Samples
of
anti-Japan education

反日教育の
サンプル

  
This is a sight in Korea on one day in last year.
Many children's works were displayed in the subway.

Please see their works.

(Please click cache(link) below photos.)
昨年のある日、子供たちが製作した多数のポスターが、韓国の地下鉄に多数張り出されました。彼らの力作を見てください。

(cacheをクリック願います)



cache1 cache2

Original URL
  
I am at a loss for words to find these works. When such works appeared on the net, many Korea watchers can save their trouble of explaining what anti-Japan education is.

These pictures are all drawn by many school children who are taught to see a specific country as their enemy. How did their teachers lead the children? Does anyone hesitate to expose such pictures at a public appearance?

It is easy to understand.

I don't know what Koreans around you say, but such pictures(they say, posters) are familiar to most Koreans.

Because Korean school had such classes(Drawing anti-Japan Posters) in the 1970s at the latest.



--- From "Wind of skirt" by O Seonhwa( A Korean essayist and Cultural scholar living in Japan) published by Kadokawa-shoten in 1997 ---

Pro-Japan feelings were squeezed to death

When I was very young, my mother often told me about Japan. She had been to Japan before War. She told me many pleasant memories in a hot spring. She enjoyed beautiful sights. Unique food excited her curiosity. She didn't talk much about Japanese themselves, but her story made feel nothing about "Hateful country". Her story attracted me much, and I hoped to go to Japan. I had a longing much to Japan I had never seen.
But I was taught how Japan did bad things to Korea in a thorough manner after I entered elementary school. While I was made draw an anti-Japan poster, I felt shame at my feelings , and became one of anti-Japan students, too.

もはや何も言うべきことはありません...インターネットでこの絵画がさらされてから、「反日教育」の説明に多言を要しなくなりました。

幼くして特定の国を敵視し、こうした絵を描く児童たち。指導する先生。地下鉄という公共の場にさらしてなんら違和感を覚えない人々...




実にわかりやすいですね。

あなたの身近な韓国人はなんというかはわかりませんが、こうした絵には彼らにはおなじみのはずです。



なぜなら、遅くとも1970年代からこのような授業が行われていたからです。



--- 「スカートの風」より 呉善花著 角川書店 1997年 ---

   圧殺された親日感情

 私がまだ幼かったころ、戦前に日本に行ったことがあるという母は、私によく日本の話をしてくれた。それは、日本の温泉に行ったときの楽しい思い出や、きれいな景色に心を落き立たせたり、珍しい食べ物に好奇心をかきたてたりといったことであり、日本人についての話はあまりなかったのだが、憎むべき人たちの住む国を思わせるような話はまったくなかった。私は母の話にすっかり魅了され、大きくなったら日本に行きたいと願い、日本といういまだ見ぬ国に大きく憧れていた。

 しかし、小学校に上がって、日本がいかに韓国に対して悪いことをしたかを、 徹底して教えられ、反日ポスターを描かせられたりしているうちに、私はそのように日本を感じていたことが恥ずかしくなり、すぐにみんなと同じ一人前の反日生徒へと変わっていったのだった。

Creator : bxninjin2004@yahoo.co.jp