表紙 - 装備 (  天幕類 火器類 寝具類 調理類 台・卓 他野外 写真機 )

ぼうずの活動記録

天幕類

 
 

mont-bell

ステラリッジ3

張りやすさ、重さ、強さ、居住性どれをとってもホントにいい。耐風性は2004.12の強風で証明済み。張り綱を張れば瞬間最大風速50mでもいけるかな?モノが飛んで来なければ、って条件付だけど(^^;

ソロ・デュオ用のメインテント。

 

2004.9購入。

SOUTH FIELD

SF-466FD

テントなんてどれでもいいと思ってた時に購入。なーんて、上のステラを買うほんの2ヶ月前まではそう思ってたんだけど(笑

スポーツ店アルペンのプライベートブランド(だと思う)SOUTH FIELD製。フレームやフライがちょっと貧弱かなとは思うけど、フツーのファミリーテントとしては十分なスペックかと。でかくて建てづらいけど夏は涼しいし。張り綱ちゃんと張ってやればフツーの風なら耐えられマス。

 

2004.7購入。

2006.1とある所に寄付(?)

mont-bell

ステラリッジ6

冬用テントの導入を検討してる時に浮島キャンプ場で強風に遭遇。*に傾きかけてたんだけど、同一メーカーが増えるのがイヤな事と、ステラの耐風性に信頼感を持った事から家族用としてもステラにする事を決断。同一メーカーって言ってもmont-bellは多い気が....

山岳用のイメージがあるけど、4人用ファミリーテントとしても十分な居住性かと。これで6人寝るって山屋さんは凄いのね。ま、これはステラ3でもそう思うけど。

こうやって見ると色使い一緒のせいもあって、ステラ3とあんまり変わらん感じだなぁ。

 

2004.12購入

mont-bell

ステラリッジ6用スノーフライ

はっはっはっ、遂に買ってしまいまして。ホントにコレが必要な場所に行くか微妙だけど、家族キャンプではあった方がいいかと。

でもノーマルフライでも冬季は結構結露するんで、十分注意しないと大変な事になりそう。あー、早く試したいし。

殆ど結露しません。通気性が良いのが結露しない理由だとか。外気温が−2〜3℃位では問題無いけど、気温が低すぎると水蒸気が外に出る前に凍るのか、中は結構凍ります。

 

2004.12購入。

THE NORTH FACE

TADPOLE23

ステラ3は大変具合がよろしいんだけど、夏は暑そう。ってか、冬でも陽当たりのいいトコにいると暑くて寝てられない。夏でも昼間で寝てられるように、ってのは冗談だけど、夏季用テントとして購入。ステラ3より500g軽く、前室もでかくて良さそうだけど、ポールが1本増えてるし設営には若干手間がかかるかな?

 

使ってみて、やたらと結露するコトが発覚。ベントが無いんでダブルジッパーになってる入口の上側を開放するもやっぱり結露。しかもインナーがメッシュだから中で動けばポタポタ、フライ外そうとするとポタポタ。テント内外の温度差をフライ1枚で受け止めるから結露しやすいんでしょうな。真夏になったらどうなるのかなぁ。

 

2005.4購入

mont-bell

モノポールシェルター

TADPOLEが結露という問題でバックパックでの利用はビミョーなコトが発覚。どうせ結露するならもっと簡易なスタイルもアリではないかと以前から目をつけてたコレを再検討。

*リビングシェルほど設営に手間かかりそうにないんで雪中でも使えそうだし、家族キャンプ/野営ではタープ代わりにもなりそうだし、ソロ・デュオではステラ3のグランドシート敷けばテント代わりになりそうだし。しかも1キロちょっと、バックパックに最適かと。青とカモワッチ柄があって、ホントはカモが欲しかったんだけど、キャンプならまだしもBPでカモ柄のコレ使ったら職質確実かと思い、青を選択。

 

2005.6購入

mont-bell

ムーンライトU型

TADPOLE買って以来、一家で出掛けてもテントを2張り張るのがフツーとなった我が家。寒くなったらいくら何でもしんどいと思って買ったテント。や、それ以前にナニか欲しかったってのがあるんだけど(^^;

定番中の定番のテント、評判が高いのも納得。張りやすいし風雨にもそこそこ強くて大人2人が問題なく過ごせる居住性も○、コストパフォーマンスはかなり高いと思う。ちなみに風速30m、1時間の降水量80mm位なら耐えられマス。ちと重くてでかいんでバックパックや自転車にはしんどいかな。比較対象がステラ、というのがそもそも間違いのもとなんだけど(^^;

その後、アウトレットでメッシュインナーを見つけて購入。夏は涼しく過ごせそう(^^;

 

2006.11購入

不明

蚊帳(メッシュインナー)

動力移動系だとそれほど気にならない装備の重量も、自力移動系だと大きな問題。特に夏場はステラじゃ暑い、TADPOLEは思った程涼しくない上に結露する。ってんでふと目に留まったのが蚊帳というかメッシュのインナー部分のみ、ポール1本で張ることが出来るボトム付き蚊帳。やや、こりゃ涼しそう。

 

タープと組み合わせれば雨が降っても大丈夫、とは言うものの、風が吹いたらちと困るんであまり出番は無い。結局TADPOLE使ってるし。うむ、意味無いなぁ。屋根の下での設営とか降水確率低い時にはかなり有効だけどね。

 

2005.7購入

無名

タープ幕体

320×320の正方形でレクタとしてもウィングとしても使っちゃうタープ。相当昔に買ったんだけど、幕体のみ残っていた。色はまるでブルーシートだけどグロメット部分はちゃんと補強されてる。

この大きさ、フツーにソロする限りにおいては十分な大きさ。荷物減らしてこれでキャンプするようにしないとなぁ。但し撥水性は無いに等しい。

 

1992年頃購入。

snow peak

ヘキサシールドL

初めてタープを意識して買ったモノ。これで暑い夏も過ごし易くなるかと。って、秋口に買ったんだけど(爆 夏用なのでシールド。よく言われてるけど、形は綺麗、でも有効面積は狭い。下手すると下のレクタMに負けるかも。皺無く張るのはコツがいるそうで。面倒だなぁ。

暖かい時期のファミリーキャンプ用なので、稼働率はそれ程高くない。

 

2004.8購入。

snow peak

レクタM

一緒にキャンプした人のレクタL見て、そのでかさと撥水性能に感激。ま、撥水性能はヘキサでもわかるんだけど。無名タープがあまりに濡れるのと物が増えた時に小さいので、他メーカー含めて購入を検討してたら幕体のみ安売りしてたので計画的な衝動買い。サイドポール無いしソロで使うのが多く、本来のレクタっぽい使い方したコトないなぁ。

やっぱりしっかりしてるわ、*。

 

2004.11購入。

snow peak

リビングシェル

「冬もキャンプするぞ」の一言で買ったモノ。夏は使わないし、シールドの暗さは冬じゃしんどいのでシールドぢゃないモデル。そこそこ暖かいです。秋に蛾が狂喜乱舞するときの虫除けとしても有効。

 

2004.9購入。

mont-bell

ミニタープHX

やってまいました。ソロ/一家で行く時の「荷物を減らす為の買い物」。前室として使うとよろしいかと。ホントは紺が欲しかったけどアウトレットでは文句言えません。

大きさはちと中途半端。ソロだとでかいし、家族だと小さい。ま、家族でも小雨程度なら使えるけど。どうせ子供は早目に寝せちゃうしね。

 

2005.2購入

mont-bell

ツェルトフライシート

タープじゃ重くてでかいので小さいのが欲しいと思ってたらぎんなんさんが浮いてるツェルトフライがあるとのコト、もらっちゃいました。下のULライトツェルトポールとの組み合わせが最高。冬場は写真のようにモノポールシェルター前室として使ってもいい。

自力系で念のため持つこと多し、夏場にはコレと蚊帳を組み合わせて軽量居住空間が出来るでしょう(^^;

 

2006.9貰い物

snow peak

メインポール

「その他」に属するんだろうけど、タープとセットでしか使わないからここで紹介。ヘキササブポール兼無名タープメインポールとして購入。240cmモノ。

無名タープでは3段180cm、レクタMでは4段240cmとして使用。強度もあるし、長さ変わるので重宝。

気が付いたらタープ付属のモノ、70cmベースのモノも含めて8セット位ある。

mont-bell

ULライトツェルトポール

これもその他かも知れんけど、ここで紹介。

ツェルト持ってるわけではないんだけど、雪中時の目隠し用とミニタープHXを家族+αで使う時用に購入。使い道は多そうだし、軽くて場所取らないからいいかと。こんなコトしてるからモノ増えるんだけどね。

 

写真はULライトツェルトポール使ってミニタープHX立てたトコ。ちと低いかな?ついでに張り綱も標準で付いてくるのはちとブサイクなので、3mmのモノに変えてます。

 

その後、ミニタープHXのサイドを立ち上げて有効面積を広げるのに使い始めた。を、こりゃ便利。ミニタープでも家族4人過ごすのに十分な広さになる。

 

2005.4購入

Snow Peak

ソリッドステーク

*ヘキサLに付属してるペグを見てビックリ。最強のペグの表現に偽りなし、と思って30cmのものを都合12本位購入。でもやっぱり曲がる時は曲がるんだよねー。高いし、紛失した時の痛手が大きいので追加購入はしないかな。

 

最初はテント張るのにも使ってたけど、ステラなど背の低いテントには付属のちっちゃいアルミVペグで十分な事が判ってから、*タープ類張る時位しか使ってない。

snow peak

アルミペグNo.3

ソリッドステークもいいんだけど、砂地での保持力がギモンな場面も。ってなわけで、アルミVペグNo3を買ってみた。しっかり食い付くし、結構いい。軽いけど嵩張るのが難点。あと、*プロハンマーCでガシガシ行くと頭が変形します(笑

 

2005.2購入

Snow Peak

ジュラVペグ

TADPOLE付属のペグはピンタイプでちといただけない。当初は不安だったステラ付属のVペグでもテントなら十分なコトが判ってきて最近はもっぱらVペグ使用。でもピンタイプまで落とすのはちと不安だし見てくれもイマイチ、というわけで、Vペグ買いました。ホントはmont-bellのヤツが良かったんだけどTADPOLE買った店に*しか置いてなかった。まだ使ってないんでようワカラン。

 

2005.4購入

ロープ止め杭

上の*製ペグがいいのは判るんだけど、懐に痛いのよね。ホームセンターで売ってるロープ止め杭もSUSでなければソリステの半額位でヨサゲなのが買える。というわけで、60cm/50cm/30cm/20cmのしっかりしたヤツとピンペグ代わりの細いヤツを購入。今やぼうず家ペグの一大勢力です。

 

2004.12購入、以後勢力増加中。

農業用プラ杭(36cm)

雪中でも金属製ペグ使ってたんだけど、基本的に雪はペグ打つのに力いらないし、抜く時凍って抜けづらいし、冷たいし。ご一緒した方がプラペグ使ってるのを見て試してみたらちゃんと効く上に軽いし抜きやすいし使用感上々。

あ、同等品使ってテントが飛んでも保証はしません。ワタシの行く程度のトコではたまたま大丈夫だった、ってコトで。

余談だけど、冬の米沢で同等品探したら無かったんで、店の人に聞いたら「シーズンになるとある」。ミョーに感心した。

その後砂浜でキャンプした時に使ってみたけどいい感じ。海が近いトコで鉄のペグ使うと塩で錆びそうだけどプラなら安心。

 

2005.2購入

 

 

 

 

* 同一メーカーが増えるのはイヤだけど、どうも*が多いなぁ。とか言いながらmont-bellも多いぞ。

* 現在の物欲:もうテントはいらん。と言いながら、「何か」欲しいんだよねー(^^;

 

ページのTop // 装備 (  天幕類 火器類 寝具類 調理類 台・卓 他野外 写真機 )