どんぐり博多へ行く!

「急性前骨髄球性白血病(APL・M3)の治療について」

急性前骨髄球性白血病(APL・M3)は、薬で治しやすい白血病だと言われます。確かに薬だけでうまく行くケースも多いですが、化学療法後比較的早期に再発する患者も決して少なくはありません。私どんぐりは、再発しない方法が無いかとあれこれもがいたにもかかわらず退院後一年で再発し骨髄移植をしました 。
再発してしまってから、九州大学では日本の標準治療とは異なる治療法が行われていることを知りました。
日本の多数派の治療法ではありません 、万人に向く方法でもありません、しかし再発のないAPL・M3の治療法を探している方にとっては是非知っておくべき情報だと思い、このHPを作りました。  2004年12月

■プロフィール
■APL・M3の発病からの経緯
■APL・M3の有効な寛解後療法
■JALSGとは
■九州大学医学部
■浜の町病院
■新薬(砒素とアムノレイク)
■日記はじめました
●メールはこちら