近江 横山城



ファイルNo0816

小谷城攻略の拠点となった城

                            南城側郭と竪堀

@ よこやまじょう 
  別名  −−−−−

A住所:長浜市石田町
B目標地点:
C形式:山城  D比高:200m 
E現況:山林

F遺構等:土塁・堀・碑・説明板
G時代/人物: 室町期/京極氏?
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  40分

J撮影・訪問時期:2004年04月

  

道案内  

北陸高速道長浜インタを下り、県道37号線を東に進みます。3Km先の東上坂の信号で右折し、県道243号線を進みます。1.6Km先の石田町内のT字交差点(十字路ですが、直進は路地のためT字に見えます。)を左折し、県道509号線を進みます。左折して1Km先の左手に横山城(石田山公園)の駐車場がありますので、そこより登りますと南城に至ります。(または、T字を左折して200m左に日吉神社があり、ここより登ると北城に至りますが、日吉神社近くには駐車場がありません。)
 
訪城コメント
北城主郭

この日は日吉神社より登りました。尾根まで登り進みますと城域には「土塁」・「堀切」などの案内板が設置されています。北城は土塁も低く、堀切も浅く遺構が不鮮明になっているように感じます。ただ、主郭からの眺望は気持ちがよく、東に伊吹山あるいは長比城・上平寺城(苅安城)を望み、北側は姉川、遠くには小谷城が望めます。北城からいったん下り、南側尾根を進むとL字の大きな竪堀があり、そこより今でも切岸が鋭い南城主要部に至ります。主要部は神社になっていますが、井戸など残り、主郭南側の堀切も明瞭で、北城より遺構がはっきりしています。最初北城が作られ、姉川の合戦以降に南城が拡張され、一城別郭の構成になったのではないかと思えます。南城の南側に降りていくと県道に出ました。正味2時間くらいの山歩きでしょうか

    
歴史

横山城は長浜市の東側、横山丘陵(臥竜山がりゅう)の最高所(標高312m)を中心に三方の尾根をY字状に配されています。四十ケ所以上の郭からなり、いたりところに土塁・堀切・竪堀などの防御施設が設けられております。築城時期は定かではありませんが、当初は京極氏の支城として築かれたと考えらます。その後、浅井氏と六角氏との対立激化にともない、それぞれの前線基地として争奪が行われ、浅井氏の勢力拡大したことにより、浅井氏の南進基地として役割を果たしました。この城が表舞台に登場したのは元亀元年(1570年)の姉川の合戦とそれ以降の織田氏と浅井氏の攻防においてです。姉川の合戦時は浅井氏の家臣の三田村氏が守備していましたが、合戦後は、織田氏の前線基地となり、木下秀吉(豊臣秀吉)が守将として、浅井氏滅亡の天正元年(1573年)までの三年間を守り通しました。 <現地案内板より>


南城郭切岸                   北城の土塁

北城の二重堀切

  
南城の堀切           南城の竪堀

近くの城・関連の城:長浜城 石田館 上坂城 三田村城 小谷城