Who is the Members of Murachan Band ?

Top AboutUs Members Live Diary BBS Links Songs Last update 2007/12/30

MurachanBandの構成員 〜Members of Murachan Band

ペイジM


ジミーペイジを愛し、リッチーブラックモアを愛し、何よりもギターそのものを愛する。
ルックスはそのまま70年代ハードロックだが、
表現の幅は広く、ハードロックはもちろん、昭和歌謡、ベンチャーズ、寺内タケシ、Charにいたるまで
ありとあらゆる音をその指先から弾き出す。

GcupハンターW


ベースに命を懸けるあまり、気がつくと「彼女って何?ガールフレンドって何?」くらいに女子の存在を忘れてしまった男。
カスタムベースを持ち、見る人見る人に「弦が一本多いんじゃない?なにコレ、ギター?」とか言われるが、説明などしない。
巨乳ハンターとしての自らの使命も忘れることはないが、彼の網にかかる巨乳はいまだその例を見ない。
しかしながらフュージョンバンドで鍛えたその指は、あくまでも正確にバンドを支え続けるのだ。

マスターKM


兄の影響で音楽の道にはまり、いつしかその兄を乗り越えた男。
ヘッドセットマイクを購入し、ドラムを叩きながら歌うその姿はさながらCCB。
ゲームを教えた息子にはすでにゲームではかなわなくなっているが、それでも彼はドラムを叩く。
得意技はメンバーの楽器コンバート、メンバーに2週間で曲を耳コピで3曲仕上げろと命令することだ。

兄者YM


自ら作詞・作曲もこなし、あらゆる楽器をそこそここなせる自称マルチプレーヤーでシンガーソングライター。
しかしながら彼の曲を聴いたことのあるものは国内でも数人しかいない。
その理由が、彼の得意技が人見知りで、趣味が一人上手だからであることはいうまでも無い。
好きな曲しか練習しないため、何ヶ月も同じところでつっかえるのがチャームポイントだ。

イケメンM


その甘いマスクと甘い歌声で世界中の女性を虜にするが、愛を捧げるのは妻ただ一人だ。
酒を飲む。一晩中でも飲み続ける。明け方に酔いつぶれたとしても、息子との約束のために起き上がる、そんな男だ。
しかしながら練習となるとギターのチューニングがずれていてもOKだ。練習で音程をはずしても本番では絶対にはずさない。
得意技は、最近長男のくせに実家の静岡ではなく横浜に家を建てたことだ。ほっとけっつーの。

歌姫M


第二回のライブから新規加入。童顔ゆえに兄者の娘に同い年と思われた逸話の持ち主だ。
しかしながらいったん歌いだすと聴衆は自分の理想の歌姫(年齢不詳)を脳裏に浮かべることになる。
得意技は中森明菜、山口百恵だ。それだけではなく、リアルタイムでない昭和の歌謡曲を知ってることこの上ない。
イケメンMとのツインボーカルで、村ちゃんバンドの可能性を高度一万メートルまで高めた感満載だ。

ブラスI


以前行われた都筑のステージから参加したキーボード奏者だ。
なんと歌姫Mと中学の吹奏楽部で同級生だったという秘密の過去を持つ。専門はクラリネットだ。
歌姫Mはすぐに吹奏楽をやめ、Iはそのまま続けた結果、今も楽団に所属している。
歩む道は違えど、音楽とは離れることのできなかった二人の運命を(以下略
音の幅がまた広がった!

まだ見ぬ誰か


「兄者Mのキーボードは聞いちゃいられねえ、自分が弾いてやるよ!」
「ギタリストMもうまいけど、俺もけっこううまいぜ!」
「イケメンMさんとハモリたいんですけど!」
「Gcupハンターさん、H cupでもいいかしら?」
「一番近い吉野家どこですか?」
などと言う方々、掲示板にカキコしてくれてもいいぞ!

△TOP