保守主義 エドマンド・バーク リヴァイヴァル

★★★ Burke Conservatism in JAPAN ★★★

 

 

 

 

 


四角形: 角を丸くする: バーク保守主義

 

 保守主義とは、高貴な自由と美しき倫理の満ちる社会(国家)を目的として自国の歴史・伝統・慣習を保守する精神である。

 保守主義は、自由と道徳を圧搾し尽くす、全体主義(社会主義・共産主義)イデオロギーを排撃し殲滅せんとする戦闘的なイデオロギーである。いざ戦時とならば、「剣を抜く哲学」である。

 

四角形: 角を丸くする: 保守主義の系譜

 

(英国)

 

エドワード・コーク

ウィリアム・ブラックストーン

エドマンド・バーク

ウィンストン・チャーチル

マーガレット・サッチャー

 

 

(米国)

 

アレグザンダー・ハミルトン

ジョン・アダムス

ジェームス・マディソン

ロナルド・レーガン

 

 

 

真正保守(自由)主義の哲人たち(英米含む)

 

デヴィッド・ヒューム

アクトン卿

トックヴィル

ウォルター・バジョット

FA・ハイエク

カール・ポパー

オルテガ

ドストエフスキー

ニコライ・ベルジャーエフ

井上毅

 

 

 

 

 

四角形: 角を丸くする: はじめに

 

 

このホームページの内容は、中川八(なかがわやつ)(ひろ) 筑波大学名誉教授の著作群をベースに、バークの保守主義ハイエクの自由主義を解説するものである。

良識ある健全な日本国民に真正の「保守主義とは何か」を唯一、最も明確に定義・解説する著作は、“エドマンド・バーク研究の第一人者”であり、日本国の“真正の保守主義者(=バーク保守主義者)”であり、“碩学の国際政治学者かつ政治哲学者”である中川八洋先生の著作群しかない。

中川八洋 筑波大学名誉教授の著作を読めば、その最高の学問レベル学問に対する良心と誠実さに、誰でも敬服せずにはいられないだろう。

このホームページの目的は概して次の三つである。

 

     日本国二千年の天皇(皇室)制度と男系男子皇統を永遠に絶対護持すること。

私たち真正保守(自由)主義者は、日本国の天皇(皇室)制度および皇統が、古来の皇位継承法に遵って、男系男子へと世襲継承されて来た歴史事実を、私たちと私たちの祖先が為した、“法的正義”と“道徳的忠誠”に基づく“日本民族の誇り”であると考えても、それが私たち日本国民の権利の侵害であるとか、差別的・恣意的な不平等制度の源泉であるなどとは考えない。

また、この伝統的天皇(皇室)制度を護持することが、日本国・日本国民の永続に資する利益であると考えても、不利益の種であるなどとは考えない。

天皇(皇室)制度は日本国の二千年の歴史を通じて形成された“時効の憲法/国体:Constitution”であるがゆえに、この伝統の護持は、古来の祖先たちから発し、私たち現存世代に至り、更には将来の子孫たちにまで継承されるべき“時効の義務”以外の何ものでもない。何人であれ、如何なる理由であれ、“時効の憲法/国体”を改変したり廃止したりする如何なる権利も権限も理論も持ちえない。

私たち日本国民は、天皇(皇室)制度が、外部からの侵略によるのではなく、日本民族の内部から起こって、漸進的に周囲の諸小国を帰服させながら成長した制度であることを知っているため、天皇(皇室)制度が私たち日本国民の自由を保障し、美徳を開花させる価値を持つ制度であるとみなしても、暴政と隷属の烙印であるとはみなさない。

 それゆえ、私たち日本国民は、日本国の皇位が古来の伝統の下に、混乱なく確実に、男系男子へと世襲継承されることこそが、国家国民の永続と繁栄にとって不可欠の絶対的基礎であると確信する。

なぜなら、法・慣習・道徳という自由社会にのみ咲き得る自生的秩序を保守することによってのみ、私たち日本国民の自由・財産・生命(安全)が保護され、永続性を確保し得ると知っているからである。

私たち日本国民は、二千年の歴史を通じて天皇(皇室)制度の中に体現されてきた“日本国の法”に服従することで、“高貴なる自由”を得るのであるから、この伝統を永遠に保守することは私たち日本国民の義務である。

 

     大東亜戦争とは、東アジアすべての共産化/社会主義化(=東亜新秩序・大東亜共栄圏)のための、対英米戦争(=対資本主義・対自由主義)であった、という歴史の真実を記し伝えること。

昭和前期とは、悪の思想家マルクス(独逸)と悪の革命家レーニン/スターリン(露西亜)の思想が日本国を席巻した時代であり、それ以外の思考が全くできなくなった時代であった。

すなわち、日本国の共産化/社会主義化を国是とし、日本国の政治家・官僚・帝国陸海軍が、(実際には、人民大虐殺のディストピアでしかなかった)国家社会主義(ナチ)のヒットラー・ドイツ体制及びスターリンのソ連共産主義体制へと日本を革命的に「改造」しようとした時代であった。これが昭和初期日本の政治・軍部の思考様式であり、行動目的であった。

例えば日本国を大東亜戦争すなわち対英米戦争へ導く主要な役割を果たした近衛文麿首相とは、東京帝国大学を中退し、京都帝国大学へ入学して当代随一の共産主義者の河上肇(ソ連共産党国際部、コミンテルン32年テーゼの翻訳者)の下で学んだ教条的な共産主義者であったが、彼が首相時に為した「決定」は次表のとおりである。

 

1 対英米戦争とその大敗北を計画した近衛文麿(中川八洋『近衛文麿の戦争責任』、PHP19頁より、ただし、最右列のみ、私が付加。)

事 項

発生年月日

首 相

備 考

全体主義への傾倒

=反・資本主義、反自由主義

=反・英米

(日支戦争開始と推進)

北支四ケ師団派兵

19377

近衛文麿

日支戦争の開始

 

「蒋介石を対手とせず」

19381

近衛文麿

日市戦争の長期化

反共・反ソの蒋介石・国民党に対する日本の戦争

「東亜新秩序」声明

193811

近衛文麿

中共成立まで日支戦争の永久化

「東亜新秩序」=<東アジア全域の共産化>の隠語

日支戦争の継続・長期化

共産ソ連、共産化支那、共産化日本の赤い三ヶ国連合構想

(対英米戦争の準備と開始)

「大東亜共栄圏」発表

19408

近衛文麿

対英米戦争の準備宣言

「大東亜共栄圏」=<赤い三ヶ国連合>+<社会主義化した東南アジア諸国>

対英米戦争の準備と開戦を正当化するドグマ

日独伊三国同盟

19409

近衛文麿

英米を敵と世界に公言

ナチ=国家社会主義ドイツ労働者党と同盟(=反英米路線)

日ソ中立条約

19414

近衛文麿

対英米戦争準備(背後の安全)

共産ロシアと中立条約(=親ソ路線)

「対英米戦争を辞さず」

194172

近衛文麿

御前会議

日支戦争から対英米戦争(世界共産化への戦争)へ

「ソ連に侵攻せず」

194172

近衛文麿

御前会議

昭和天皇の強い反対の聖慮を無視

南部仏印進駐

1941728

近衛文麿

対英米戦の実質的な開戦

 

「対英米戦を決意す」

194196

近衛文麿

御前会議

昭和天皇の強い反対の聖慮を無視

パール・ハーバー出撃

19411126

近衛文麿

山本五十六

「ハル・ノート」の25時間前

 

朝日新聞社出身で、近衛文麿総理のブレーン中のブレーンであり、かつ共産ロシアのゾルゲ機関の最高メンバーであった尾崎秀実によれば、支那事変とは「日本に本質的な根本的な改造(=「共産革命」の隠語)をもたらすことであり、日支(日中)戦争の目的は、「支那に於ける統一は非資本主義(=共産主義)的な発展の方向と結びつく」のであり、日支戦争から大東亜戦争(=対英米戦争)への拡大の過程で、「中国共産党が完全なヘゲモニーを握っていく」ことになるのであった。そして大東亜戦争(=対英米戦争)に至っては、レーニンやコミンテルン32年テーゼの敗戦革命論に従い、「戦争に敗れあるいは疲弊した側からはじめて多くの社会主義国家を生む」のであって、それゆえ大東亜戦争(=対英米戦争)とは世界共産化のための世界戦争であると明確に述べたのであった。

  中川八洋曰く、

「日本が<8年戦争>を決定し遂行したその理由の核心について、戦後の日本では、ジャーナリズム界と学界とあわせて、事実上そのすべてが・・・今日でも、いっさい触れようとしない。一部の良心的な専門家たちが、この戦争の過程の“記録された事実”のみを収拾して時系列に並べるだけである。他の一群の人々は、この1930年代から1945年までの日本を<軍国主義>とか<ファシズム>とかとイデオロギー的に糾弾し、<侵略>、<謝罪>などの二文字魔語をふりかざして日本自らを非難する。後者は、<8年戦争>の真実を知るがゆえにこの真実をカムフラージュするための嘘宣伝〔プロパガンダ〕をなしているのであろう。前者は、一国の存亡をかける戦争というものは無目的ではしないということも理解できず、国家や戦争の本質について余りにも無知で幼稚すぎる。・・・われわれは、日本にとっての<不必要な戦争>であった<8年戦争>についてカムフラージュされたその目的を明らかにする責任と義務がる。」(中川八洋『近衛文麿の戦争責任』、PHP15頁)

曰く、

「 《四方の海 みなはらからと 思ふ世に など波風の 立ちさはぐらむ》

  対英米開戦に対する、絶対反対のご意志の表現として、明治天皇の、この御製を、パール・ハーバー奇襲の三ヶ月前、194196日の御前会議において、昭和天皇は拝誦された。

  昭和天皇とは、歴史にかつてない、日本国の偉大な大帝であられた。世界の動向を完璧に透視されたのみならず、日本の“国家の悠久”に益するか害するかの、外交の選択肢を鋭利に明察されたことにおいて、近代の世界史においても、英国のウィンストン・チャーチル首相や、ドイツの大宰相オットー・フォン・ビスマルクに優られても劣られることはない。

  そのような昭和天皇の“ご聖慮”に牙をむき公然と弓をひいたのが、〔前日の5日に陛下から直接《反対である》旨を申し渡されていた〕総理の近衛文麿であり、陸軍参謀総長の杉山元〔陸軍大将〕であり、海軍軍令部総長の永野修身〔海軍大将〕であった。近衛は、明治天皇御製を拝誦された昭和天皇を嘲笑うかのごとく無視し、<対米〔英、蘭〕戦争を辞せざる決意のもと・・・戦争準備を完成す>を御前会議の決定とした。

  だが、米国との戦争の結末は、海外権益も領土も“喪失”した。日本の主要都市も“廃墟”となった。三百万人を越える死者の“慟哭”と、敵国米軍の進駐と主権の<7年間>凍結が、手にしたものであった。昭和天皇の“御聖慮”は正鵠を射ておられたのである。」(中川八洋『連合艦隊司令長官 山本五十六の大罪』、弓立社、34頁)

 曰く、

 「英米との友好と同盟の絶対は、昭和天皇のご遺訓である。」(同著)

 

     “法の支配”、“立憲主義”、“世襲の原理”、“時効の憲法(国体)”、“自生的秩序”など、日本国民の生命・私有財産・自由を保守する砦となる真正の保守主義・自由主義の政治原理を解説し、文明社会の悠久の繁栄のためにはそれらを保守し続けることが絶対的に必要であることを日本国民に再認識してもらうこと。

 

-1 「第二フランス革命」であったロシア革命(中川八洋『正統の哲学 異端の思想』、徳間書店、19頁)

 

教祖

「聖書」

実行者

革命の宗教的使命

革命権力の構造

大衆煽動と革命権力の正当化の論理

支配〔統治〕の具体的方法

フランス革命

1789年〜〕

ルソー

ほか

『社会契約論』

『エミール』

ほか

ロベスピエール

〔ジャコバン党〕

ほか

A 革命的人間への改造

B 伝統破壊による社会改造〔「社会契約の国家」の創造〕

C 脱キリスト教の新宗教樹立と全人類への布教

全体主義

〔個人の自由の全面否定〕

「神聖な〔善の〕人民」と「悪の王制」の善悪二元論

テロリズム

〔大量・無差別殺戮による恐怖政治〕

ロシア革命

1917年〜〕

マルクス

ほか

『共産党宣言』

『資本論』

ほか

レーニン

〔ソ連共産党〕

ほか

A 共産主義的人間への改造

B 階級破壊による社会主義体制への改造

C 共産主義〔新しい宗教〕信仰の全人類への布教とこれによる全人類の救済

全体主義

〔個人の自由の全面否定〕

「救世主のプロレタリアート」と「悪魔のブルジョアジー」の善悪二元論

テロリズム

〔大量・無差別殺戮による恐怖政治〕

 

中川八洋曰く、

「フランス革命とは人間の文明社会が発展ではなくその逆の野蛮への退行という大実験が狂気をもって実行されたものである。例えば、無差別殺戮というテロリズムをもって<徳性>の発露であり<正義>の強調だと見るジャコバン党の教義は、20世紀に誕生した<マルクス・レーニン主義>の原型であった。

この教義〔ジャコバン主義〕とは、主として18世紀の<啓蒙思想家>のその思想を起源としている。すなわちルソーを代表としてヴォルテール、ダランベール、ディドロたちの哲学こそフランス革命の暴力/破壊/独裁の源泉であった。この意味で、ジャコバン主義は、ジャコバン党のリーダーのロベスピエールとこのロベスピエールが熱烈に崇拝したルソーとを組み合わせて、<ルソー・ロベスピエール主義>と呼ぶ方がはるかにわかり易い。ロベスピエールはまた、<ルソーの血塗られた手>とも呼ばれた教条的な<ルソー教徒>であった。

そして、<マルクス・レーニン主義>とは、この<ルソー・ロベスピエール主義>の二番煎じの模倣であった。」(中川八洋『正統の哲学 異端の思想』、徳間書店、18頁)

曰く、

「フランス革命とは、この狂った新宗教(=人間理性を神と崇める邪教)の狂った宗教運動であって、近代政治の発展とはまったく無関係である。王制を破壊し教会を破壊しその他もろもろの既存の社会制度の破壊に<正義>を見出し、果ては革命に積極的に参加しない人間を敵意をもって殺害するその<正義>はこの狂った宗教的な教義からうまれた。現に、このフランス革命から近代の名にふさわしい発展の方向のものは何一つうまれなかった。フランス革命から近代市民社会がうまれたとするのは虚偽であり詭弁である。うまれたのはナポレオン帝政の専制独裁であり、そのあと約百年にわたる政治的大混乱と騒擾のみであった。」(中川八洋『正統の哲学 異端の思想』、徳間書店、24頁)

曰く、

「フランス革命こそは、全体主義の源流であり、二十世紀の人類に暗黒の抑圧と数々の戦争・・・をもたらした真の元凶であった。フランス革命とは、近代がうんだ<反・近代>であった。つまり、フランス革命とは<悪の起源>である。」(中川八洋『正統の哲学 異端の思想』、徳間書店、16頁)

 

四角形: 角を丸くする: 正義の哲人の声を聴け!

バーク曰く、

「智恵も美徳も欠いた自由とは一体何であろうか。それはあらゆる可能な害悪の中で、最大のものである。なぜならば、それは、愚かさ、悪徳、狂気であり、教導も抑制もされないものだからである。」(『フランス革命の省察』)

ハイエク曰く、

「合理主義学派を除いて、すべての偉大なる自由の使徒たちが飽きることなく強調したのは、自由は深くしみ込んだ道徳的信仰なしには決して作用しないということ、それから強制を最小限に抑えることができるのは個人が一般にある種の原理に自発的に従うことを期待される場合だけだ、ということである。これがまさに真実である。」(『自由の条件〔T〕』)

ハミルトン曰く、

「政治的繁栄に導くすべての気質と習慣の中でも、宗教と道徳こそは欠くことのできない支柱である。」(「ワシントンの告別の辞」)

「美徳もしくは道徳性は、民選政府に欠いてはならない源泉である、というのは全くの真理である」(同)

トクヴィル曰く、

「道徳の支配なくして自由の支配を打ち立てることはできない・・・信仰なくして道徳に根をはらすことはできない」(『アメリカの民主政治』)

「平等は・・・人々を直接的に孤立に導き、そして人々を突然に無政府状態にまでおし進め・・・もっと長いもっと潜在的な、しかも確実な道によって、人々を隷従に導くのである。」(同)

ヒューム曰く、

「道徳は情緒を喚起し、行動を産んだり防止したりする。然るに、理性自身はこの点に全く無能である。それゆえ、道徳のいろいろな規則は理性の結論ではない。」(『人性論』)

「ある単独な人物が営む正義の単独な行いの帰結がどのようであれ、社会全体が協力する全行動体系(=法の遵守)は、社会の全体にとっても、どの部分にとっても無限に有益である。」(同)

ポパー曰く、

「マルクスが多数の知的な人々を誤らせ、歴史予言が社会問題にアプローチする科学的方法である、と信じ込ませたことが、一層重大なのである。マルクスの責任は、開かれた社会の進路を前進しようとしている人々の戦列に歴史信仰的思考方法という破壊的な影響を与えたことにある。」(『開かれた社会とその敵』)

オルテガ曰く、

「甘やかされた大衆は、空気のように随意に使えるあの物質的、社会的な組織が、見たところけっしてなくなることがないし、自然とほとんど同様に完全だから、同様の起源をもつものだ、と信じているほど愚かである。」(『大衆の叛逆』)

「自由主義の真理は、理論的・科学的・知的真理ではなく、根本的に別な、これらすべてよりも決定的な真理---いわば運命の真理である。運命・・・は議論されることはない」(同)

ベルジャーエフ曰く、

「不平等はすべての宇宙的秩序の基礎であり、人間人格の存在そのものがこれにより正当化される。また世界におけるあらゆる創造的活動の源泉である」(「不平等の哲学」)

「恨み、憎悪、羨望---これがプロレタリアの精神的タイプの心的本質であり地下的心理である。このような心理的基礎の上では、立派な自由な人間社会を建設することはできない。」(同)

 

 

 

 

 

四角形: 角を丸くする: バーク保守主義とハイエク自由主義の系譜
真正保守(自由)主義の論考

 

 

関連する話題or閑話休題等

 

私の小論等の紹介

(本文は、アイコンをクリックすると開きます)

 

関連ページ・動画等へのリンク

(動画は画像をクリックで開きます)

 

 

Burkean Membersロゴの作成について

 

平成24年(2012年)

 

中川八洋筑波大学名誉教授 公式ブログ

 

 

 

    平成25820日(ロゴ図柄・文字等を確定しました。)

この度、E・バーク、FA・ハイエク、W・チャーチル、M・サッチャー、中川八洋ら、真正の保守(自由)主義者を信奉する、Burkean Members Logomarkを作成した。「我こそは真正のBurkeanである」と名乗る者は、ホームページ、ブログ、その他でこのロゴマークを掲げられたい。もちろん、賛同者のみで結構であるし、このロゴマークを掲げたからといって、その者が真正の保守(自由)主義哲学を有しているとも限らない。「自分はバーク主義者(Burkean Members)である!あるいは、ありたい!」と願う者が自由に掲げてくれれば、作成者として幸いである。

 

 ルソー主義の呪縛を滅すための試書

日本国の“復興”と“自立”への道標(平成24429日小論)

 

中川八洋掲示板

 

 

 日本国の天壌無窮の繁栄あらんことを願って平成241月掲載〔PDF

日本書紀〜明治皇室典範の日本人の天皇(皇室)観

 

製作動画or関連動画等の紹介

 

 真正保守(自由)主義 政策綱領(案)&A4縮小‐PDFVer.

平成246月、真正保守主義の会の有志メンバー作成(案)

 

四角形: 角を丸くする: H24.12 総選挙対応動画

動画1/3

動画2/3

動画3/3

 

 美徳と叡智の実践による果実としての国家の繁栄

平成24915日(第二回小論)

 

 

 H241216日衆議院選挙対応(投票前の簡単政治哲学講座)

(1) 共産主義の超極悪を歴史から学ぼう。

 

 

 同上 

(2)「フェミニズム」の禍毒---ジェンダー・フリー教育を全廃せよ!

 

 

 

〜〜ホームページ作成者より〜〜

平成261122日(土)

英国エリザベス2世女王陛下、英連邦クック諸島政府からの日本国・皇統(皇室)・日本国民への愛情溢れる御好意と御取計らいに、一日本国民として、心より感謝・感激し、深く御礼申し上げるものであります。

キリスト教の神の祝福と日本国の皇祖神及び八百万の神々の大御心とに、崇敬と畏怖の念を抱きつつ、日本国皇統(皇室)の弥栄と英国王統(王室)の永続及び、日英両国・両国民の永続的繁栄と友好(親交)を深く祈念するものであります。

 

 

 今こそ、民主党政府の行った「脱原発・共産革命」を国会審議で殲滅せよ!

「脱原発」共産革命の真実を国会で審議せよ。

 

 

平成25年(2013年)

 

 

 

 

 桜宮高校事件に観る、橋下徹の「白紙(リセット)思想」の危険な本質についての考察

---橋下徹の「白紙(リセット)思想」の哲学的考察

 

 

 極左偏向の「原子力規制委員会」報告書

敦賀原発報告書(規制委)

 

 

 日本国のTPP参加メリットに関する諸論

日本国のTPP参加メリットに関する若干の考察

 

 

 日本国政府は悪魔の旧ソ連(新ロシア)外交に対する警戒を怠るな!

ロシアとの平和条約締結は日本国の亡国への道である

 

 

四角形: 角を丸くする: 左翼思想除染プログラム動画

 

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

 

四角形: 角を丸くする: 阪神大震災20周年クリスマス動画

 

 

 さあ、自助の精神を取り戻そう!

『美徳冊子「さあ、自助の精神を取り戻そう」』

 

 

 真正の保守主義とは何か?

(第3回小論、平成25929日)

 

HP作成者の学歴

 

平成26年(2014年)

 

 

 

Kentarou Ichimura

兵庫県立姫路西高等学校卒業

大阪大学工学部卒業

大阪大学大学院修士課程修了

中川八洋特別ゼミ生

 

 大東亜戦争(日支戦争・対英米戦争の8年戦争)の真実

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第1回)

 

 

 Bill of Rights 1689 権利の章典(邦訳)

 

 SAMUEL SMILES, “CHARACTER” (一部邦訳)

  

 MARGARET THATCHER(回顧録等一部引用)

 

 

 同上

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第2回)

 

 

 同上

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第3回)

 

 

 同上

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第4回)

 

 

 同上

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第5回最終回)

 

 

 同上

近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(補足の回)