Edmund Burke(エドマンド・バーク)の系譜

 

真正自由主義(伝統主義・真正保守主義)

 

 


バーク保守主義の神髄

 

保守主義とは、高貴な自由と美しき倫理の満ちる社会(国家)を目的として自国の歴史・伝統・慣習を保守する精神である。

 

保守主義は、自由と道徳を圧搾し尽くす、全体主義(社会主義・共産主義)イデオロギーを排撃し殲滅せんとする、戦闘的なイデオロギーである。いざ戦時とならば、「剣を抜く哲学」である。

 

 

(英国)

 

エドワード・コーク

ウィリアム

・ブラックストーン

エドマンド・バーク

ウィンストン・チャーチル

マーガレット・サッチャー

 

 

(米国)

 

アレグザンダー

・ハミルトン

ジョン・アダムス

ジェームス・マディソン

ロナルド・レーガン

 

 

 

真正保守(自由)主義の哲人たち(英米含む)

 

デヴィッド・ヒューム

アクトン卿

トックヴィル

ウォルター・バジョット

FA・ハイエク

カール・ポパー

オルテガ

ドストエフスキー

ニコライ・ベルジャーエフ

井上毅

 

 

 

---はじめに---

 

このホームページの内容は、中川八(なかがわやつ)(ひろ) 筑波大学名誉教授の著作群によるものである。

 

それは、良識ある健全な日本国民に真正の保守主義とは何か」を唯一、最も明確に定義解説する著作は、“エドマンドバーク研究の第一人者”であり、日本国の“真正の保守主義者(=バーク保守主義者)”であり、“碩学の政治哲学者”である中川八(なかがわやつ)(ひろ)先生の著作群しかないからである。

 

中川八洋 筑波大学名誉教授の著作を読めば、誰でも「()から(うろこ)」の大洪水となるだろう。

 

このホームページの目的は、概略すれば以下の三つである。

 

@多くの日本国民が政治とその背後にある政治哲学を理解し、また、「日本国民自由の淵源としての日本国の“法の中の法”である天皇及び皇室」=「皇統」を守護する義務をわれわれ全日本国民が負っていることを理解し、21世紀の日本政治の頽廃状況とそれを見抜く「政治読解力」の基礎知識を養って欲しいこと。

 

 

A「大東亜戦争とは何であったのか」をいわゆる、東京裁判史観(自虐史観)の観点からではなくバーク保守主義の観点(→昭和という時代を支配した思想・哲学を徹底分析する観点から、徹底的に歴史事実を再検証し、その正当性の有無について結論する。そしてその教訓を21世紀の日本政治に役立てて欲しいこと。

 

 

B“法の支配”、“立憲主義”、“世襲の原理”、“自由主義”などの文明社会の悠久の繁栄に絶対的に必要な政治諸原理を日本国民に再認識してもらいたいこと。

 

 

改革革新進歩など、何でも制度変革(破壊)すれば、社会(未来)は必ず良くなる(明るくなる)という「進歩主義」や「未来主義」の迷信迷妄から目を覚まして欲しいことなど。

 

 

未来とは暗闇に満ちた未知の世界である。政治はその暗闇を祖先の遺してくれた、過去の歴史・伝統・慣習という懐中電灯で模索しながらゆっくりと注意深く漸進していくものである。自然科学や科学技術は確かに急速に進歩する。

 

 

しかし、人間精神や文明社会の政治制度などは、自生的自由秩序によって漸進的な自然成長を遂げるものであるから、文明社会を設計主義的合理によって人為的に急速に進歩させることができる妄想し、現実社会で実行すれば、“自由”は破壊され共産ロシア旧ソ連)やナチスドイツなどの“暗黒の全体主義社会”へ転落する。

 

 

例えば人間精神について言えば、紀元前の「儒教や仏教やキリスト教」などより優れた宗教や道徳の教えが、紀元後約二千年以上経つが、世界に発生しただろうか。『論語』などを超える人徳に関する教えが発生しただろうか。

全くない」と言っても概ね間違いではない。

 

 

逆に、人間精神は平等主義進歩主義未来主義に起源をもつ社会主義マルクス主義共産主義(=マルクスレーニン主義)によって「無神論唯物論無宗教無道徳無責任」へと大幅に退歩したが“進歩”することなど決してなかった

 

 

文明社会の政治制度全く同じことが言えるのである---等々を日本国民に理解してほしいこと。

 

 

以上の3点などの解説に、ささやかでも貢献できるならば、〔=ホームページの製作者〕にとって幸いである。

 

 

 

 

エドマンドバークの系譜---真正保守(自由)主義

 

 

中川八洋 筑波大学名誉教授(主催)

ブログ

中川八洋掲示板

 

 

 

目 次】

 

 

1.バークの保守主義

バーク保守主義とは

2.哲人?狂人?ルソーの『社会契約論』

啓蒙思想家ジャン=ジャック・ルソーの正体

2−1 ルソー主義の呪縛を滅すための試書

日本国の“復興”と“自立”への道標(平成24429日)

3.フランス革命の真実

日本では神聖化されるフランス革命(人権宣言)

4.人権・人民主権・平等主義

誰が決めた?生得の権利(人権・主権・平等)

5.進歩主義とマルクス・レーニン主義

進歩主義と全体主義(社会主義・共産主義)

6.日本国憲法と憲法改正論議

バーク保守主義から見た改憲論の・「悪」の判断基準

7.大東亜(太平洋)戦争の歴史

(※ 現在、作業中のため閲覧できません。

下記の「大東亜戦争(日支戦争・対英米戦争の8年戦争)の真実」をお読みください)

バーク保守主義から見た大東亜(太平洋)戦争の歴史事実

8.Edmund BurkeBlog関連のページ

ブログ「保守主義の父」エドマンド・バーク保守主義

9.Bill of Rights 1689

「権利の章典」の全文邦訳(HP&Blog作成者による)

10.中川八洋『保守主義の哲学』

PHP研究所(抜粋)

「世襲(相続)」の哲学

11Edmund Burke, “APPEAL FROM THE NEW TO THE OLD WHIGS”

エドマンド・バーク『旧ウィッグは新ウィッグを裁く』

(一部抜粋、邦訳)

12. MARGARETTHATCHER

英国の偉大なる宰相、MARGARETTHATCHERのバーク保守主義

13. SAMUEL SMILES, “CHARACTER”

日本国民の道徳の復興に向けて

---サミュエル・スマイルズ『品性論』

14.日本国の天壌無窮の繁栄あらんことを願ひて平成241月掲載〔PDF

日本書紀〜明治皇室典範:日本人の天皇(皇室)観

15.エドマンド・バーク『フランス革命の省察』

英語原文・邦訳文対照(順次掲載作業中)

16.真正保守(自由)主義 政策綱領(案)

 

A4縮小‐PDFVer.

平成246月、真正保守主義の会の有志メンバー作成(案)

17.美徳と叡智の実践による果実としての国家の繁栄

平成24915日(第二回小論文)

18H241216日衆議院選挙対応

投票前の簡単政治哲学講座

(1)   共産主義の超極悪を歴史から学ぼう

(2)   「フェミニズム」の禍毒---ジェンダー・フリー教育を全廃せよ!

総選挙投票前に30分間だけ観てから投票に行こう。

真正保守(自由)主義政策(1/33/3

真正保守主義政策動画(1/3)

 

真正保守主義政策動画(2/3)

 

真正保守主義政策動画(3/3)

 

19. 今こそ、民主党政府の行った「脱原発・共産革命」を国会審議で殲滅せよ!

「脱原発」共産革命の真実を国会で審議せよ。

平成25年(2013年)

1. 桜宮高校事件に観る、橋下徹の「白紙(リセット)思想」の危険な本質についての考察

橋下徹の「白紙(リセット)思想」の哲学的考察

2.極左偏向の「原子力規制委員会」報告書

敦賀原発報告書(規制委)

3.日本国のTPP参加メリットに関する諸論

日本国のTPP参加メリットに関する若干の考察

4. 日本国政府は悪魔の旧ソ連(新ロシア)外交に対する警戒を怠るな!

ロシアとの平和条約締結は日本国の亡国への道である

5. さあ、自助の精神を取り戻そう!

『美徳冊子「さあ、自助の精神を取り戻そう」』

6. Burkean Members Logonarkの作成について

この度、E・バーク、FA・ハイエク、W・チャーチル、M・サッチャー、中川八洋ら、真正の保守(自由)主義者を信奉する、Burkean Members Logomarkを作成した。

「我こそは真正のBurkeanである」と名乗る者は、ホームページ、ブログ、その他でこのロゴマークを掲げられたい。

もちろん、賛同者のみで結構であるし、このロゴマークを掲げたからといって、その者が真正の保守(自由)主義哲学を有しているとも限らない。

「自分はバーク主義者(Burkean Members)である!あるいは、ありたい!」と強く願う者が自由に掲げてくれれば、作成者として幸いである。

※平成25820日(ロゴ図柄・文字等を修正しました。)

 

〜〜〜以下、IEI(アイ・イー・アイ)オリジナルショップHPより抜粋。〜〜〜

 

 

 

198917日――平成の年号の下、万世一系にして世界最古・最長の日本国の皇統を継承された第125代天皇、継宮明仁天皇。現代において唯一"皇帝"の称号を冠し、世界の王室や法王にも敬意を表される天皇陛下は、長きにわたってご公務にご精励あそばされ、いついかなるときも国民の幸福と世界の平和を願われて、その御世は25年をお迎えになります。この誠に喜ばしきご慶事を奉祝して、壮麗な記念金貨・銀貨が、英連邦クック諸島政府から特別な法定貨幣として発行される運びとなりました。」

 

https://iei.jp/image/goods/9020000_02.jpg

 

 

ニュージーランドと自由連合関係にある英連邦の独立主権国家。南太平洋にある15の島から成り、総面積は240平方キロメートル。1770年代にこの島々を発見した英国の探検家、キャプテン・ジェームス・クックの名にちなみ、クック諸島と名づけられた。元首はイギリスのエリザベス2世。

 

IEI(アイ・イー・アイ)オリジナルショップHPへジャンプ

 

〜〜〜抜粋ここまで〜〜〜

 

 〜〜ホームページ作成者より〜〜

 

英国エリザベス2世女王陛下、英連邦クック諸島政府からの日本国・皇統(皇室)・日本国民への愛情溢れる御好意と御取計らいに、一日本国民として、心より感謝・感激し、深く御礼申し上げるものであります。

キリスト教の神の祝福と日本国の皇祖神及び八百万の神々の大御心とに、崇敬と畏怖の念を抱きつつ、日本国皇統(皇室)の弥栄と英国王統(王室)の永続及び、日英両国・両国民の永続的繁栄と友好(親交)を深く祈念するものであります。

平成261122日(土)

 

 

7. 真正の保守主義とは何か?

第三回小論文(平成25929日)

真正の保守主義とは何か?

平成26年(2014年)

1.      大東亜戦争(日支戦争・対英米戦争の8年戦争)の真実

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第1回)

1-2.

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第二回)

1-3.

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第三回)

1-4.

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第四回)

1-5.

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第五回:最終回)

1-6

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第六回:補足回)

2.      自由主義の基礎的価値観について

美徳ある自由を生きましょう!

3.      美徳冊子2

日本国民の品性は蘇生できるか?

----- 新渡戸稲造『武士道』の遺産を蘇生せよ! -----

4.      『美徳冊子2』付録

(経済)ナショナリストを名乗る国家官僚・中野剛志の思想の害毒!

-----中野剛志の駄本『日本思想史新論』、『TPP亡国論』を即座にゴミ箱にポイ捨てしよう!

平成27年(2015年)

1. 小論文

自由主義の反撃

平成28年(2016年)

 

1. 小論文(1月)

見えざる目的

2.小冊子「日本フェミニズムの真実」(5月)

邪悪思想 日本フェミニズムを粉砕しよう

3. 英国の国民投票制度について

国家繁栄・重大事代表制議会議決

 

So-netブログ:「保守主義の父エドマンドバーク保守主義へはこちらをclickして下さい。


5.進歩主義とマルクス・レーニン主義───「宗教・神話主義」

 

内容項目

@「進化」という世俗神学(ダーウィニズムの知的公害)

A最悪の「進歩」の宗教──社会主義教(マルクス・レーニン主義)

Bユートピア(理想郷)の現実は「逆ユートピア(暗黒社会)」

 


 

内容項目

(1)正しい憲法原理の概説

(2)日本国憲法の絶対三条件―――皇室・国防軍・家族の紐帯

(3)フランス革命の教理の排除―――国家簒奪・大量殺戮の思想の排除

(4)亡国に至る憲法改悪の思想――― 一院制、首相公選制、地方分権

こちらをclick

憲法・改憲とは何だろうか?

 

参考文献

 

1 中川 八洋正統の哲学 異端の思想―「人権」「平等」「民主」の禍毒  

 

 中川 八洋正統の憲法 バークの哲学 (中公叢書)』 

 

 中川 八洋福田和也と“魔の思想”―日本呪詛(ポスト...

 

 中川 八洋保守主義の哲学―知の巨星たちは何を語ったか

 

 中川 八洋女性天皇は皇室廃絶―男系男子天皇を、奉戴せよ

 

 中川 八洋国民の憲法改正―祖先の叡智日本の魂

 

 中川 八洋連合艦隊司令長官 山本五十六の大罪―亡国の帝国海軍と太平洋...

 

 中川 八洋 渡部 昇一 共著教育を救う保守の哲学―教育思想(イデオロ...

 

 中川 八洋歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本

 

10 中川 八洋国が亡びる―教育・家族・国家の自壊

 

11 中川 八洋中国の核戦争計画―ミサイル防御(TMD)...

 

12 エドマンド バークフランス革命の省察(半沢 孝麿 訳)

 

13 中川 八洋亡国の「東アジア共同体」―中国のアジア覇...

 

14 A・ ハミルトン/J・マディソン/J・ジェイザ・フェデラリスト

 

15 『世界の名著 (72)バジョット・ラスキ・マッキーヴァー』(英国憲政論

 

16 F・A・ハイエクハイエク全集 1-8 新版Friedrich August von Hayek

 

17 『皇統断絶――女性天皇は、皇室の終焉』 中川 八洋

 

18 中川 八洋地政学の論理――拡大するハートランドと日本の戦略

 

19 中川 八洋近衛文麿の戦争責任――大東亜戦争のたった一つの真実

 

20 中川 八洋民主党 大不況カタストロフィ

 

21 A・トクヴィル『アメリカの民主政治(上)(中)(下)

 

22 オルテガ・イ・ガセット『大衆の反逆

 

23 ヤーコプ・ブルクハルト『世界史的考察

 

24 ギュスターヴ・ル・ボンバーク『群集心理

 

25 エドマンド・バーク(中野好之 編訳)『バーク政治経済論集

 

26 中川八洋『與謝野晶子に学ぶ――幸福になる女性とジェンダーの拒絶

 

27 中川八洋『悠仁天皇と皇室典範

 

・・・等。