設置店
ASTRO BOWL



〒395−0032長野県飯田市主税町20番地   
TEL 0120−68−4611 
FAX0265−53−0849

初めて来店されるお客様は下記文を参照してください。地図が欲しい場合はお電話ください。
FAXにて送付させていただきます。


飯田インターより車で15分

インター手前(左折)2つ目の信号機を(左折) そのまま走ると、下りになります
平安閣を過ぎると、T路の信号機を(右折) 市役所が右側にあります(信号機4つ目)
「通り町2・3丁目信号機」(右折)中央分離帯がある道路です
そのまま真っすぐ走ると突き当りが、合同庁舎になります 合同庁舎の左手前に「アストロボウル」があります

飯田駅からは
駅前を真っすぐ東に向かって下ってきてください
中央交差点(スクランブル交差点)を右折し、直ぐ信号機が続きます
2つ目の信号機「銀座3・4丁目信号機」を(左折)し約100m左側がアストロボウル

バンパーレーン
ガターにボウルが落ちないNOガターレーン
バンパーレーン 12レーン完備
小さなお子様でも楽しくボウリングが出来ます

お子様若しくはお年寄りの方など、受付で登録すれば
お子様の投球時のみ、バンジーロープが出ます
自動バンジーレーン(6レーン)
光るバンパーレーンは特にお子様に大人気(6レーン)
(無料でご使用いただけます)
BOWLING RAMP
身障者用補助器具 (2台完備)
身障者の方々にもお気軽にボウリングを楽しんでいただきたい
そんな願いをバックアップする投球補助器具です。

小さなお子様でも、簡単にご使用出来ます

ボールを乗せて、レバーを引けば、後はボールが転がり落ち
ピンを倒してくれます。

(無料でご使用いただけます)

ボウリング/料金案内

(全て税込み料金です)  貸し靴料金  300円/高校生以下 100円

区分 料金
一般 520円
大学・専門学生 400円
高校生 350円
中学生以下(ジュニア) 300円
会員 400円

日曜日(早朝ボウル) am8:00〜am10:00

日曜早朝ボウル
一般/大学生/会員 300円
高校生 250円
中学生以下(ジュニア) 200円

営業時間のご案内  【年中無休】

営業時間 OPEN CLOSE
月曜日〜金曜日 10:00 24:00
土曜日 9:00 26:00
日曜日 8:00 24:00

※受付け終了時間は、閉店1時間前です。

GW&お盆期間&年末年始は、時間延長あり!  12月31日はオールナイト営業



【その他 関連企業様割引及び特典】


信南・友の会 会員  ・SGカード(信南グループ社員証)提示してください
貸し靴 100円  ゲーム料会員価格(400円)にてプレイ出来ます。

日本生命会員
(ニッセイ)カード掲示で  貸し靴 100円になります。

飯田勤労者共済カード
ゲーム料の割引 1ゲーム 450円 貸し靴100円

飯田市勤労者青少年ホーム
2ゲーム以上ボウリングをされた場合「1ゲーム割引」になります

フレンドネット信州会員
50歳からのボウリングクラブ(無料にて会員カードをお配りしております)
平日 朝10時〜夕方5時までの来店の利用料金が割引になります。
ゲーム料金  350円
入会方法:長野県ボウリング場協会加盟センターで入会できます。
資格:50歳以上に方ならどなた様でもご入会できます。
会費:入会金及び年会費無料です。
会員証:会員証の発行はフロント受付にて配布しております。お気軽にお尋ねください。
(会員証はトリムカードを兼ねております)10ポイント貯まるとダブルチャンス特典があります。
詳しくは、入会の際、フロントスタッフが説明をいたします。

コンピュータシステム(最新のWith AL)を設置
2,009年 1月30日 リニューアル
操作性も楽で、初めての方でも簡単に操作できます
安心をお届けします
心停止後、1分除細動が遅れるごとに7%〜10%救命率が減少すると言われる。脳障害を起こさずに救命するためには、心室細動に対して心停止後5分以内にAEDによる早期除細動を行うことが必要である。もし、AEDが身近にない場合には、AEDが到着するまで心肺蘇生法を行うことにより、除細動が8分以内であれば救命率50%を期待することができる。

 AEDが認識する心室細動の波形は、心室細動発症から4分以内に見られる波形であるので脳虚血状態が4分以内あれば、除細動により心拍が再開し、それにより血液循環が再開されれば、致命的な脳障害が防げることを意味する。

 心停止後すぐさま心肺蘇生法を行って、脳と心臓にわずかでも血液を循環させておけば、脳細胞の障害を遅らすことができ。AEDが除細動を認識した場合には、心停止後の経過時間にかかわらず、除細動が可能であるばかりでなく、脳循環は維持されている証でもあり、脳蘇生も期待できる。
■AEDとは
 AEDとは、Automated External Defibrillator(「自動体外式除細動器」)の頭文字を並べたものであり、臨床的評価によって、除細動器としての安全性と有効性が確認された器械である。器械の電源を入れると、器械から音声で操作手順、方法が指示され、救助者はそれに従った取り扱いを行うことにより、除細動を実施することができる。また、器械自体がセルフチェック機能を有し、電源(バッテリー)も約5年間の寿命となっている。

 救助者は傷病者の胸に電極パッドを装着し、音声指示に従って器械を取り扱うだけで、心電図読解をはじめとする医学的知識がなくても、器械が自動的に除細動の適応か否かを判断してくれる。つまり、救助者は、器械が除細動の指示を出した時のみ、通電のボタンを押せば良い仕組みになっている。

 AEDはコンピュータ化され、精巧で操作しやすい器械であることから、欧米では多数の公共施設に設置され、訓練を受けた市民による除細動が成功している。(ただし、現状でAED適応と認められる対象は、8歳以上または体重が25kg以上の者とされている。)




詳しくは、お電話(0120−68−4611)でご確認ください