Mic-Pre Technical Study & Information マイク・プリ技術情報
接続

バランス(平衡)接続 業務用マイクロフォンの接続の基本は平衡(Balanced)接続である。平衡接続の場合は、一部の例外を除いて、3つの端子を持ったキャノン(ITT Cannon)または3つの端子を持った1/4インチTRSプラグを使う。

3つの端子のうち2つはオーディオ信号の伝送に使い、残りの1つはアースである。アースはケーブルや機器の筐体のシールドに繋いで信号経路を外部からのノイズから守ってくれる。ピン接続および意味はそれぞれ以下のとおり。なお、レコーディングの世界では元々は「3番HOT」だった(らしい)が、最近はPAと同じく「2番HOT」に統一されてきている。

- レコーディング PA 放送
キャノン 3番ピン HOT(+)→COLD(−) COLD(−) HOT(+)
2番ピン COLD(−)→HOT(+) HOT(+) COLD(−)
1番ピン Ground(E) Ground(E) Ground(E)
入力側 メス メス オス
出力側 オス オス メス

推測するに、大昔はレコーディングも放送も特注に近い機材を据え付けて使用していた。今のように、?Uサイズで標準化されたさまざまな機材が自由に購入できたわけではなかった。だから、スタジオごとにローカルな接続ルールがあってもなんとかなった。しかし、現代ではレコーディング、PAを区別することなくSSLやDigidesign、Focusriteといった機材が入り乱れて使用されるので、接続ルールがある程度統一されていないと困ってしまう。レコーディング用のFocusriteとPA用のFocusriteとが別個に売られる、なんていう愚はかんべんである。

Back to Menu