Easter


春は生命誕生の季節。
長かった冬を経て、活気づく春の訪れのお祝いです。

● 現在のイースター ●

イースターは3月22日〜4月25日の間の最初の満月のすぐ後の日曜日にお祝いされます。
卵の殻にパステル色に色つけをしたり、プラスチック製の卵の中に小さなおもちゃや
キャンディーなどを入れたものを 庭の芝生の中に隠し、イースターの日曜日の朝、
子供達ははしゃぎながらエッグハント(卵狩り)を楽しみます。
春の訪れをお祝いするイベントです。

● イースターの歴史 ●

古代サクソン人達は子孫と春の女神、Eastreを祝い大騒ぎをして春がやって来るのをお祝いしました。
2世紀に入り、キリスト教宣教師達がこの祭を見、 キリスト教に取り入れるようになりました。
キリスト教でいうイエス・キリストの復活祭とこの Eastreの祭が時期的に同じ頃祝われることから、
このしきたりをキリスト教に取り入れていくのにはとても便利だったようです。

● イースターバニー ●

イースターうさぎは元々のお祭りの女神、 Eastreのシンボル、 うさぎからきています。
うさぎは子孫繁栄のシンボルとも言われています。
このイースターバニーのシンボルはアメリカへはドイツ移民によって広められまし た。
イースターの頃になると大型デパートでは着ぐるみを着たイースターバニーと記念撮影ができます。

● うさぎケーキの作り方 ●

1. 丸型のスポンジケーキを二つ用意します。
2. 片方のケーキを上図の様に包丁で切る。
水色の部分が耳、白色の部分が蝶ネクタイの部分になります。
3. ケーキをうさぎの形に並べ、ホイップクリームを塗る。
4. ココナツフレークを顔と耳に振りかける。
5. 目や鼻をキャンディーで飾る。

● 色付け卵の作り方 ●
1. 酢を入れた水で硬ゆで卵を作ります。
酢は卵の殻の部分をきれいにします。
2. 小さなボールに好みの色の食紅をたらし熱いお湯を卵がかぶるくらい入れる。
3. 写真の様にスプーンで色水をすくい卵の上に何回もかける。
*卵をお湯の中で転がしながら。。

食紅で色付けされた卵は写真左、こんな感じです。
お店ではいろんな卵の色付けキットを買うことができますが、
べとべとしたり面倒だったり、染料が有害なものだったりすることがあります。
我が家ではいろいろ試してみたものの・・・
安心な食紅で淡いパステル色に色付けるすのがお気に入り。
赤、青、黄、緑、オレンジ、紫 が我が家の定番色。




HOME / BACK