miharuPCは重要なファイルの持ち出しを監視します

miharuPCとは、主記憶に常駐して、重要な文書の持ち出しを監視するソフトです。

ファイル単位の監視だけでなく、コピー貼り付けによる持ち出しも監視します。

監視にかかった操作は、監視サーバに通知します。

例えば、重要なExclファイルを開き名前を変えて保存し、保存したファイルをWordファイルへコピー貼り付けを行い、そのWordファイルをzipファイルに格納して、そのzipファイルをSDカードにコピーしたとします。

それらの操作をサーバに通知できます。

 

miharuPCは、機密情報の漏洩を検知することを目的にしていますが、漏洩を未然に防ぐ処理は持っていません、その名のとうり見張るだけです。

クライアント上では静かな存在で有る事を意識しています。

 

MiharuPCの作りに関する情報はブログに逐次あげています

2017/02/18 「MiharuPCのクリップボード監視方法」をブログに書きました

2017/02/26 「Excelから文字を抽出する方法」をブログに書きました

2017/04/94 「Wordから文字を抽出する方法」をブログに書きました

2017/3/11 「機密情報ファイルの名前を付けて保存を監視 」をブログに書きました

2017/4/1 MicrosoftPowerPointに対応しました


OSはWindows7、Windows10で動作確認しています。
・NETはバージョン4.5でビルドしました。
サーバを動かすのにPython3が必要です、Python2版は目下デバック中です。

評価版はこちら

実行形式はこちら

ソース一式はこちら

サーバは、Windows版とLinux(※1)が有ります。

評価版はMiharuPCを体感する為に有ります、サーバの必要は有りません。

※1 Ubuntuでデバックしました、他のディストリビューションは未確認です


どのファイルを監視する

 重要と指定されたファイルを監視対象にします

どんな動作を監視する

 持ち出そうとする動作や変更を監視します

監視対象の拡張

 重要と指定されたファイルから作られたファイルも監視します

曖昧比較

 重要と指定されたファイルからの引用も監視します。引用については文章の揺らぎ(ですます調をである調に変えるなど)にも対応します。

ライセンスについて

フリーソフトとします

制限事項もしくは未実装

 MS Officeで作ったドキュメントを対象にしています

どんな人が作ったか