*Doris Lessing*

last updated: 26 April 2017

ドリス・レッシング

生没1919.10.22 - 2013.11.17 (大正8年、未年生まれ)
家族両親ともにイングランド人。農業をするため、1925年にベルシャ(現イラン)から南ローデシア(現ジンバブエ)へ一家で移住。その後、約25年間をアフリカの地で暮らす。
M.スパークも1944年までの数年間を南ローデシアで過ごした)
教育13歳で女子高を中退後は独学。
仕事15歳で家を離れ、メイドとして働く。そこで政治や社会学の本を読み、執筆を始める。
結婚19歳の時、Frank Wisdomと結婚し、子ども2人を出産するが1943年に離婚。1945年、Left Book Clubで知り合ったGottfried Lessingと再婚し、息子を出産、1949年離婚。
作家として1949年、息子を連れてイギリスへ渡り、翌年デビュー作を発表。再び、南アフリカを訪れるのは46年後。
1980年代、出版界における知名度の重要性を試すため、Jane Somersという別名で小説を投稿したが、出版社に断られた。
受賞2001年、David Cohen Prize(1997年、M.スパークも受賞)。2007年ノーベル文学賞(歴代最高齢)。2008年、タイムズ誌の「戦後の偉大な英国人作家50人」で5番目にランクイン。

 

Novels +++

 

Collections +++

 

Others +++

 

Critics +++
レッシングほかボウエンスパークなどの視点を追う 新しい女の帰還−ドリス・レッシング『黄昏の夏』 ほか
戦士の住処 レッシングのヘティ/姦淫と禁欲 ギャスケル夫人のルースからドラブルのロザマンドへ ほか 青春の敗北―レッシング『マーサ・クウェスト』/〈待つ〉藻の海の航海者―オースティン『自負と偏見』 ほか
差別の行き着く果てはどこに―レッシング『草は歌っている』
破壊と創造―レッシング『黄金のノート』 ジェインの感情教育−レッシング『ジェイン・ソマーズの日記』
ドリス・レッシングの戦略-『黄金のノート』における読むこと、書くこと、感情
ドリス・レッシング自伝 ドリス・レッシングの声-分裂する世界に向けて