昭和名力士


home><データについて><平成><昭和top現役

昭和の三役 壱(戦後〜栃若)

横1

横2 横3 横4 大1 大2 大3 大4 三1 三2 三3

時津山 出羽錦 北ノ洋 玉乃海 房錦
安念山(羽黒山)
若三杉(大豪)  信夫山 鶴ヶ嶺


 

   時津山   関脇   <左四つ寄り・吊り> 時津風  182/135
C10 C11 吊り 4b

左掬い投げ3b

右上手投げ3c

吊り寄り3d

左四つ寄り3d

突き落とし3c

左ハズ押し3d

櫓投げ  3c

横吊り  3c

引き付け3b

モロ手突き2c

左腕返し2c

割り出し2d

いなし 2d

大逆手 2d

 

 

<立合>

ぶちかまし3a

左差し 2d

左ハズ押し3c

左おっつけ3b

モロハズ 2d

 

頭b 肩b

胸c手d変化e

<技・体>

腰高

懐深い

まわりこみ

左膝痛

 

<心>

ムラッ気

強引

チャンス×

上位キラー

晩成型

B12 D08
D09 C11
D09 C10
C10 D09

 関脇時津山 長身を利して、左四つで振り回す力強い取り口で活躍。

上位を苦しめたが取りこぼしもあり、大勝も大敗も多いなど成績が不安定で、惜しくも大関取りはならなかった。

NHK放送開始の28年夏場所、平幕ながら全勝優勝を飾っている。

30年にも優勝決定戦に進出、爆発力のある強豪力士だった。


 

   出羽錦   関脇  <左差し寄り・極め> 出羽海  181/145
C10 D09 左下手投げ4b

前褌寄り 3c

突っ張り  2c

極め   3c

モロ差寄り2d

下手出投げ2d

左差し寄り2c

小手投げ 2d

閂  3c

引っ掛け  3c

とったり  2c

打っ棄り  2d

首投げ   2d

切り返し2d

突き落とし2c

たぐり  2c

<立合>

ぶちかまし2b

前褌  2c

左差し 2c

抱え込み2c

張差し 2d

猫だまし1e

頭a 肩b

胸e手d変化e

<技・体>

前傾○

まわりこみ

体質柔軟

左半身

左膝痛

 

<心>

千両役者

慎重

策士

幻惑

多彩

晩成型

D09 E07
E06 D09
C10 D09
D08 C10

 関脇出羽錦 三賞第一号力士。個性はとして息長く幕内で活躍した。

長い相撲が多く、若乃花とは三度引き分け

奇策も見せてファンを湧かせた「土俵の千両役者」


home><データについて><平成><昭和top

昭和の三役 壱(戦後〜栃若)

横1

横2 横3 横4 大1 大2 大3 大4 三1 三2 三3

時津山 出羽錦 北ノ洋 玉乃海 房錦  安念山(羽黒山) 若三杉(大豪)  信夫山 鶴ヶ嶺


 

   北の洋   関脇  <左差し寄り> 立浪  180/120
E07 C11 左差し寄り4b

前褌寄り 3b

右おっつけ3c

右ハズ押し3d

モロ差寄り2d

左下手投げ2d

がぶり寄り2d

網打ち 3b

櫓投げ 3b

左突き付け2c

うっちゃり3c

まわし切り2d

引きつけ  3b

外掛け 2d

左前褌寄り3c

渡し込み  1d

出し投げ 3c

<立合>

左差し 2b

モロ差し2d

出し投げ3d

とったり2e

はたき 2e

頭c 肩b

胸d手d変化d

<技・体>

白い稲妻

土俵際

横攻め

 

<心>

上位キラ-

立合い○

円熟

晩成型

C10 D09
B12 D09
D09 C11
D09 D08

 関脇北の洋 「白い稲妻」の異名を取った左差し右おっつけの出足早速攻で上位を苦しめた。

三役在位は短かったが、その分金星10個のキラーぶりが光る。

一気の攻めあり、土俵際のしぶとさありで、「伊之助事件」ほか縺れる相撲が多かったことでも有名だ。


 

   玉乃海   関脇  <右四つ寄り・投げ> 二所ノ関  181/120
E07 D09 左上手投げ4b

投げ 3b

右腕返し3c

右掬い投げ3d

呼び戻し2d

右しぼり 2d

おっつけ 2d

吊り   3b

網打ち 3b

切り返し2c

腰投げ 3d

引きつけ  3b

極め  3b

突き落とし3c

渡しこみ  1d

外掛け  2c

<立合>

右差し 3a

カチ上げ2d

モロ手突き3c

抱え込み3b

右おっつけ2c

頭d 肩a

胸c手c変化e

<技・体>

調整×

上手相撲

ワキ甘い

 

<心>

荒法師

逆境○

晩成型

B12 D08
D09 C11
D09 D08
D09 D09

 関脇玉乃海 戦争を挟んだ長いブランクを克服。波乱万丈の土俵人生をおくった荒法師

右四つ左上手から投げ飛ばす豪快な取り口。

地元九州初の本場所は休場明け、引退覚悟で金色廻しで臨んだが、平幕全勝優勝を飾った。

打倒栃錦に闘志を燃やし、大きな相撲で名人横綱を最も苦しめた。


home><データについて><平成><昭和top

昭和の三役 壱(戦後〜栃若)

横1

横2 横3 横4 大1 大2 大3 大4 三1 三2 三3

時津山 出羽錦 北ノ洋 玉乃海 房錦   安念山(羽黒山) 若三杉(大豪)  信夫山 鶴ヶ嶺


   房 錦   関脇  <右差し寄り・突っ張り> 若松  176/118
E06 C10 右差し寄り3b

もろハズ 4b

突っ張り  3c

突き落とし3d

モロ差寄り2d

左おっつけ3d

いなし  2d

ぶちかまし3b

右突き付け3b

のど輪  2c

上突っ張り3c

右腕返し  2d

<立合>

ぶちかまし4a

ハズ押し 2d

右差し 3c

モロ差し3b

突き落とし2d

頭a 肩d

胸e手c変化d

<技・体>

重心低い

上体柔軟

出足

差し身

弾丸

敏捷

腰痛

<心>

速攻

早熟型

人気

D08 C10
B12 E06
D09 D08
D09 E06

関脇房錦 小兵ながら鋭い出足は「褐色の弾丸」と評された。

異名どおりの速攻で柏鵬キラーとも呼ばれる。

父が三役格行司ということでも話題に。


 

   安念山   関脇  <左四つ寄り・吊り> 立浪  184/100
E07 C10 左下手投げ4b

突き落とし3b

左腕返し 3c

出し投げ3c

左前褌寄り2d

拝み寄り3c

突っ張り2d

のどわ 3b

左掬い投げ2c

櫓投げ  2d

浴びせ倒し2c

いなし  3d

はたき  2b

モロ差寄り2d

網打ち 3d

右おっつけ2b

<立合>

ぶちかまし3a

前褌  2d

左差し 3c

はたき 3b

モロ差し2c

頭a 肩d

胸d手d変化d

<技・体>

左半身

土俵際

まわりこみ

粘り腰

腰痛

 

<心>

上位キラ-

慎重

D09 D08
D09 B12
C11 C10
C10 C10

 関脇安念山 関脇に14場所在位した名力士。のち羽黒山、立浪部屋を継ぐ。

左を差してのしぶとい相撲。土俵際の逆転技も豊富。

やはり優勝が光る


home><データについて><平成><昭和top

昭和の三役 壱(戦後〜栃若)

横1

横2 横3 横4 大1 大2 大3 大4 三1 三2 三3

時津山 出羽錦 北ノ洋 玉乃海 房錦   安念山(羽黒山) 若三杉(大豪)  信夫山 鶴ヶ嶺


 

   若三杉   関脇  <左四つ寄り投げ・突っ張り> 花籠  188/135
C10 C11 左四つ寄り3b

右上手投げ3b

のどわ  3b

突っ張り3b

モロ手突き2d

下手投げ 2d

外掛け  2d

小手投げ 2c

首捻り 2d

巻き替え  1c

浴びせ倒し2c

モロ差寄り1d

引きつけ  2c

極め  2b

突き落とし3d

<立合>

モロ手突き3b

前褌  2c

左差し 2c

引張り込み3c

右上手 1c

頭c 肩b

胸d手b変化e

<技・体>

リーチ○

懐深い

肩腰上手

万歳三杉

立ち腰

体質柔軟

体入替え

<心>

土俵際

人気

勝身遅い

強引

番付運×

 

D08 C10
E07 C10
E06 C10
D08 C10

 関脇若三杉改め大豪 スケールの大きな相撲で7場所連続関脇を務めた。

突っ張って左四つが型。ワキは甘いが長身を利しての大きな技が魅力で、小兵横綱栃ノ海からは5金星。

栃錦引退で不戦勝を得た35年5月、花籠部屋3力士のV争いを制して平幕優勝している。


 

   信夫山   関脇  <モロ差し寄り> 小野川  177/110
F05 C11 モロ差寄り5b

前褌寄り 3b

拝み寄り  3c

吊り寄り3d

腕返し 2d

外掛け 2d

下手投げ3b

掬い投げ3c

たぐり 3b

はねあげ3b

巻き替え  2c

突き落とし3c

渡し込み 1d

浴びせ倒し2d

いなし 2c

内掛け 2d

吊り 3c

打っちゃり2d

<立合>

モロ差し4a

体当たり2d

ぶちかまし2d

張り差し2d 

 

頭c 肩c

胸b手d変化e

<技・体>

前捌き

差し身

出足

すり足○

上体柔軟

重心低い

腰痛

<心>

人気

研究熱心

パフォ-マ-

番付運×

上位キラ-

E06 E07
B12 E07
B12 C10
C10 D09

 リャンコの信夫、モロ差し速攻で技能賞6回。

5人の横綱から7個の金星、30年代前半の土俵を掻き回した。

モンローウォークなど特徴的な土俵の仕草でも人気


home><データについて><平成><昭和top

昭和の三役 壱(戦後〜栃若)

横1

横2 横3 横4 大1 大2 大3 大4 三1 三2 三3

時津山 出羽錦 北ノ洋 玉乃海 房錦   安念山(羽黒山) 若三杉(大豪)  信夫山 鶴ヶ嶺


 

   鶴 ヶ 嶺   関脇  <モロ差し・右四つ寄り> 井筒  177/114
E06 C11 モロ差寄り5b

巻き替え 5b

がぶり寄り3c

左上手投げ3d

突っ張り2d

吊り寄り 2d

外掛け 3c

腕返し 4b

まわし切り3c

浴びせ倒し3b

二枚蹴り 2c

ひねり  3c

蹴返し  2d

おっつけ2d

吊り  3c

<立合>

左差し 4a

モロ差し2d

モロ手突き2c

もぐり 3d

張差し 2c

頭c 肩b

胸d手b変化e

<技・体>

差し身

もぐり

四角い双差

体質硬い

前傾

重心低い

 

<心>

上位キラ-

ツラ相撲

攻撃相撲

晩成型

E07 D08
C11 D09
B13 D09
C11 D09

 関脇鶴ヶ嶺 モロ差し名人、師匠としても井筒3兄弟ほか技能派を育成

ヒジをしっかり張ったモロ差しの型は、「四角いモロ差し」と形容された。

31年には優勝同点、足かけ15年幕内で活躍し技能賞10回。


home><データについて><平成><昭和top

昭和の三役 壱(戦後〜栃若)

横1

横2 横3 横4 大1 大2 大3 大4 三1 三2 三3

時津山 出羽錦 北ノ洋 玉乃海 房錦   安念山(羽黒山) 若三杉(大豪)  信夫山 鶴ヶ嶺