ボーイスカウト摂津第3団の保護者の声



※Facebook(活動写真)
  アカウントお持ちの方は、
  「いいね」お願い致します。



なんでも問い合わせ下さい。
詳しくは、Q&Aを参照下さい。
    ボーイスカウトの制服に憧れて入りましたが、
   自立心や集団行動を学んで、良き社会人になりました。

    ボーイスカウトは他と同じく習い事とおもっていましたが、
   違いました。「教育」でした。一貫性教育で、年代に応じて、
   より良い青少年を育ててくれます。
   普段の生活で子供の成長が見れ、本当に感謝しています。

   子育てに悩んでいたのですが、色々な方と交流があり、
   先輩お母さんなど、色々な事を教えて頂き、
   私の悩みもなくなりました。

    国際交流ができ、社会に出る前から色々な交流、
   体験ができました。

    一人っ子は兄弟ができ、兄はお兄ちゃんができ、弟は弟ができ、
   それぞれ家の立場で学ばないことが学べてます。

    学校では習えない「見えない学力」をたくさん学び、
   家では自分から兄弟の面倒をみたり、
   掃除などをしてくれるようになりました。

    校区外の友達が出来たり、色々な年代の方との交流があり、
   良い体験をさせて頂いています。

    就職活動の中で「ボーイスカウトをしています。」と面接で伝えると
   好印象でした。

    地域にも団がありますが、体験活動に参加し活動状況を見たらわかりました!
   摂津第3団は家族のように親身で活動を行ってます。
   保護者が安心する団、子供が行きたいという団、
   だから、この団を選びました!この団でほんとよかった!

    カブ隊からは電話による連絡をするのですが、
   最近は携帯電話の普及により、
   電話の対応を知らないまま大人になる子供が多い中、
   受け答えの仕方を学び、現在も役に立っています。

    一人遊びが好きな子供でしたが、
   ボーイスカウトに入ってからは外でたくさんの友達が出来て、
   いきいきしています。

    ボーイ隊では進級に応じて面接があり、
   受験や就職活動をする前に面接を経験する事が出来てよかったです。
   また、子供の成長がこの面接で普段の生活で見れない子の姿が見れ、
   感動しました。子供たちも面接慣れしていきます。

    ボーイ隊に上がると、様々な専門技術の講習を受ける事ができ、
   就職の参考になりました。
   自転車技能の講習でパンク修理を習得し、
   家族の自転車修理をしてくれた時には、とても頼もしく思いました。
   また、救急章では、初期救助方法などを専門的に教えて頂き、
   将来この職種につく、つかないは別として、
   将来の仕事のきっかけ作りとなっています。


  など、いろいろとコメントをいただいております。