<精神域介入犯罪(BMI犯罪)ミニ知識>

◆はじめに◆

現実と加害による思い込みが交じり合い、支離滅裂な電磁波犯罪等の被害報告がとても多く存在しますが、ここは他の被害報告とは切り離して読んでいただくことを望みます。

被害者が集うようになってから十年以上が経ち、多くの断定ができるようになりました。
少しでも理解しやすいように纏めておきます。
因果関係のはっきりしない話はなるべく除外します。

「周囲に誰もいないのに声が聞こえる」というだけで精神の病気だとされてきましたが、それはもう見直されなければなりません。時代はとっくに進んでいるのです。
実際に被害者が「精神的な問題があるとは考えられない」と診断された例も複数報告されています。
「統合失調症の症状」を意図的に作ることは可能です。

はじめて読まれるかたにとっては大変信じがたい内容かと思いますが、どうか先入観を持たずに最後まで読んでいただきたいと思います。
精神疾患や妄想などではなく、皆さんのすぐ近くで事件が起きていることを分かっていただけるはずです。

なお幻聴や幻覚を訴える全てのかたが犯罪被害者であるとは考えておりません。

◆現実の被害◆

精神域介入犯罪とは。
いつもと変わらぬある日、突然自分だけに見知らぬ数名による勝手な怒声や脅迫、嘲笑が聞こえるようになり、それが一日中 昼も夜も連日続き、どこへ行っても途切れることがなくなるのです。

さらに今度は自宅にいても外出をしても、途切れることのない「声」と連動しながら身体に激痛を感じるようになります。
これは締め付けられ動けなくなるような頭痛、心臓をねじられるような痛み、鋭利なもので目を突き刺されるような痛み、全身に電流を流されたような感覚、身をよじるほどの強烈な吐き気など、今まで自分では経験したことのない感覚が、怒声と共に急に始まり急に止まるようになります。(体調とは関係なし)
睡眠を妨害され、安心できる居場所もなくなり、被害者はこれだけでも窮地に追い込まれます。

また外出をすると、周囲の見知らぬ人々がすれ違いざまに自分に対して怒声や嘲笑を浴びせたり、大勢の人々が入れ代わり立ち代わりしながら自分を尾行しているかのような錯覚に陥れられる日々が続きます。
同様に、隣近所の家から自分に対して怒声や嘲笑が聞こえてきたかのように錯覚をさせられたりすることもあります。

最初は本当に敵に囲まれてしまったのかと恐怖で追い詰められますが、検証をしてみると実際には何も起きてはいません。
加害が行われているのは、主に被害者の精神域です。
しかしこの重要な部分を理解できず、何年経過しても混乱から抜け出せない被害者が今でも大多数を占めています。

それだけではなくこの犯罪の一番のポイントは、送られてくる「声」によって自分の感覚や動き、そして見ているものすべてと、今考えていることまでもがリアルタイムでそっくりそのまま相手側に伝わっているのを知らされることです。

可能な限りの想像をしてください。
被害者になった途端にプライバシーは皆無となります。
人権侵害どころではなく、人間として最低限の尊厳までも弄ばれている前代未聞の凶悪犯罪、これが「精神域介入犯罪」なのです。

何のトラブルもなく、一社会人として真面目に生きている人をいきなりどん底へ叩き落とし、生死を彷徨う様子を複数で嘲笑するという狂気の犯罪です。
にもかかわらず、ありのままを話すと精神疾患の症状と区別が付かないために、さらに何重もの苦しみを抱えることになってしまうのです。
実際に自ら死を選ばざるを得なかった被害者も何名もいらっしゃいました。
本当に無念であったろうと思います。
個人の精神領域に介入するという、「人間」に対してこれ以上卑劣な殺人はありません。

非常に信じ難いことかもしれませんが、これは病気として説明できるものではありません。
この日本にも既に千数百名以上の被害者が確認されている事実を、どうか深く重く受け止めて下さい。

アメリカでは被害者はTI(ターゲティッド ・インディビジュアル)と呼ばれ、元州知事が中心となり被害の存在をクローズアップしています。
なかなか信じられないというかたは、この三本の動画も参考にしてください。
鉄塔利用など被害について捉え方の違いはありますが、「技術の存在が認められている」こと、そしてその技術は「既に国家のトップなどから離れ、下方の闇へと落ちて散らばってしまっている」という内容が語られています。

   陰謀論「脳侵略者」@
   陰謀論「脳侵略者」A
   陰謀論「脳侵略者」B (合計約45分)

私の話はこの続きということになります。
少なくとも日本の加害組織の尻尾ははっきりと見えています。
以下
には現実と結びつき、手掛かりとなる被害例を記しておきます。

◆知るはずのない「声」の内容◆

この犯罪が存在するということ、第三者による犯罪であると理解していただくために、重要な鍵となる項目です。
第三者が強制的に聞かせている「声」であると確信していただけたならば、次の段階として痛みや感覚、視覚や思考等、被害全般の詳細にも言及できるようになると考えています。

延々と聞かされる声の中には、時折自分の知るはずのない意味不明の会話が混じります。
一部だけですが具体的に記しておきます。

些細なことですが、ある日の夕方電車に乗っていたときに、「あっ地震だ。電車が止まるぞ。」という声を聞かされました。
走行中の電車内では全く揺れも停車もしませんでしたが、後日確かにその時間帯に東京都内で地震が記録されていたことを確認しました。

またある日、夜中に目を覚ますと同時に、「よーく聞け」」という男の声に続いて「ナンミョーホーレンゲーキョー(続きは記憶できず)」というお経を長々と聞かされました。
しかし我が家は神道であり、実家に縁のある浄土宗のお経は「ナムアミダブツ」であり、それも法事の時くらいしか聞いたことはありません。
全く知識のないお経を急に唱えられるようになることが、精神疾患ということで説明ができるはずがありません。

別の日には、身体への加害中に「メーザーもっと上げて!」と女の大声が聞こえましたが、メーザーとはマイクロ波を収束したものであることを後日調べて知りました。
年齢を重ねた主婦の日常で、メーザーなどという言葉を聞く機会は今までまったくありませんでした。

なお、お経の話とメーザーの話は、他の被害者のかたからも同様の報告を聞いたことがあります。

それから被害が開始されて間もない頃に、女の声で「ソウカをなめるんじゃないわよっ」と怒鳴られたことがあります。
実は被害者の中には、やはり被害が始まった頃に「私たちはソウカガッカイである」、または「私たちはソウカガッカイではない」という会話を一方的に聞かされた方々がいます。
私もその方々も、当時は宗教などには全く興味も知識もなく、創価学会という名前すらよく知らない状況だったのです。

全く別の地域に住む人々に対して、全く見識のない「創価学会」という団体名が選ばれて聞こえてくるような精神疾患があるでしょうか?
もしもあると言われるのであれば、ぜひ納得のいく説明をしていただきたいものです。

他にも、縁もゆかりもない土地の方言や、聞きなれない若者言葉。
そして某事件に関する真相や、知るはずのない個人名などを聞かされたことがあり、メモをしていました。
その中で現実と結びついたある体験を書いておきます。

あるとき関連知識として新刊の本を読んでいると、妨害する会話の合間にこそこそと誰かの名前を囁く声が聞こえたので、いつもの習慣でメモをしておきました。
しばらくしてから、他の資料で偶然それがそのとき読んでいた本の著者の本名であることを知り、別のかたに仲介していただき御本人とお会いすることができたのです。

(念のために書いておきますが、このかたの本名は、出版後から私が読んだ資料が出るまでどこにも公開されていません。


その際に、今まで聞かされた「声」の具体例をいくつか記したメモを見ていただくと、とても驚いていらっしゃいました。
なぜならばそれらは、某団体の内部の者以外は知るはずのない内容であったためです。

ここではその中身を書くことは控えますが、このような体験を精神の病気として説明できるはずがありません。
「聞かされる声」に、第三者の意図的な介入がなければありえないのです。

思い込みを取り払って考えていただきたい。
事件は起きているのです。


殺人予告◆

精神に介入するという特異な犯罪のため、あらゆる人々に対して疑念を抱かせることが可能です。
そのため被害が始まってしまった後での加害者の特定は大変難しいものですが、ここに記す内容は
被害が開始される何年も前の出来事です。

東京都で開始された被害例より。

1999年頃を中心に、同じマンションに住む二人の主婦S(自称占い師、夫は中国系)とYから時折食事やカラオケなどに誘われ、その場で奇妙な話を何度か聞かされたのを覚えています。

二人は当時パソコンを使えませんでしたし、現在のように被害者の情報を得るツールはほとんどありませんでした。
読書好きでもなく、知的な印象も正直なところありません。
そして二人とも金銭や家庭に問題を抱えていました。
その一部を要約して記します。

〜〜〜〜〜(以下はSとYの話) 〜〜〜〜〜

私たちは素晴らしい人に会った。
あなたにも会わせてあげたいけれど、一年に一度くらい少しだけお金を払うことが必要になる。
TBSや毎日新聞には仲間がいる。 
新聞にあなたの投書を載せてあげようか。
東大を出た仲間も何人もいる。
ロッテやサンキョーとか、いろいろな会社に仲間がいる。

信濃町には行ったことがあるか? 本が好きなら「人間革命」という本をぜひ読むべき。
世の中はお金があれば何でもできる。
そして大勢で口裏を合わせれば、真実なんてどうにでも作り変えられる。
今までも本当にそうしてきた。

これは裏の話だが、みんなが知らないような技術に興味はあるか?
透明人間のようになって天の声を聞かせたり、他人が何を考えているかを知ることもできる。
信じないかもしれないが、私はもう何人も見てきた。
身体の中にあるものを入れれば全部わかるようになる。
それはもう一人の自分をつくることができるということだ。

あなたも仲間になれば、他の人の人生を代わりに体験したりもできる。
そうするとタダで習い事もできたり、時には子供たちの性教育にもなったりする。
SとYで大笑い)

それからCIAや公安みたいな仕事をしてみたいと思わないか?
この地域が自分達と同じ考えの人ばかりになることが理想なのだ。
気に入らない人を追い出したり、社会から抹殺する方法がある。
映画の「ガス燈」みたいにね。

昔虐められていたとか、消したい過去はないか?
もし本当に殺したいと思う人がいるなら、私たちは完全犯罪ができるから協力してあげる。
人が死ぬことなんて何度か見れば慣れてしまうものだ。 私たちはもう慣れた。
医者や看護師になったと思えばいい。

広い世界から見たら何人かが大勢の犠牲になることなど何ともない。
人生は何があっても、死ぬ前に幸せになった者が勝ちなのだ。

とにかく私たちについて来れば悪いことはない。
そのかわり私たちから離れたりしたら本当に怖いぞ。
生活の全てを大勢に曝してやる。 トイレの中も全部だ。
人間はどこまで残酷になれるか試してやる。
そして最後にはあなたは廃人になって死ぬことになるから、よく覚えているように。

〜〜〜〜〜(SとYの話はここまで)〜〜〜〜〜

他にも多くの話を聞きましたが、この時私はこのトンチンカンな話をまともに受け取ることはありませんでした。
今、この文章を読んでいるみなさんと同じように。

しかしこうして話を書き綴るだけでは、本当に直接聞いたことなのか?と疑われるでしょう。
そこでもう一つ書き加えておきます。
この一連の話の中で、SはTVにも登場するラーメン評論家のO氏は自分の実弟なのだと自慢げに喋っていました。
更に自身の出自に関しても。

もしそれらが事実であるならば、この予告の信憑性はさらに増してくるはずです。

それから被害開始前に直接犯罪予告を受けていた被害者は私だけではありません。
それぞれの予告者の背景や関係する組織を捜査し、もし同じ組織が浮上した場合。
それこそが加害組織となるでしょう。

◆被害のはじまり◆

2002年の後半頃から、それまで頻繁にきていた二人からの連絡がプツンと途切れ、その後はY親子と道路ですれ違っても、明らかに視線を逸らされるようになりました。
もちろんその間にトラブルなどは何も起きていません。

そして2003年3月、その時は突然にやってきたのです。
もうすぐ春、そしてこれからは自分の時間もゆっくり取れるようになるという、身も心も晴れ晴れとしていたある日。
「さあここは○○の家よ。好きなようにやってやりなさい。」という、Sとよく似た女の声が最初でした。
直後に老若男女の嬌声と笑い声が一気に沸き上がり、まるでお祭りやイベントでもしているかのようなノリでした。
この日から、今まで聞いたこともなかったような汚らしい言葉を使う複数名による会話を、連日連夜聞かされ続けることになったのです。

このように被害を正直に書くと、どうしても精神疾患を疑われることになってしまうことは承知しています。
そこで疑念を晴らすために、一番重要となるのは先に記した「聞かされる声」の中にある自分の知るはずのない内容になるでしょう。

なおこの被害で送信される「声」は、時折ふと言葉が聞こえるというようなものではありません。
昼も夜も途切れることなく、時には激しい痛みの感覚とともに継続し続けます。
そしてそれは生まれも育ちも価値観も、自分とは全く異なる複数名の異常な会話なのです。
いずれを取り上げても、精神疾患では説明がつかないものです。

そしてここでも現実と繋がる話を書いておきます。
被害が始まって間もないある日の夕暮れ時、私の在宅中に外側から我が家の玄関ドアにぴったりと貼り付いて何かしている現場を、他の住人に目撃されて大慌てで逃走した二人の人物 (FとH)がいました。
とても異様だったそうです。

この時点では、まだ家族にも周囲にも被害のことは一言も話していませんでしたし、その前後にも二人からの連絡はなく、我が家を訪ねてくる理由もまったくありません。
いったい誰からどのような話を聞き、何をするためにその場にいたのか?
なぜ逃走したのか?
 
この一件を明らかにすることでも、犯罪と現実を結ぶ糸口がみつかる可能性があります。

このFとHは殺人予告をしたSとYとは親密で、同じマンションに住む人物です。
当時Fの家には「人間革命」という本が何冊も並んでいて、それを見たSが褒めていたのをはっきり覚えています。
この四人が加害集団との接点を持っていることは確実です。

◆基本となる加害方法◆

この犯罪は各箇所に盗聴器や盗撮器を設置したり、見失わないように誰かが追尾する必要もないものです。
ターゲットを必至に追いかけ照準をあわせて加害するのではありません。
チャンネルを合わせれば特定の局を受信するように、どこへ行こうと勝手に受信し続けるのです。
声や痛みを別々のやり方で緻密に加害しているのではありません。
特別な技術や能力がなくても加害はできるのです。

とても簡単な言い方で表すならば、特定の人と人を携帯電話のようにダイレクトに繋いでしまう方法で、相手の全感覚や視覚そして思考までもを共有し、混乱させて社会から排除し、被害者の死までも望むという凶悪犯罪です。

私は素人ですが、SとYから受けた殺人予告を思い返しながら、手当たり次第に集めた資料からあの時の話に関連するものを選別していきました。
すると彼女等の話していたこと、「透明人間のようになって」「天の声」「もう一人の自分をつくる」「他人の人生を体験」などが全て可能になるであろう方法が一つだけあることを知ったのです。
つまりあの時の話は本当だったのです。

当たり前ですがこれは脳波を読み解くような高度な脳科学などではありません。
もちろん手術の必要もありません。
10年近く前のTV番組でも流れていましたが、Aの部屋に置いた人体模型の右側で音を出せば、Bの部屋にいる人の右側でその音が聞こえ。
Aの部屋の人体模型の上部を叩けば、Bの部屋の人が頭を叩かれたように痛みを感じるという実験がありました。
この時は相手は模型でありヘッドフォンなどを装着していましたが、人と人を直接繋ぐのであれば方法は他にあります。

その後、アメリカのロボットと日本のサルの脳をインターネットで繋いだ実験が話題になりましたが、某会場でこの実験の説明をしていたかたに「あくまでも仮定ですが、サルとサル、さらには人と人という同種類間で同様の実験を行うならば、感覚なども違和感が少なくもっとスムーズに直接伝達が可能になるのではありませんか?」と質問をしてみました。
するとそのかたの答えは「そうかもしれない。その可能性は高いかもしれない。」というものでした。

つまり人間と異物を繋ぐ際のようにコンピュータに思考を憶え込ませたり、その都度思考を読み取るような複雑なデコーディング技術も不要になるであろうと推測ができます。

もちろんこのように人間の尊厳を崩壊させるような、倫理を逸脱した実験をまともな科学者が行うはずがないために、いくら待っても公の論文などが発表されることはありえません。
しかしその可能性に関しては『超人類へ!』という本などに既に記載されているほか、ある研究者が自身と妻を実験台にした結果、相手の考えや感情の起伏までもがテレパシーのように伝わったと報告し、メディアにも登場していました。

それは人と人をチップで直接繋ぐと面倒な機械操作などを要せずに、ダイレクトに二者間の感覚がテレパシーのように伝わるという実例です。
(使用されたものではないが、チップは数ミリ〜ナノサイズのものが既に安価となっている。)

個別の生体情報の取得は、頭部に限らず身体のどの部位からでも可能だそうです。
つまり精密さが要求される医療分野などとは違い、手術の必要はないのです。
余談ですが埋め込み受信機を扱った別の記事では、「誤った使い方をすると、ちょうど精神分裂病の幻聴をテクノロジーで再現するような状態になる」、「誤って飲み込んでしまった場合の安全性の確保が必要」と報告されています。

人と人・人とコンピュータを直接繋ぎ、離れた場所にいるA者とB者との間で、ダイレクトに感覚や生体情報等を双方向で通信し、相手の感覚や考えをリアルタイムでそっくり体感する 。
具体的には、A者が右手を振ればB者の右手も振られ。
B者の周囲で罵声をあびせれば、A者も自分の周囲で罵声が聞こえ。
A者が物を注視すると、B者もそれを注視することになるのです。
つまり「もう一人の自分」が存在するという感覚です。
「生体情報の直接受信」、
れが「精神域介入犯罪」を可能にしているのです。

自分が見ている映像、頭に思い浮かべた映像や思考・動作・臭い・感覚等がリアルタイムで、遠隔地にいる加害者に伝わります。
また加害者側からも同様に送信できるため、自覚が無いまま加害者が意識にまで介入してくることが可能になるのです。
被害者の自然な思考を阻み、加害者の意思を反映させようとするマインドコントロール、いいえ精神の殺人です。

さらに音声が伴う場合、繋がっている加害者との間でテレパシー様の会話が成立します。
この双方向通信は数秒たりとも途切れることは無く、24時間連日プライバシーは全くありません。
国内外、室内外、どこにいても通信は継続し、脅迫を加えながら思考に介入し続けるのです。

もっと詳細なやり口については、直接殺人予告をしたSとYがよく知っているはずです。

*過去の被害者の言動を考慮し、参考となる具体的な研究名を書くことは控えました。
*通信に使用されていると思われる電磁波は微弱なものであり、一般的な機器で周囲に存在する電磁波と区別することはとても困難であるとアドバイスを受けています。

◆加害者について◆

ごく一般的な社会常識や道徳感さえも欠落し、品格や知的レベルも非常に低い集団であることは、犯罪の異常性や声の送信を受けている被害者の証言などからも明らかです。
加えて多額の資金を有し、各地で単なる雇用関係ではない人員を確保できる組織であると言えます。

誰かの勝手な指示により、限られた専属人員を用い住み込み状態で、全く面識のない被害者に対して離れた場所から姿を現すこともなく、歓声を上げながら加害は行われています。
この犯罪を直接実行しているのは、様々な理由から「創価学会 広宣部(コウセンブ)」である可能性が濃厚です。
国家などによる陰謀や実験ではありません。

多くの創価学会員は、長年身近で接していても自分が創価学会員であることを名乗らずに生活しています。
そして組織の実態が大手のメディアで報道されることは全くありません。
今の日本はとても異様な状況です。
習性をよく調べていただくよう望みます。

(参考として<創価学会ミニ知識>  )

◆犯罪の目的について◆

まだ現在は直接社会の変革を及ぼすような目的ではなく、カルト集団には不可欠な組織内での見せしめ・不満の捌け口や団結のため等に利用しているのです。
そしてそれが慣習となり、彼等にとって
性的な覗き目的も多分に含めた何よりの娯楽であり、生活そのものとなっています。

しかし被害者の生い立ちや古い記憶、資産やクレジットの暗証番号、人間関係までもを興味本位であっても全て把握することができるのですから、今後そこからさらに波及する可能性がないとは言えません。

そして既に創価学会は脳科学者の抱き込みを始めています。
この被害関連の資料を求めてゆくと、多くの書籍の著者や翻訳者、また監修者は創価学会の息のかかった人物となっています。
とにかく早くこの事実に被害者や社会が気付くべきです。

◆おわりに◆

24時間常時、一時も離れること無く「他人」が自分の精神に入り込んでいるという状況を想像できるでしょうか?
それは想像を絶する状況であり、人間としての自由や権利が全て奪われた地獄のような日々・・・殺人以上のものです。

既に国内でも千数百名以上の被害者が存在しており、特に近年急増しています。
その中には、やむを得ず失職したかた、家庭を崩壊させられたかた、強制的に入院をさせられたかた、近隣トラブルに巻き込まれたかた、自ら命を絶たれた かた、被害が影響した事件により亡くなったかた・・・取り返しのつかない不幸な実例が次から次へと生まれているのです。

しかしいまだに警察による捜査は行われていません。
何年も前になりますが数名で警視庁の相談会に行ったときには、その日だけで既に私たちのほかに10名以上のかたが同様の相談に来ていたことは認めながら、「この件はもっと上に言ってもらわないと、自分達は動けないのだ。」という答えしか返ってきませんでした。
こんな酷い話があるでしょうか。

わが国には国民の自由と平等、平和を守るための憲法があります。
この犯罪による被害者は、人間として最低限の人権すら奪われ続けているのです。
人間の尊厳を侵し、他人の生命や人生を弄ぶ愉快犯を決して許すわけにはいきません。

さらに被害者が目にしたり、関わった人々の情報も否応なしに加害者に伝わるため、数え切れない方々のプライバシーも同時に侵害されている事を忘れないでいただきたいのです。
そして何の関係も無いあなたが、知らない所で勝手に声を使われていたり、加害者に仕立て上げられている可能性もあることを、どうか切迫感を持って受け止めていただきたいのです。


脅すわけではありませんが、あなたやあなたの家族が明日突然に次の被害者となる可能性は誰も否定できません。
なぜなら私たち被害者もそうでしたから。

◆その他◆

下記のサイトも参考にしてください。

<電磁波犯罪は創価学会の匂い>

 

 

 

 

 


 

   2014年9月