道がテコンドーに変わったのだろうか。

テコンドー命名のあきれた経緯

 空手道または唐手道と呼ばれていたこの武芸にテコンドーという名前をつけた人は、当時、軍人であり空手道の達人であった将軍・チェホンヒである。 韓国の初代大統領だった李承晩(イスンマン)は、長い間、独立運動をしていた非常に反日的な人であった。そのため、空手道という名前を非常に嫌った。

 当時、唐手道・吾道館(オドグァン)という道場を運営していたチェホンヒは、一九五四年に自分の部下である将兵たちに空手道を訓練させ、 李承晩に見せた。これを見た李承晩は「おお、これがテッキョンか」と満足そうだったという。李承晩が空手道をテッキョンであると誤解すると、 チェホンヒはこれにヒントを得て、空手道にテコンドーという名前をつけてしまった。彼は李承晩の後援で一九五九年に大韓テコンドー協会を創設し、 その会長に就任した。

 つまり、李承晩を始めとする韓国の政治家たちの反日性向のために、日本の武術・空手道に韓国の伝統武術・テッキョンの名前をつけた、 国籍不明の武術が誕生したのである。

 では、テッキョンとはなにか。

--(中略、テッキョンを韓国の伝統武術として解説。ただ、前記のように異説もある。)--

テコンドー協会の迷走

 十九五九年にチェホンヒが作ったテコンドー協会は順調にいくかのように思えたが、六大道場の館長たちは空手道、唐手道をテコンドーと称することに 強く反対した。 一九六〇年に李承晩が学生革命で追い出され、翌年、朴正煕がクーデターを起こし、政権を掌握することになった。 当時、チェホンヒは陸軍少将であったが、朴正煕とは仲がよくなかった。このような事実を知った六大道場の館長たちは、 チェホンヒを追い出して空手道協会という名前を復活させようとしたのである。

 十九六一年にチェホンヒがマレーシア大使となり韓国を離れることになると、このすきに六大道場の館長たちは大韓テコンドー協会を大韓テスド協会に改称する。 テコンドーと空手道から一字ずつとった折衷案であったと考えられる。しかし、チェホンヒは帰国すると、一九六五年、名前を再び大韓テコンドー協会に改称し、 翌年には九ケ国代表が参加するなか、国際テコンドー連盟(ITF)を創設する。 このような無理な組織運営に対して、六大館長たちは再び強力に反発し、チェホンヒは一九六六年に大韓テコンドー協会から追い出されてしまった。 しかし、テコンドーの名前を足台手道や唐手道に変更するのには失敗した。一九七一年に金雲龍が協会会長に就任すると、 テコンドーという名前は取り返しのつかない大勢に固まってしまった。

 以後、このあきれた名称に反発した唐手道武徳館の黄埼(ファンギ)は海外に進出し、世界唐手道協会を結成した。 韓国から追い出されたチェホンヒは一九七〇年、自分のITFを率いてカナダに亡命し、国際テコンドー連盟の総裁としてテコンドーを普及することになる。 このように、一九二〇年代に日本を通じて伝播された韓国唐手道は、現在、世界テコンドー協会WTF、国際テコンドー連盟ITF、世界唐手道協会などに分裂して、 それぞれ違う名前で普及発展してきたのである。これらがすべて唐手道であることは疑う余地はない。

--(中略、テコンドーを空手へ統合する必要性を説く)--

 テコンドーが空手に統合される必要性は、テコンドー内部でも発生している。現在、テコンドーは、その競技を観覧する人は誰でも感じるだろうが、 手と足をバランスよく使う武芸というよりは、まるで足蹴り試合のように変質してしまった。達人の競技になればなるほど、足を使う頻度が九〇パーセントを 超える。そのため武道家たちは、実戦では手と足をバランスよく使う極真空手道と戦ったら相手にならないだろうという。 つまり、今日のテコンドーはキックボクシングと似たものに変質し、どんどん人気が落ちてきているのである。テコンドーが再び空手に名前を変え、 その元来の正統性を回復できれば、足蹴り試合という汚名を返上できるかもしれない。

 このすべての原因は、空手道には門外漢である金雲龍がテコンドーをスポーツとして普及させたことにある。金雲龍は韓国の国会議員を務め、 IOC副会長として国際スポーツ界で莫大な影響力を振るってきたが、ソルトレーク冬季オリンピックなどのスキャンダルや国内での汚職疑惑などで 非難されている、非常に腐敗した人物である。

---引用終了---

Previously, the author had strong anti-Japanese feelings as many Korean people. After he was successful as a writer, he often went abroad, and then he had exchange with real Japanese. This made him have strong doubt about his education, he confessed.


 金完燮氏は多くの韓国人と同様、もともと強い反日感情の持ち主でしたが、作家として成功したことで、 海外へたびたび 旅行へ出かけるようになりました。 そこで実際の日本人と交流を持つことで受けた教育に強い疑問を持つようになったと告白しています。


Creator : bxninjin2004@yahoo.co.jp