Tetsuji Oishi

 

 

《リンク》

  

 

 

 

 大石 哲司のページへようこそ

  ごあいさつ

 

  

 キャッチフレーズは『地域共創』です! 

 

 〜共に創る 元気な静岡〜 をキャッチフレーズに

 元気な浜松&元気な静岡を創っていくために

 何をしなければならないのか、一緒に考えて行動して

 いきましょう。

 

 

 

 

 

 地域の皆さん、こんにちは。

 日頃から多大なるご支援・ご協力を賜り、

 厚くお礼申し上げます。

 

  「少子高齢化」と言われて久しくなりますが、最近の

 キーワードは「人口減少社会」。

 静岡県の転出超過が6,892人、全国で2番目に転出

 人口が多い都道府県になっています。

 政令都市(20市)を見ても、転出超過により人口が

 減少しているのは4市ですが、その内2市は本県です。

 (静岡△775人・浜松△411人)

 

  むかし、駿府(今の静岡市)は4大都市の一つで、

 江戸や京都、大阪と並ぶ人口を誇っていました。

 それから400年後の今、3都市から大きく引き離されて

 寂しいと思いませんか?

 

  人口が減少している地域は、どうしても活力低下して、

 地域の元気が無くなってしまいます。

 

  大石は、“ふじのくに”が持っている自然、歴史、文化、

 産業集積などの潜在的魅力を活用して、元気な地域

 づくりに積極的に取り組んでまいります。

 

 

 【ふじの会】

 から、山本貴史氏(袋井・周智郡)、中澤通訓氏(静岡市清水区)、

 川勝平太県知事をはさんで大石哲司(以上3人が富士の会)

 

 【ふじのくに県民クラブ】

 大石を含めた「富士の会」の構成メンバー3人は、平成27年12月1日に

 発足した新会派『ふじのくに県民クラブ』(20人で構成)へ参加しました。

 

 大石は、政党や主義主張を問わず、老若男女の

 分け隔てなく、東区全体のより多くの皆さんの

 ご意見に耳を傾けていく思いは変わりません。

 

 したがいまして、「地域の皆さんと力を合わせて、

 元気な浜松(静岡)を創っていこう!」を意味する、

 『地域共創』のキャッチフレーズもそのままです。

 どうぞ、ご安心ください。

 

 

 皆様におかれましては、今後とも変わらぬご指導、

 ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

 大石は、県や市に対する要望、苦情、

 質問等の相談に積極的に

 対応させていただきます。

 

 そして、『地域共創』、一緒に元気な静岡

 (浜松)を創っていこうではありませんか。 

 

 

 

大石 哲司事務所

 

  〒431−3114  静岡県浜松市東区積志町496−1
  電話:053−432−5200  FAX:053−432−5201