Why do they
invade
Japanese culture ?

(rewrite English version 2005/11/6)
(日本語版は2007/7/29書き直し)
iu(minor update 2007/07/29)


なぜ日本の文化を侵略するのか?

  
(Preceding sentence)

Original version of this article is here.
I received an e-mail, which points out that this article has a lot of mistakes in grammar, and he could not understand what I say. I decided to rewrite this, and completed writing for easy reading.

Izawa Motohiko is a famous novelist and critic in Japan.
I introduced a part of contents of his work, "The traveling Asian history" (("Gyakusetsu no Ajia-shi Kikou" in Japanese) published by Shogakukan).
(前文)

この記事のオリジナルバージョンは こちらです。
あるメールで、オリジナル記事には文法の間違いが多く、内容もわからないとの指摘を受け、書き直すことにしました。

井沢元彦氏は、日本の有名な小説家兼評論家です。彼の著書の一部をご紹介します。
「逆説のアジア紀行」(小学館)という本からです。

  
He gives an explanation for the reason of their cultural invasion.
First, I tried to show his explanation in this table.
彼はこの本の中で彼らの文化侵略の理由を説明しています。
まず、彼の説明を図にして要約します。


  
Key passage:

TABLE : Korean's psychological conflict make them believe their claims

The fact about Japanese culture Traditional values of Korea
-Popularity and estimation of Japanese cultures in the world

( Judo, Kendo, Samurai, Bonsai, NIshikiGoi, Manga, Animation ...and so on )

Conflict !
-Anti-Japan feeling enhanced by the anti-Japan education based on distorted history

-Their national pride originated from "petit Sinocentrism".
What is "petit Sinocentrism"?
1.Koreans "must" be the chosen people next to Chinese.
2.Disdain and dislike for Japan and Japanese (Enhanced by anti-Japan education and distorted history)

"Japanese must not have such a culture!"
"I bet most of Japanese culture originated from Korea (or China)!"
"It's natural that Japan deprived Korea of many culture! "



要約:

TABLE : 韓国人が自分たちの主張を信じるのは心理的葛藤から

日本文化の現実 韓国の伝統的価値観
-世界的な日本文化の人気と高評価

( 柔道、剣道、侍、盆栽、錦鯉、漫画、アニメ...などなど )

Conflict !
-歴史歪曲にも基づく反日教育により増幅された反日感情

-「小中華思想」に由来する民族的自尊心。
「小中華思想」とは?
1.韓国人は中国人に次ぐ選民である。
2.日本と日本人への蔑視と反感(歴史歪曲にも基づく反日教育により増幅)

「日本にそんな文化があるわけはない!」
「たいていの日本文化は韓国(または中国)から発祥したに決まっている!」
「日本は多くの文化を韓国から盗んだに決まっている!」



  
Following is his brief synopsis of this whole chapter :

----The begin of his brief synopsis----

Recently, a kind of claims became popular in Korea. The claims is that most of Japanese culture originated from Korea. These claims are lack of reasonable grounds, but most of the claims can be read in English web pages. This is a subtle approach to spread their claims around the world.

What make Korean people believe unreasonable claims are two psychological reasons.

The first reason is that they have ever distorted their historic facts.
Most ridiculous distortion is Korea had been an independent nation till annexation by Japan.
In fact, Korea had been a client state of China(Sino) for many hundreds years. But in Korea, school teachers teaches their students that Japan is the first nation who had made Korea lose its independence. Then many Koreans feel Japan "must" be the evil nation. Such an "evil" nation has many excellent cultures. This is uncomfortable to them. Then many Koreans believe the rumors, "Most of Japanese culture originated from Korea" or "Japan deprived Korea of many cultures."
The second reason is their traditional petit Sinocentrism (exactly, vestiges of petit Sinocentrism).
They thought that Koreans were the chosen people next to Chinese. On the contrary, Japan and Japanese are subject to scorn. Because they are out of the Chinese cultural area, and established an original cultural area. Japanese are barbarians to the Koreans who respected Chinese culture or civilization as one and only.
Such a barbarian nation has many excellent cultures.
This is also uncomfortable to them.
On the one hand, quite a lot of people point out petit Sinocentrism have been prevented Korea from developing their unique culture. I will also introduce two reasons about this.

First reason is that their establishment and intellectual had disliked and excluded Korean unique culture for long periods. Because they worshipped Chinese culture as absolute being.
One of a few exceptions is Hangeul (Korean unique phonogram) which many Koreans are now proud of. Hangeul letters were developed under King Sejong's leadership.
But the establishment and intellectual were strongly against Korean unique Hangeul and scorned it. And Hangeul did not spread for a long time.
Hangeul itself appeared in relatively new age, and then its spread was late. These are the reasons that the establish of national literature delayed in comparison with Japan.
Second reason is that a physical work or exercise had been disdained as a lowly task in Chinese cultural area.
This is common knowledge in Chinese cultural world.
That is the reason why the culture which require physical exercise or craftsman's skill had not been developed.
It is needless to say that such physical exercise as Kendo could not be developed.
As describe above, the distortion of the history and petit Sinocentrism make Koreans invade Japanese culture. Moreover, Petit Sinocentrism itself had been prevented Korea from building unique culture.
But Korea has developed enough economically. Koreans should be proud of their status and look straight to their history without being constrained by petit Sinocentrism.

----The end of his brief synopsis----

I was surprised that Mr.Izawa say similar to my previous article. Mr.Izawa say Korean people want to hide the facts( "Treaty of Shimonoseki" and "Korea's Independence by Japan") by all means because they think it is a fatal humiliation in their history. Anyway, these seem to be anything but a little inconvenience.


- The following is an excerpt of main body from "The travelling Asian history" by Izawa Motohiko -

Ridiculous cultural invasion

-Korean people make farfetched claims that Kendo, Kana and Nishiki-goi originated from Korea.

A "boom" is now taking place in Korea.
At first, I'll introduce the contents or "the claims of Korean people".

Kenjutsu ( The method of using sword ) became very popular in Silla age, and was developing till the Goryeo age. But a decline period has came at the age of the Joseon Dynasty by the general atmosphere which literary arts were respected, and military arts were despised. On the contrary, taking over the culture of Kenjutsu from Korea, Japan developed it and marked best days. (Korea Kumdo Association Home Page)

kana characters of Japan originated from .... Ancient Korea ...
(ILS Korea-Japan Learning Research home page)

Nishikigoi (colourful carp) originated from Korea, not Japanese ...
(Kimbangwon aquarium home page)

Japanese are proud of their Cha (tea), Sashimi and Sake. But they originated from Korea ...
(ILS Korea-Japan Learning Research home page)

Many Japanese will be openmouthed at what they are saying. In fact, there are only a small part of their bizarre claims. What is worse is that their claims can be read in English web page. In the previous chapter, I talked about "Korean aggression" that make everybody in the world call "East Sea" instead of "Sea of Japan" (Recently, Korea issued an commemorative stamp of Takeshima as their territory which is Japanese territory in fact. A series of "cultural invasions" are now in progress everyday.

It is very crafty way.
What I want to say first is that these "cultural invasions" are caused by the psychological reason, not by the historic reason.

Recently "Korean boom" takes place mainly in young people in Japan. Korean TV dramas are often broadcasted now. But it is not possible to establish real friendship between Japan and Korea as long as Korean people are invading Japanese culture. Japanese people are not responsible for these problems. If there's a fault with Japanese, it's that they have not been disputed or asserted themselves, for example, to create English pages for making points about their culture to the world. But it is needless to say that Koreans should stop their "invasions" because fundamental problems are caused by Korean activities as assailants.
-Koreans do not accept historic facts for their complexes
Anyway, why Koreans are doing such activities happily? It is necessary to analyze it in a proper way.
The prime reason is the distortion of history by Korea.
As you know well, their largest distortion is covering up the nations of Korean Peninsula were client states of China. Because Koreans think the fact is their national shame or disgrace.
This is the reason of all.

The Joseon Dynasty can become independent from China. Because Japan defeated China in the Japan-Sino(China) War and concluded Treaty of Shimonoseki that made China recognize the independence of the Joseon Dynasty.
That means the Joseon Dynasty had been a client state of China previously.

How to hide or cover up this historic fact?
They can claim that the nation of Korean Peninsula had been independent states till Japan(=an evil nation) deprived its independency at first. That is why many Koreans believe the gate of independence was built in celebration of becoming independent from Japan (in fact, from China), however the gate was built before Age of Japan. They are ignorance.

Of course, they(especially young people) are victims because their government taught them the fabricated history. There were many problems in Japan before World War II, in fact. But it is the achievement of Japan to make the Joseon Dynasty independent. However it was never estimated worth under the fabricated history. And "everything Japan has done was a bad thing, after all".
But "evil" Japan has many superb cultures. The "evil must not flourish", and many Koreans, who believe the fabricated history, feel incomprehensible and unpleasant.

Then, how will they do?
The theme of this script is Korean's claims (?) that all culture Japanese proud of originated from Korea ( Japanese culture are only imitations of Korea ). This claim reminded me the episode Korean fabricated.

The episode was about an origin of an Eboshi (Japanese cap of old age. looks like a little bizarre).
It is not too much to say that this episode is very popular to Koreans of old age even residing in Japan. This is why Eboshi is such a bizarre shape. Japanese of old age wore an Eboshi instead of a crest. " Wa-do( a derogatory term against Japanese) said he wanted something to wear on his head, and our ancestor threw his socks. Wa-do wore it gladly. Then they became to wear such a bizarre cap."

Anyway, it can not be possible to wear socks on his head, but I think it may be more meaningful to discuss it as a theme in psychology. After all, that means their complexes (which have a double meaning, inferiority and superiority in the first place). Koreans have superiority complex to Japanese in cultural environment. This based on Confucianism. But they have inferiority complex in many aspects in fact. Then, how do they solve this discrepancy?

This complexes made Koreans create the stories of "an origin of an Eboshi" and "Origin of Kendo".
Many Korean seem to get angry easily because of their nature and incorrect history education, and I'll show you suitable examples not relate directly to "Japan".
These examples will make them understand. If you have Korean friends(especially young people), you have better the following story.

The story is the history of "The greatest letters in the world, Hangeul" which Korean created by themselves.
It is needless to say how "great" Hangeul is (properly speaking, how proud of Hangeul Koreans of today are). Koreans do like "number ones in the world", and important one of them is Hangeul. All Koreans do not deny it.

However, Hangeul have been looked down on by most of the intellectuals and highly-educated people in Korea, properly speaking, in Korean Peninsula, in the past.

...all Korean know Hangeul was created by famous Sejong, some Korean do not know Hangeul was called as "hun-min jeong-eum" which means the characters to teach correct pronunciations for foolish people. "Min" meant foolish people originally. Chinese culture is divided to officials (bureaucratic elites) and commons (common persons). Thus there is a saying "Officials are respected, and commons are underestimated" to this day. Before Sejong, "characters" mean Chinese characters in Korean Peninsula. Korean did not have the characters as kana characters in Japan. Thus common people could not write characters. "This is too miserable." Such a charitable mind made Sejong create Hangeul.

But Hangeul came under severe criticism from the officials and intellectuals all at once. The literary person, Choe Manri even who is in debt to Sejong, were strongly against Hangeul. He gave Sejong six reasons. I am interesting the second one in it. Then I will write it.

Any nation never create different characters from kanji characters just because their people had different nature or spoken language in the nations under influence of China. I heard Mongolia, Japan and Tibet have their unique characters. But they are looked down on as barbarians. Among them, if our nation will abandon our fine custom, we will make our culture go backward.
("The story of history of Korea" by Kim Yang published by Chuohkouronsha)

That is to say, "Chinese culture" is absolute to Korean people (especially elites), and all other culture are barbaric. For example, "The story of Genji", the fastest long novel in the world, is not culture and not worth estimating to them. It is important Choe Manri was not minority, but majority.
Sejong was really a ruler of virtue to popularize "hun-min jeong-eum" over their strong protests. But it was not the same to the intellectuals and highly-educated people in Korea. They thought Sejong was a wrong king to make their culture backward. Thus they never call "hun-min jeong-eum" "Hangeul"(great character). By contrast, they insulted Hangeul and called it "Onmon"(vulgarian text), "the characters for women and children" and "The characters can be learned in a rest room. As Korean knows well, Hangeul is rational and easy to learn. Its greatest strength, even simplicity was object of scorn to the elites at the time. They said, "the characters can be learned in a rest room". This is to say, the culture of a client state. These are true stories.
Therefore, "National literature" was established much later than Japan.

In the meantime, Japanese highly praised Hangeul that they said Koreans had wonderful characters in age of Japan's dominance. From then, Hangeul began to be highly estimated.
Chinese culture gave high praise to themselves, call themselves "chuuka(the center of the world)" and consider the others cultures as barbaric(no value). Korean was a client state of China not only in political, but also in culture. And they could not understand the value of Hangeul that Sejong, a ruler of virtue created.
This is the fact of history.
-Kendo or Kana could not be developed under the Chinese culture
By the way, literary arts are respected, and military arts are despised in Chinese culture. This is a well known fact.
Koreans should think well what literary persons as Choe Manri said, if you had suggested "We should make active Kendo" before modern age in Korean Peninsula, where Chinese culture was active.
"Is it necessary to do such a physical labor as a foot soldier?" (A physical labor is vulgar in Confucism.)
"But Kendo is active in Japan."
"They are barbarians. They have none of culture, and we need not to take after them!"
That is all.

The two men can remember a same idea, though they have no relation to each other. We can see such a kind of actual events in the history of application for patent. But the growth of the idea depends on his quality and cultural background of the nation.

Ironically, the examples are all vulgar activities in Chinese culture. The examples are Kendo, Kana, Nishikigoi and Japanese dish.
What do the Koreans, who make ridiculous assertions, want to say? Do they want to say that all superb culture of Japan originated from Korea? That is to say, "Our ancestors had good ideas, but they were too foolish to develop the culture. On the contrary, Japanese could develop the culture. Do they understand what they say insult their ancestors?

Of course, I don't think so. Because their claims are not reasonable in the first place. In Korean Peninsula no one could survive without accepting Chinese culture. Then the Korean people must become "Chinese" at once. That could not be helped. If I had been a Korean in that age, I must do so.
But now, Koreans need not do so. Korea overtook China in GNP for each person. If Koreans are proud of their present day, how about stopping wasting their energy, and watching their history in the proper perspective.
This is my advice to Korean people from the bottom of my heart.
----------The end of quote-----------
以下がその章全体の要旨です。

----要約の開始----

最近、韓国である主張が有名になっている。それは多くの日本文化が韓国発祥だという主張だ。 これらの主張は合理的根拠がないが、その多くはWEB上、英語で読むことができる。 主張を広める巧妙なやり方である。

この合理的でない主張が信じられてしまうのは、二つの心理学上の理由がある。

まず第一に、彼らは歴史的事実を歪曲してきたことである。
もっとも馬鹿馬鹿しい歪曲は、韓国が日本に併合されるまで、ずっと独立国だったということだ。
実際には韓国は何百年も中国(清)の属国だった。しかし韓国では学校の先生が、日本は韓国の独立を失わせた最初の国だと生徒に教えている。だから多くの韓国人は日本が「邪悪な国」に決まっていると思っている。その「邪悪な国」に多くの優れた文化がある。すると多くの韓国人はこのような流言を信じる。「多くの日本文化は韓国発祥」「日本は韓国から文化を盗んだ」
二つ目の理由は伝統的な小中華思想である(正確には小中華思想の残滓)。
韓国人は、自分たちは中国人に次ぐ優れた民族であると思っていた。一方、日本や日本人は嫌悪の対象だった。なぜなら、彼らは中華文化圏の外側で、独自の文化圏を確立していたからだ。中国文化、中国文明を唯一無二のものとして尊重していた韓国人に比べ、日本人は野蛮人だったのだ。
このような野蛮な国に多くの優れた文化がある。
これも彼らに不愉快なことなのだ。
一方で多くの人々が指摘していることだが、小中華思想が韓国で独自の文化が発展することを妨げてきた。これにも二つの理由を紹介する。

最初の理由は、支配層、知識人は長い間韓国独自の文化を嫌悪し、排斥したからである。なぜなら、中国文化を絶対的な存在として崇拝していたからだ。
いくつかの例外のひとつが現在韓国人が誇りにしているハングル(韓国の固有の表音文字)である。ハングル文字は世宗王のリーダーシップのもと、開発された。
しかし支配層、知識人は韓国固有のハングルに強硬に反対し、嫌悪した。そしてハングルは長いこと広められなかった。
ハングル自身は比較的新しい時代に現れ、普及は遅かった。これらが国民文学の確立が日本に比較して遅れた理由なのだ。
二つ目の理由は、肉体の鍛錬や肉体的な運動は、中華思想では卑しいことと考えられていたことである。
これは中華文明の常識である。
これが文化が必要とする肉体の運動や職人の技術が発達しなかった理由である。言うまでもなく、剣道のような肉体の運動は 発達のしようがない。
上記のように歴史の歪曲と小中華思想が韓国人が日本文化を侵略する原因である。特に小中華思想は韓国独自の文化の発展を妨げてきた。
しかし韓国は十分経済的に発展した。韓国人は、それには自負心をもち、小中華思想にとらわれることなく、歴史を率直に見るべきだ。

----要約の終了----

井沢氏が 以前の記事 で書いたことと似たようなことを書いていたので驚きました。下関条約と日本による韓国の独立を、 韓国人は歴史上致命的な屈辱だと考えており、この事実をなんとしても隠したがっている、と井沢氏は指摘しています。 いずれにせよちょっと不都合どころではないようです。

もし翻訳でわかりづらいところがありましたら、メールでお知らせください。

-「逆説の東アジア史紀行」本文より抜粋-

トンデモ「文化侵略」をわらう

-剣道も仮名も錦鯉も「ルーツは朝鮮」と強弁する韓国
いま韓国では、ある「ブーム」がある。 とりあえずは、その内容つまり「韓国側の主張」を御紹介しょう。

 新羅で大きく興った剣術は、高麗時代まで影響を及ぼして発展して伝えられてきた後、朝鮮朝に至って崇文鷹武思想が広まるにつれて衰退期を迎えるようになった。一方、我が国から剣術文化を受け入れた日本は、その間これを継承・発展させ、むしろ剣の文化を花聞かせ葛ようになった。
(大韓剣道会ホームページより)

 日本が現在使用している仮名(ひらがな、カタカナ)文字の源流は古代韓国で...
(ILS韓日学習研究所ホームページより)

 錦鯉の起源は日本ではなく、我が国に求めなければならない。....
(金方円水族館ホームページより)

 日本が自分たちの食文化の中で大きな自慢の種だと思っている茶、刺身、日本酒などの由来を遡れば、皆我が国から始まったものだという。....
(11S韓日学習研究所ホームページより)


 あまりのことに「口をあんぐり」する人も多いのではないか。実はこれはほんの一例である。そして、さらなる問題はこれはほとんどインターネット上で英語でも読めるということだ。前に「日本海」を「東海」と呼ばせようとしている、韓国側の「侵略行為」については紹介したが(最近、日本固有の領土である竹島についても、韓国側は自国の領土として記念切手を発行した)、こうした「文化侵略」もいままさに日常的に行なわれているのである。

 非常に巧妙なやり方でもある。
私が最初に強調しておきたいことは、これは「歴史における真実とは何か」という問題というよりは、むしろ「心理学上の問題だ」ということである。

 最近は若者を中心に「韓国ブーム」があり、テレビドラマなども盛んに紹介されるようになってきたが、私は本当の意味の「日韓友好」とは、韓国側がこのような歴史歪曲に基づく文化侵略をやめない限り、有り得ないと思っている。しかも、このことについては日本側の責任はまったくないと言ってもいいだろう。あえて言うならば手厳しく反論し自己主張しないこと、たとえば韓国のように英語のサイトを立ち上げ、広く世界に訴えるようなことをしないことは問題だが、そもそも加害者としての韓国の行為が問題なのだから、 まず改めるべきは韓国側であることは言うまでもない。
-歴史的事実を認められない韓国人のコンプレックス
 それにしても、なぜこんな行為を韓国人は嬉々としてするのか、これはやはりきちんと分析しておく必要があるだろう。
 その最大の理由は韓国側の歴史歪曲にある。
 読者はよくご存じのように、韓国側の最大の歴史歪曲は「かつて朝鮮半島の国家は中国の属国であった」という歴史上の事実を「国辱」あるいは「民族の恥」として徹底的に隠蔽している点だ。
 これがすべての原因である。

 朝鮮(李氏朝鮮)が中国(清)から独立することができたのは、日本が日清戦争で勝って下関条約で「朝鮮国の独立」を認めさせたからである。つまりそれ以前は「属国」であったということだ。

 しかし、この歴史的事実を無理矢理歪曲しようとすればどうしたらいいか?
 今の韓国の歴史教育がまさにそうしているように、「朝鮮半島の国家はずっと独立国だった。その独立を初めて奪ったのが日本という(悪)である」とすればいい。だから先にも述べたように、「清国からの独立」を祝って建てられた「独立門」を「日本からの独立」と(年代的にまったく合わないのに)信じている「無知」な人々が生まれることになる。

もちろん、念のために言うが、この人々(特に若者)は被害者である。国家に「ウソの歴史」を教えられているのだから。 戦前の日本に様々な問題点があったのは事実だ。しかし、「朝鮮国独立」はやはり日本の功績である。だが「ウソの歴史」はそれを消してしまう。当然「日本は悪いことばかりした」という「結論」になる。
 ところが、その「悪者」日本が優れた文化をたくさん持っている。「悪が栄えるはずはない」から、これは「ウソの歴史」を信じている韓国人にとって味、極めて不可解で不愉快な事態である。

 では、どうするか?
 実は本稿のテーマ、つまり「日本人が自慢している文化はすべて韓国にルーツがある(韓国のモノマネだ)」との主張(?)に接して、私は昔、韓国人が捏造した歴史上のエピソードを思い出した。

 それは「烏帽子の起源」である。
 これは在日の人々でも年輩者なら誰でも知っている話といっても、過言ではないだろう。それは、昔の日本人が冠の代わりにつけている烏帽子は、なぜあの形なのか? というものである。「あれは倭奴(日本人への蔑称)が何か頭にかぶるものが欲しいと言ってきたので、われわれの先祖が履いていた靴下を投げてやったら、喜んでそれをかぶったんだ。それからアイツらはあんな帽子をかぶるようになったのさ」

 いくら何でも靴下をかぶるわけがないのだが、これはむしろ心理学上の格好のテーマかもしれない。要するにコンプレックス(本来は劣等感と優越感の両方の意味がある)の問題だ。まず彼等には「自分たちの方が文化的に優位だ」という儒教に基づく「優越感」がある。ところが実際には様々な分野で「これはかなわない」と劣等感も抱く。では、それを解消するには、どうすればいいか?

 これが「烏帽子の起源」であり「剣道のルーツ」になるというわけだ。
 韓国人は、その民族性と、誤った歴史教育のせいですぐに頭に血が上る人が多いようだから、ここは「日本」が直接かかわっていない分野で、このことがよくわかる例を挙げよう。読者で韓国人の友人(特に若い人)がいる人は、ぜひこのことを教えてあげるといい。
 それは、韓国人が自ら生み出した「世界一偉大なる文字ハングル」の歴史である。
 ハングルがいかに「偉大なる文字」であるか、正確に言えば現代の韓国人がそれをいかに誇りにしているか、についてはあえて説明するまでもないだろう。韓国人は「世界一」が大好きだが、その重要な一つに「ハングル」の存在があるのも否定する人はおそらくいまい。

 ところが、実は韓国いや正確にいえば朝鮮半島国家の知識人・文化人は、ほとんどすべてがこのハングルをバカにしていたのである。

 この章のUでも述べたように、これを作らせたのは、有名な世宗大王である。このことを知らない韓国人はいまい。ところがそれは最初「訓民正音」という名だったことを知る人は少し減る。訓民正音とは「バカな民に正しい発音を教える文字」という意味である。「民」という言葉は、もともと「愚かな人々」という意味がある。中国文化はエリートである「官」のそれと大衆である「民」のそれに二分される。だからこそ「官尊民卑」などという言葉がいまだにあるのだ。世宗現前、朝鮮半島で「字」というとそれは漢字のことだった。日本の「カタカナ」「ひらがな」にあたるものはなかった。つまり、民衆は文字を書けなかった。それは「あまりにも哀れである」という世宗大王の「慈悲」がこの文字を作らせたのだ。

 しかし、官僚も知識人もこれに一斉に反撥した。世宗が見出した、つまり逆に言えば世宗に「大恩ある」学者・崔寓理ですら、絶対反対を叫んだ。その理由6か条のうち第2条が興味深いので紹介しよう。

 中国の影響下にある諸国では、民族の特性や日常語が異なっているというだけで、漢文とちがった文字を創ったことはありません。蒙古や日本、そしてチベットに固有文字があるといいますが、かれらはみな野蛮人として蔑視されております。こうしたなかで、わが国が美徳を捨てるということは、われわれの文化を退歩させるものでありましょう。 (『物語韓国史』金両基(キムヤンギ)著、中公新書)

 つまり、朝鮮の人々(特にエリート)にとって「中国文化」こそ絶対であり、それ以外はすべて「野蛮」なのだ。だからたとえば世界最初の大河小説『源氏物語』 なども「非文化」であって評価するに値しないことになる。忘れてはならないのはこの崔萬理の意見は特殊なものでなく、むしろ彼の考え方の方が主流であることだ。それでも反対を押し切って「訓民正音」を使わせた世宗大王は確かに名君である。しかし、朝鮮のエリート、知識人はまったくそうは思っていなかった。むしろこの点で彼等にとって「文化を退歩させる」悪王なのである。だからこそ、彼等は決して「訓民正音」を「ハングル (偉大な文字)」などとは呼ばなかった。むしろ「諺文(オンモン)」と呼び、「女子供の文字」「便所でも覚えられる文字」とバカにした。韓国人ならよくご存じのように、ハングルは合理的で覚えやすい文字である。その最大長所すら昔のエリートにとっては「便所でも覚えられる」という軽蔑の対象でしかなかった。 これが「属国の文化」ということだ。これも本当の話である。
だから「国民文学」も日本に比べて成立はずっと遅れた。

 むしろ、植民地統治時代の日本人の方が「君たちにも立派な文字があるじゃないか」と評価していた。「ハングル」 の復権が本格的に始まったのは、それからである。
 中国文化は自らを「中華」とし、他の文化はすべて野蛮 (=無価値) なものとする。この中国の属国と化した朝鮮は文化的にも中国に隷属し、せっかく名君世宗が作ってくれた文字ですら、まともに評価できなかった。
 これが歴史の真実である。
-中国文化の下では剣道も仮名も発達し得ない
 ところで、中国文化は「文」が「武」に優越する文化であることは常識といってもいいだろう。
ここで、韓国人にはよく考えて頂きたい。もし、近代以前の中国文化全盛の朝鮮半島で「剣道を盛んにしよう」などと言ったら、たとえば雀萬理のような学者は何と言うか、である。
「体を使う(儒教では賤(いや)しいこと)歩卒(ほそつ)の技のようきとをなぜする必要があるか?」
「しかし、日本では盛んです」
「彼等は野蛮人だ。野蛮人に文化はないし見習う必要もない!」
 これで終わりである。

「特許出願」の歴史を見てもわかるように、まったく関係のない人間が同じアイデアを思いつくことはある。しかし、それを発展させられるかどうかは、本人の資質プラスその国の文化の風土が物を言う。

皮肉なことに前半例に挙げた「剣道」も「カナ」も「錦鯉」も「料理」もすべて儒教(中国文化)では「卑しい技」である。 こういう主張をなす韓国人は何を言いたいのか。「今、日本で優れた文化とされているものは、ことごとく韓国がルーツだ」ということか。しかし、それは、逆に言えば「われらの先祖はいいアィデアを持ちながら、ことごとく日本人のようにそれを成長させることができなかった愚か者である」と言っているのに等しい。すなわち「御先祖様を侮辱している」ことになることがわかっているのか?

 もちろん、私はそうは思っていない.。そもそも、この主張自体がおかしいからだ。かつて朝鮮半島は中国べったりでなければ生存することができなかった。だから彼等は「中国人」にならざるを得なかった。それは止むを得ないことではないか。私もその時代朝鮮半島に生まれていればそうせざるを得なかったかもしれない。  だが、今は違う。韓国は一人当たりGNPでは中国を追い抜いたはずだ。もっと現状に誇りをもってエネルギーの無駄遣いはやめ、過去の歴史を正視してはどうか。  これが私の韓国の人々への「御忠告」である。
-------------------引用終わり--------------------


Creator:bxninjin2004@yahoo.co.jp