A Sample of Sinocentrism
appear
in "Korea and her neighbors"


「朝鮮紀行」にみる小中華思想のサンプル


 

As the background of Kumdo problem, I talked about petit Sinocentrism (the introduction of Izawa Motohiko's work).

Briefly speaking, this is a sort of nationalism that based on worship of Chinese civilization / culture as supreme one. This also include the idea of "selected people".

We can see nationalism in various time or place. It is natural to love their own nation. It is also common to be proud of their nation's culture. But petit Sinocentrism is different from the other nationalism. The object of worship or respect is not their nation or culture itself. They worship China or Sino, its culture and civilization. They think Korea is superior to the other nations, because Korea is close to Chinese culture and civilization.

As an example of petit Sinocentrism, I quote from "Korea and her neighbors" by Isabella Bird who traveled Korea in the end of 19th century.

- From "Korea and her neighbors"(Chapter36) -

 .. it must be remarked in connection with education in Korea that so lately as the close of 1896 a book, Called Confucianist Scholars' Handbook of Latitudes and Longitudes,had been edited by Sin Ki Sun,Minister of Education, prefaced by two Councillors of the Education Department, and published at Government expense, in which the followlng sentences occur:−

 P.52:"Europe is too far away from the centre of civilization, i.e. the Middle Kingdom;hence Russians, Turks, English,French,Germans,and Belgians look more like birds and beasts than men,and their language sound like the chirping of fowls."

 Again:"According to the views of recent generations,what westerners call the Christian Religion is vulgar,shallow, and erroneous,and is an instance of the vileness of barbarian customs, which are not worthy of serious discussion....
They worship the heavenly spirits, but do not sacrifice to parents, they insult heaven in every way, andoverturn the social relations. This is truly a type of Barbarian vileness, and is not worth of treatment in our review of foreign customs, especially as at this time the religion is somewhat on the wane.
 "Europeans have planted their spawn in every country of the globe except China.All of them honor this religion(!), but we are surprised to find that the Chinese scholars and people have not escaped contamination by it."

 On p.42 it is said: "Of late the so-called Ye Su Kyo(Christianity)has been trying to contaminate the world with its barbarous teachings. It deceives the masses by its stories of Heaven and Hell: it interferes with the rite sof ancestral worship, and interdicts the custom of bowing before the gods of Heaven and Earth. These are the ravingd of a disordered intellect, and are not worth discusslng."

P.50: "How grand and glorious is the Empire of China, the Middle Kingdom! She is the largest and richest in the world. The grandest men of the world have all come from the Middle Empire."


This tirade from an official pen was thought worthy of a remonstrance from the foreign representatives.


「Kumdo問題」を引き起こすひとつの背景として「小中華思想」のことを書きました(井沢元彦氏の文章の紹介)。

すごく簡単に言ってしまうと、これは中華文明、文化を至上とする一種のナショナリズムです。選民思想的な要素も多分にあります。

ナショナリズムはさまざまな国、さまざまな時代に存在します。自分の国を愛するのは自然な感情です。自分の国の文化に誇りを持つのも普通のことです。小中華思想において変わっている点は、その対象が朝鮮半島自身ではないことです。中国や清やその文化、また中華文明が崇敬の対象であり、韓国はその文化、文明に近いことが優れていることの証であるのです。

小中華思想のサンプルとして、19世紀末に朝鮮半島を旅行したイザベラ・バード「朝鮮紀行」から引用します。


--   「朝鮮紀行」第36章より --

..朝鮮における教育に関連して特記しておかなければならないのは、ごく最近の一八九六年末、『儒学経緯』という本が発刊されたことである。この本は学務大臣申箕善が編集し、二名の学務顧問が序文を書いていて、費用は政府持ちで刊行された。『儒学経緯』にはつぎのような記述がある。

 52ぺ−ジ
 「ヨーロッパは文明の中心すなわち中国からあまりに遠く離れている。ゆえにロシア人、トルコ人、イギリス人、フランス人、ドイツ人、ベルギー人は人間よりも鳥獣に似ており、その言語は鶏が鳴いているように聞こえる」

 同じく52ぺ−ジ
 「近代人の見解によれば、西洋人がキリスト教と呼ぶところのものは俗悪浅薄で正道をはずれており、野卑な習俗の例証で、まじめに語るに値しない。(中略)彼らは天の神を拝みはするものの、親を奉らず、ことあるごとに天を侮辱し、社会的な関係をくつがえす。
 これはまさしく野蛮な低俗さのあらわれであり、われわれが外国の慣習を論評して遇するには値しない。くだんの宗教が衰退している現在ではなおさらである。                   
 西洋人は清をのぞきあらゆる国に腹子(はらご)をまいた。彼らはそのすべてがこの宗教を奉っている(!)が、驚くべきことに清の知識人と庶民はそれによる汚染を免れたのである」

 四二ぺージ
 「最近いわゆる耶蘇(ヤソ)教が野蛮な教えで世の中を汚そうとしている。この宗教は天国と地獄のつくり話で大衆をあざむき、先祖崇拝の祭祀にくちばしをはさんだり、天地の神々にぬかずく慣習を禁じたりしている。これらは知性の曇った者のたわ言であり、論ずるに足りない」

五〇ぺージ
「世界の中央たる清帝国のいかに偉大で栄えあることか,・・清帝国は世界で最も大きく最もゆたかな国である。世の偉人はすべて中国の生んだものである」


公職にある者の手によるこの弾劾文は、諸外国公使から抗議に値すると見なされた。

            

Creator : bxninjin2004@yahoo.co.jp