文遊吟社 大会参加報告    戻る

第34回 句碑まつり川柳大会 主催 川柳くろがね吟社
平成18年 5月21日 参加者        81名   
課題「気くばり」 冨永 沙智子 選
平抜き       気くばりの棒が一本母にある 八灯 
課題「 愛  」 西崎 久美子 選
平抜き       涸れず溢れずこんこんと湧く母の愛 はるえ
課題「 溶ける 」 佐藤 夏虫  選
      全      没
課題「 五月 」 深掘 正平  選
平抜き       艶やかなる牡丹五月の陽に媚びる 一市
課題「 広い 」 佐々木よしお 選
平抜き       嫁がせて部屋の広さを持てあます はるえ
      平抜き       懐が広く交際費が嵩む はるえ
課題「  指 」 古谷 龍太郎 選
平抜き       空いっぱい指で描いた夢がある 修二

  ・・ 秀   句  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

課題「気くばり」 気くばりの極み二色のボールペン 藤本久美子
課題「 愛  」 一滴の愛がコップの水揺らす 安武 秀月
課題「 溶ける 」 流氷が溶け合う春の手招きで 鷹野 青鳥
課題「 五月 」 風五月古書の匂いを開け放つ 井手 典生
課題「 広い 」 タワーから見る東京の中の江戸 鷹野 青鳥
課題「  指 」 いっぽんの指が叛いていた握手 布谷 ゆずる
 一言二言
     二色ボールペンの気くばりより、シャーボの気くばり・三色ボールペンの気配りがすごいのでは?
     一滴の愛がア〜ア揺れている揺れている。本当に揺れている。
     春ですね〜手招きで、旅にでも出ようかと、つい続けそうになるね〜
     お天気の良い日の虫干しか、臭ってきそうな感じだな〜
     東京は広いがその中の江戸が、どうも引っかかる。 狭さを感じることも不思議な句だ
     わかるな〜心全てを許せない、表面的な握手がある。
                                                感想  可福     

はるえ   一市

  八灯


締め切り 五分前


討論会は、中八の是非および
差別用語について討論された。


 
レインボ^プラザ 地下一階
 2006.5.21
主催 川柳くろがね吟社