When I feel Korea has different culture
from Japan


From "Wind of skirt"


韓国は日本とは異文化の国だと思うとき
「スカートの風」より










  
--------- quote ----------

In Korea, even now many people say a person with beautiful voice has "hard waves of life". This means he lives a up-and-down life. Because beautiful voice was one of necessary conditions for a Kisaeng. They were also dancers and singers(Translator's note: The author seems to say these occupations are considered humble ones .). Then a man with beautiful voice is looked down as "A brother of Kisaeng", and called "Chomuchanchimottada (not graceful)"
------ 引用開始 --------

 いまでも韓国では、「声のよい人は人生の波が激しい」という言い方がされる。浮き沈みが激しいということなのだ。 そう言われるのは、よい声で歌うことができるのはキーセンの資格の一つだったからである。彼女たちは舞姫であり歌姫であった。 そのため、声のよい男は「キーセンの弟」と言われ、チョムチャンチモッタダ(上品でない)と蔑称される。

Though such Koreans' traditional sense of value are changed a little, singers are supposed to be humble occupations as ever and typical effeminate occupations, too. Many parents still say "Do you want to be a Kisaeng?", when they listen to their daughter singing a song with a beautiful voice.

 こうした価値観は、このところ少し変わってきたとは言え、歌手を卑しい職業とみる目には相変わらずのものがあるし、 男の歌手は男らしくない職業の代表的な存在になってもいる。娘がいい声で歌えば、「あなたはキーセンになりたいの」 と戒める親はいまだに多い。

I came from such backgrounds but experienced my sense of value much changed in Japan. Nevertheless, I was gotten shock of life when Ishihara Yujiro was die. I was gotten shock of recognition how national media reported him, how many people praised his humanity, and how often even major statesmen, artists and entrepreneurs paid their final respects to him. In Korea, that would never happen even if hell freezes over.

 こうした風土で育った私は、日本に来てだいぶ価値観に変化が訪れたものの、石原裕次郎が亡くなったときの、 全国のマスコミの取り上げように、また多くのファンの人たちが人間裕次郎をはめたたえる姿に驚くと同時に、一流の政治家、芸術家、 企業家たちまでが、しきりに哀悼の意を表していることには心から驚かされた。 こんなことは、韓国では天地が引っくり返ってもまずあり得ないことである。

When I knew his elder brother, Shintaro, was a statesman, my surprise changed to be appalling, and this fact confirmed myself of my belief that it was not easy to understand Japan.

 さらに、お兄さんの慎太郎氏が政治家だということを知って、驚きは呆れに変わり、 「容易なことでは日本を理解することができない」の思いを強くしたものである。

Ishihara Yujiro was one of most Japanese popular singers in Korea, too. But why do Japanese have much affection for a famous singer? Why can Shintaro, whose brother is a singer, become a statesman, though he is not an American? These questions were beyond my understand.

 石原裕次郎は、韓国でも日本人歌手としてはトップラスの人気があった。しかし、なぜ日本人が有名な歌手にあれだけの敬愛の念をもっているのか。 また、アメリカではあるまいし、歌手を弟にもちながら、なぜ政治家になることができるのか、いずれも私の理解を絶していた。

In Korea, it is very shameful to have a singer or an actor in his kin. It is inexcusable, especially for upper-class people, Yangban of today, who have respect for their their origin.

--- unquote ---


 韓国では、身内に歌手や俳優がいようものなら、それはとても恥ずかしいことなのである。とくに家柄を重んじる現代のヤンバンである 上層階級の人間にとっては、それはとうてい許すことのできないものなのだ。
------ 引用終わり --------


When I read this first, I thought the sensitivity of Korean people is the one beyond Japanese understand. I inform you that the author of this book, O Seonhwa, has honest and flexible sensibilities. This is the reason that she could understand Japanese culture without protest, though she received her baptism of anti-Japan education. But she still has a Korean nature, and I sometimes find such texts. I think she is so familiar with Japanese and Japanese culture that she can not think Japan has completely different culture in a non-emotional manner.

最初にこれを読んだとき、韓国人の感受性こそ、よっぽど日本人の理解を絶していると思いました。  誤解のないように言っておきますが、作者のオソンファ氏は率直でまた柔軟な感受性の持ち主です。 だからこそ反日教育を受けたにもかかわらず、日本の文化を素直に受容することができるのです。 ただ、やはり韓国人としての気質の持ち主なので、ふとした弾みでこのような文章がでてきてしまいます。 日本人や日本文化への親近感ゆえでしょうが、日本を異なる文化の国だと割り切れないために このような文章になってしまうわけです。

Creator : bxninjin2004@yahoo.co.jp