戻る - 参加 

柏屋ぴよぴよ日記-最新版

2008年10月09日 05時23分54秒  眠いです…

結局、DVDをやり直したので、ほぼ徹夜…音と画、30分の1秒の差なのだがハッキリ違うと感じるので仕方が無いのです。

眠いながらもパートを頑張り、帰宅・夕食後19時にYさんを迎え、仏間スタジオにて「IWATOWAKE2008」の練習用ナレーションを収録。さくさくと終了。

DVDをオーサリングしておいて、21時からはいわとわけ音楽祭実行委員会の会議。
解説書をコピーしてヤフオクでもう一台落としたミニ琴を師匠にプレゼント。
10WLED×4もテストする。宮司さんも眠そうだった。

アマテラス(おおたか静流さん)が岩戸を出てきてから唄う歌が「初潮(うしお)」と「でんでらりゅうば」に決定。帰宅後youtubeから落としておく。

椅子でしばし沈没して後、気合いでなんとか復活し、ナレーションを分割して練習用CDを作成。

さあ、片付けて横になって寝よう…

2008年10月08日 09時55分52秒  DVDコンプリート!…?

DVD編集完成!現在チェック中…あー…最後のパートが音ズレっぽい…大変だが、直すか?外付けHDDに素材ファイルは残してるから…。

焼き増しはやってくれるかしら?

今日は夜に予定が2件…まあしばらくはずっと忙しそうだ…。

昨日はヤフオク戦利品がいくつか到着。

期待をかけているのは単3の親玉みたいなリチウム充電池2本で10WLED×4(単純計算では白熱灯400Wの明るさ)を駆動するハンディライト。小粒ながら手持ちの100V用LEDと比べても一番明るいのだ。

2008年10月07日 05時36分38秒  RAVIさんと

パートの仕事中に電話があり、数年間ご無沙汰のインド人、RAVIさんと会うことに…。

19時に自宅へ迎えに来てくれたが、我が家付近の建物が駐車場になってたりの変化で何処を曲がるかが怪しかったらしく、近所まで出迎えて乗り込む。

ジョリーパスタでズワイ蟹のクリームパスタと白ワインをご馳走になりながらお話をする。

私がRAVIさんと知り合うきっかけとなった怪しい起業家N氏との、警察を呼んでお金を払ってもらった顛末や、ヤクザまがいの社長と組んでビジネスを乗っ取られそうになった話なども伺う。

私のEeePCを見て、買う気を固めたみたい。

現在は日本の拠点を神戸に移し、ベトナム、カンボジアにオフィスを設けて相変わらず中古トラクターの販売で頑張っているとのこと。

以前私が作ったHPの4年振りくらいの手直しを依頼される。ヤフオクにも興味を示しトラクターがビジネスになるか調べて欲しいとの事。

缶ビールのパックをお土産にもらって帰宅。

HP手直しを済ませてしまう事にして、電話で細かい点を問い合わせたら、「ここも直して」が数回掛かってきたのでちょっと時間が掛かってしまった。

日本語版・英語版を直すので2倍掛かる。JAVAアプリのタイトルも動かなくなってたのでアニメGIFを作って置き換え作業を完了。チェック依頼のメールを送信しておく。

お弁当屋から帰って来た奥様は久しぶりの「本物」のビールに喉を鳴らしていた。

脚本自動配布サイト「はりこのトラの穴」経由で北海道の小清水町立小清水中学校から拙作「16才・ナガサキの夏1945」の上演許可依頼メール。了承のメールを送信する。

さて、HP仕事を割り込ませたおかげで、公演DVD製作作業は徹夜?頑張らねば…。

2008年10月06日 05時05分53秒  九月と風と恋人たち」編集三昧

金曜日はパートから帰宅後に奥様の行きたかった奥様の職場近くにオープンした『ネパール&ベトナム料理』のお店に…ディナータイム880円のネパールセットとベトナムセットを注文。ネパールセットはカリー2種+ナン+サラダ+ライス+チャイ…安いのは良いがタンドリーチキンを付けて1280円とかの方が売れるかな?味も今一つ発展途上か?頑張ってね。

家を出たついでに市を南北に走り、政策パンフを差し上げて読んでいただくようお願い。金曜深夜から銀仮面団公演ビデオに集中。

土日はビデオ編集の合間に食事や睡眠を取る状況。

かろうじて最初の部分の書き出し中となった16時50分に家を出て石山公園を目指す。師匠念願のJAZZフェス即興セッションをXactiに収録。終了即帰宅。

編集、現時点で今少し残る…月曜にDVD完成を目指す。


余談だが日曜朝に浅い眠りの中で夢を見る。
自分が夢を見ていると自覚出来たのでコントロールを試みる。

地面に穴が開きどこまでも落ちる感覚、逆に漆黒の宇宙に吸い込まれるような上昇。風で顔に当たる髪の毛がリアルな感触の水平飛行。

背景は黒地に白のグリッドで若干手抜きだったが、テーマパークのアトラクションより楽しめた。

じゃ次は美女など出して…と考えたところで宅急便に起こされましたとさ…チャンチャン。

2008年10月02日 23時21分39秒  県知事選に思うことなど

10/1郵便局でお金を下ろし、天神山文化プラザでWEB予約した練習室の申請書を書き、料金を払い込む。

その足で磨屋町の某選挙事務所に向かい政策パンフ等を戴いて、パーツ屋さんとダイソーでいわとわけの照明用電源コードの素材10m×2本分を買ってからパートへ。

パート先でパンフを差し上げて読んで戴く。「本当に出るんですね」的反応。衆院選が政治の話題を独占し、知事選が埋没している状況では現職の有利は否めない。投票日がずれそうなのがせめてもの救いか?

自宅で両親にパンフを渡すも、現知事が妻の実家の親戚筋である事もあって今ひとつ乗ってこない。人の良い現知事では県の借金財政に大鉈を振るうのは無理ではないか?と問いかける。

破産寸前の県財政を立て直すには、人当たりの良い調和・調整型の4選目現知事ではなく、県民目線で見識と創意工夫を持って、不要な部分を情け容赦なくカットする「嫌われ者」にもなれるしがらみの無い知事…ある意味、現大阪府知事にも似た人材が必要なのではないか?…と。

K-1MAXを観ながら電源コード2本を製作。準決勝・決勝は好試合の連続。気迫というか執念の差が出たように思った。

ヤフオクでLED照明1本を落札し、数件を入札。いわとわけ本番までにもう少し補強しておきたい処。

脳の持つところまで銀仮面団公演ビデオの編集を進める。今週末を目途に頑張る。

2008年09月30日 02時44分13秒  美味!もつ鍋!

マイミクの雲雀さんがDVDを差し上げたお礼にと
『もつもつ』という博多のお店のおいしいモツ鍋セットを送って下さった。
http://www.motsumotsu.com/

是非到着日に!とお勧めされてたので
奥様がパートに行ってる日だが、説明書きを見ながら私が調理に挑戦。
厚腸もつという貴重なもつを、先ず下ごしらえ。
スープを作り、もつを水洗いをして、お湯にスープ100CCを足した物に湯通し。
それを水で洗って、水気を切り、食べる大きさにカット。
脂が出るので結構大変だったけれど、何とか完成。
セットのキャベツ、ニラ、ニンニクと冷蔵庫にあったエノキを
モツと一緒に(沸騰させない様に)セットの唐辛子を加え、じっくり煮る。

器に添付の柚子胡椒を取り分けて、両親に食べさせる。
私は20:30からのいわとわけ会議用の台本を刷り足していた。
降りてみると両親はおいしく平らげていた。
「おいしかった」との事、もつが得意ではない両親だが、
厚腸もつを小さめに切っておいた事もあり、
抵抗無く胃袋に収まったようだ。

自分は未だ食べられないまま会議へ。
苦労したポスター・チラシも格安で綺麗に上がっている。有り難し。

会議を終えて帰宅したのは23時過ぎ。
残りのもつに蓋をしてなかった為、
餓鬼憑依期間中の猫さんが舐めたという…一応熱湯消毒する。
半量残しておいたキャベツ、ニラ等々とナベにかけていると
奥様も帰宅。一足先にカレーを喰った息子にも味見に取り分けて
ようやく遅い晩ご飯。

まず、スープが旨い!添付の唐辛子を最終的にはほぼ全量投下したので
辛さも来るが、とにかく美味!それだけでも飲めるスープだ。
厚腸もつの独特のジューシーな歯ごたえ、キャベツやニラもおいしい。

セットのちゃんぽん麺を投入して鍋を火に掛ける。
このちゃんぽん麺もスープを吸わせると止まらないおいしさ。

寒かったので大変暖まり、元気が出る感じ…家族一同納得の味だった。
もつ鍋ファンのあなたなら、是非一度食べてみて損は無いと思います。

いかが?

2008年09月29日 11時46分50秒  観劇&初顔合わせ

日曜日、いわとわけの台本を二部のおおたか静流さんアマテラスに合わせて修正。

昼から自転車で藤田のシアター虫Lへ。再演である「木霊の森」を観劇。前回よりも陰影・味わいが深くなっているように感じた。kikiさんの演技がナチュラル。真夏さん、しっぽさんも好演。

帰宅途中にアプライドに寄り、紙を買って帰っていわとわけの修正版を印刷・製本。持って行く楽器類を揃える。師匠の車に積み込ませてもらって天プラへ。

若干の遅刻者も居たが、初のフルメンバー集合。

「フルメンバー?」「はい」…そこが胸にチクンと来ます。

紹介、軽く本読み、イベント・スケジュールの説明、キャストの事、練習スケジュールを決めて、音楽部分を師匠・わっしーさん、N村氏と探る。

ミニ琴のレソ抜き短音階を一つの柱にする事を決定。打楽器を活用した部分も生まれそうだ。

本番までの進行予定も作らなくては…頑張ろう。

流石に疲れて25時過ぎには就寝。最近1.5〜5時間くらいが続いていたが久々に8時間寝て少し復活したかも…人間寝ないとダメです。

2008年09・7楠01・9腐34秒  北海道日記-3-

うかうかしてると忘れてしまいそうなので、無理にでも書いておきます。

9月16日、北海道最後の日。
朝食をテーブルに並んで戴く。カップルさんと女性客。
CDからは70年代中盤〜後半くらいのヒット曲が流れる。

ここのオーナーさんはカエルが好きらしく、色々と部屋のあちこちに居る。
「アタゴオル物語」のネコ"ヒデヨシ"とかも居たが…

さて、9時から塘路湖から湿原を流れる釧路川を下るカヌー散歩です。
カヌーをルーフに積んだ4WDで塘路湖畔のキャンプ場からスタート。
帰りの荷物は車に積んで先にゴールへ運んでもらいます。
ライフジャケットを着け、カヌーの漕ぎ方なども一応教えて戴きますが
「漕ぎたい時だけ漕いで下さい。基本的に推進力としては私がいますから」と
ガイドを務めて下さるオーナーが…お言葉に甘えて、専らXactiで静止画・動画を撮りまくってた私です。

塘路湖の湖面には「菱」が沢山漂ってます。
忍者が敵の通り道に撒いて足の裏に刺さるマキビシとして、この実を使ったのは有名な話です。
食べる処はとても小さいので量を採らないといけないらしいです。

1ヶ所で日本の湿原面積の6割を占めるこの釧路湿原が消えつつある話、丹頂鶴やカワセミの話、生えている植物の話から日本の政治の話まで、かなり語りまくり、世界の将来は暗いという雰囲気になった処で、「まあ、ここで暗い話を続けてるのもなんですから」と諭される…確かに(笑)

何回かは湿原の狭い水路へと入り、浅瀬に乗り上げたカヌーの上に立って湿原を眺めたり…上陸は出来ないものの限界まで湿原を体感する。有り難し。

ゴールとなるカヌー用の船着き場にオーナーの奥様が待っていて下さり、カヌーを収納して塘路に戻る。

塘路駅まで送って戴く。カヌー上でお話しに出てきた早朝散歩の案内役でもあるアイヌの諏訪さんがやっておられる駅前のイモダンゴと木工品のお店に寄り、トンコリという子どもを亡くした母親のために父親が作ったという伝説のある民族楽器について教えて戴く。有り難し。

きっとまたいつか再訪しようと心に決めて塘路を後にしました。

帰りの旅では大阪・伊丹空港への着陸が印象に残りました。
大都市の夜景の中へ突っ込んでゆく感じが綺麗かつスリル満点です。

真夜中を過ぎてなんばからの高速バスを降りると岡山はムシムシと暑く
「ここはまだ夏だ」と思いましたとさ。

2008年09月26日 02時42分01秒  被写体となる

朝10時プロカメラマンであるGんちゃんのお宅にお邪魔する。広いスタジオ付きの(羨ましい…)2階建て。

個展のための撮影の被写体に応募して、大変わがままに(馬鹿な)要望を聞いて戴いた…感謝。1Hほどで終わり、コーヒーを戴いて帰る。

BOSEの小型(それでも50W入る)スピーカーを安く落札したものが届く。これは奥様にプレゼントでステレオに繋いでおく。

(1.5Hくらいしか寝ていないので)睡眠不足でしんどいがパートも何とか頑張る。

いわとわけ音楽祭のポスター・チラシともデータが通ったとのメールあり…一安心。

さすがに夕食後沈没…幾らか銀公演の編集を進めて早めに寝ないと死亡フラグが立ちそうです…。

2008年09月25日 04時52分17秒  動画三昧

ビデオ・メッセージDVDを完成させ、玄関に置いてパートへ。無事にM穂さんが確保して帰られたようだ。

D氏が衣装用のシルクハットを下さる…これもまだパート中だったので玄関に置いておいてもらった。有難し。

HDDの中を整理しなおして銀仮面団のDVD製作に掛かる。DV取り込み、mov取り込みは直ぐ動画PCの古いpremiereで取り扱えるから良いのだが、mp-4は新PCしか扱えないのでDVと同じAVIにエンコードして移す…とにかく動画編集は時間が掛かります。

千秋楽のDV2台とデジカメmov(これは最初の20数分だが)を全部とXactiの前半を動画PCに集めた。

Xactiの後半をエンコード中…

明日は…つーか今日は10時から被写体として撮影に行く。
今の間にお風呂へ入って寝ます。

2008年09月24日 04時53分59秒  岡山ドーム〜ビデオ・メッセージ

朝7時半に起床。8時45分前後に自転車で岡山ドームへ。

*岡山ドームというのは、県民性を表した実に中途半端な大きさのドームです。

フリーマーケット会場の道路側入り口の辺りにステージが設えてあって、AMDAの活動を紹介するパネルもレイアウトされてました。

私はbeZen鼓空さんが出演されている時のPAミキサーを主に担当しました。

岡山ドームの音響は…響き過ぎるし、真ん中辺りは音が消えるし、条件はあまり良くありません。

EGシーズ、「炊事節」や「ふとんが私を呼んでいる」の上野茂都シリーズが好調。わっしーさんのエレクトーン演奏も凄い。

他に綺麗な音色のオカリナの方、うたごえ喫茶系みんなで歌いましょうバンド、子ども達の和太鼓チームなど出演。

「ポニョ」が始まるとワラワラと湧いてくる目が輝いた子ども達が素敵。

会場で今日はMCのM穂さんから、Mけちゃんへのビデオ・メッセージを預かった。4時45分現在mpeg2へのエンコード中です。

2008年09月23日 01時23分58秒  HARD DAYS NIGHT

日曜日は銀仮面団公演千秋楽を4:3でカメラ4台+PCM別録で収録。終演後パキパキと片付けて速攻帰宅。

帰宅を連絡してH井氏に迎えに来てもらい、S氏宅へ。こちらにはネット環境が無いので私のEeePCにH井氏のe-モバを繋いで(なんやかやでこれだけでも1H程経過)、PパックのHPのマニュアルを確認しながらS氏のMACでデータを書き出して、USBメモリに収めて自宅へ…の間にDioで肉買ってきて3人で歓談しながら長時間の夕食…が入ったので、帰宅が25時過ぎに…。

データを送信するまでに疲れで座ったまま沈没…目覚めた後ファイル容量やらなんやかやで全てを送信完了したのがAM8:35…

AM10:00からカメラマンGさんとミスドで撮影プラン打ち合わせ。
睡眠不足ハイもあって、とんでもないことを言ってみる。
そうすることに決める…人生そんなもんだ。

帰宅すると隣県の住人であるSみー氏が来宅。久しぶりに色々話す。DVDなど数種類差し上げる。

印刷データを送るのに使っている「おくりん坊」がアクセス集中で動かず…チラシの方をメールでお知らせできない…PDFで大丈夫なら良いのだが…

しんどくて早引けしようかと思ったパート(Uさんが下さったドリンクで持ちこたえる…感謝)が13-18時まであって、20:00からはいわとわけ会議、仮タイムテーブルが決まる。

楽劇最後の場面で大物歌手Oさんががアマテラスをやって下さることに…
今年は盛り上がりそうだ。

帰宅して2グループにタイムテーブルを連絡。おくりん坊も動く…間に合うかしら?

ヤフオクでいわとわけ向けの物など数種落札。入札中のオーバートーンフルートも、未だ他に入札がない。手にはいるといいな。

明日は朝から岡山ドームのイベントお手伝い…早く寝ます。

2008年09月21日 04時03分32秒  北海道日記

ぐわっ!また消した…懲りない私(涙)

15日の朝、窓から雲海を撮った後は、軽く二度寝。朝食+土産の購入→礼服・革靴等の不要荷物とお土産をホテルから自宅に発送して、無人駅のトマムから釧路行きの『スーパーおおぞら3号』に乗車。乗車してから切符を買うのも新鮮な感覚だが、この時は車掌さんが二駅すぎても来なかったので販売のお姉さんに呼んでもらった。

自民党の総裁選一座の演説直後で、若干物々しい警戒の名残がウロチョロしていた駅前から数分歩いて、市場の中にある食堂で海鮮丼と三色丼を注文して(残念ながらグルメ番組速度ではなく)大食い競争速度で胃袋に収め駅に戻る。食堂で私たちのテーブルのそばに飾ってあった子鹿の剥製の短かった生涯をちょっと思う。

釧路本線・網走行きで数駅走ると『釧路湿原駅』湿原の真ん中にありそうな駅だが、実は『湿原を一望できる展望台に近い駅』だった。

日本の湿原面積の6割を独占する釧路湿原、地平線辺りまで広がる、その巨大な姿… パッと見はアフリカのサバンナに見える…シマウマとか象、キリンなど配置すれば完璧だ…。

さて、湿原じゃない一般の植物相で目立つのは『フキ』…
ちょっとした林には必ず…くらいのペースで見かける。
サイズも傘に使えそうなサイズまである。
葉をめくったらコロボックルが居そうな勢いである。

何だかよく判らない実であるとか、後で写真集を見ていたら「トリカブト」と出ていた花だとかイロイロと遭遇しながら駅に戻って、塘路行きの汽車に乗る。

夕陽が傾いた頃に湿原沿いの町・塘路に到着。
線路の向こうは湿原なので、近づける処が無いかと白樺並木をちょっと歩いてみる。「塘路湖」の看板が見えたので国道から入ってみると、なかなかの景色! オジロワシが塘路湖から釧路川へ繋がる小川を舞う。

日が暮れきらないうちにと、交番で場所を聞いたイタリアン・レストランでパスタとピッツァとサラダの夕食を摂り、予約しておいた『とーろの宿』へ。明日の湿原カヌー散歩についても説明を受け、お風呂に入って早めに寝る。

(続く)

2008年09月20日 23時54分55秒  機能・狂・朝

昨日から大人3人が右往左往してるのですが、いわとわけチラシ&ポスターのデータがすんなり通りません!2度目のトラブル連絡…おかしいなぁ…明日(下記撮影後に)Sさんちで再チャレンジ…電話繋がらないしプ●ント●ック自体に何か有るって事はないですよねえ…

今日は銀仮面団公演の収録1日目、本命は明日の千秋楽なのですが、初回は据え付けで全体映像のみ、2回目はワイドで据え付けとかぶりつきの2カメ、明日は4:3にしてXactiとかミノルタとかも増設する予定。カメラ増やすのは体調が思わしくないから…好調時なら1カメ1発撮りでも素敵に撮れたりしてた訳ですが…そろそろ長時間物の記録を請け負うのは潮時かも知れません。80分弱の作品なのが有り難いです(泣)

天プラに行ったついでに練習室の使用料3回分を払い込んでおきました。公設民営に替わって接客は…一長一短が見えて面白かったです。

23日の岡山ドームではPA関係を主に?という連絡有り…「でもいろいろを」…了解です。マイティですぅ。

2008年09月20日 04時42分56秒  北海道日記

せっかく書いたのが消えてしまった…トホホ…ちょっと端折るか。

早朝の高速バスから南海空港線を乗り継いで関西空港へ。マクドナルドでのんびりハンバーガーを食べていて手荷物預けるのを忘れ、係員のお姉さんと走る。出発が5分程遅れ「機材搬入の遅れ」とアナウンスしてたのは自分のせいではないかと0.5秒程胸が痛む。

JALの小型めの機体で北へ。窓際で景色を楽しんでいた初飛行機の奥様は着陸時の耳抜きが十分出来ず、頭痛がしたという…私も右耳奥で鼓膜の穴から空気が漏れる音が…耳抜き下手です。

新千歳空港でまず空気の透明感に驚く。空気が綺麗なせいか景色の彩度が高い。南千歳で「スーパーおおぞら号」という多分新幹線的な位置づけの特急に乗り換えてトマムへ。窓の外には牛が草はむ牧草地、「エゾ鹿飛び込みによる急ブレーキ注意」の車内アナウンスが北海道感を盛り上げる。

トマムの駅からアルファリゾートのバスで"ザ・タワー"というホテルへ向かう途中、息子のお嫁さんのお父様に気付き、ご挨拶。ANAの発券システムダウンで滑走路上の飛行機内で2時間待ちだったとの事。間に合って良かったのですがお疲れ様なのです。

バブル期に建てられたこのリゾートを31階の部屋から眺める。スキー場にゴルフ場…広大である。着替えるまで時間があったので部屋にあったT型パズルを全問制覇する。

日が落ちてバスで安藤忠雄設計による『水の教会』へ向かう。十字架が屹立する浅く水を張った池を囲むトーチや、木々のライトアップが美しい。

お嫁さんは背が高く痩せているのでドレスが良く映える。シークレットシューズを履かされた息子も頑張っていた。

披露宴代わりの会食で美味しい物を戴きながらお姉さまとお話などして、この日はお開き。ボロは出してない…と思う。

窓がはめ殺しで冷房が無く、若干暑さも覚えながら就寝。
早朝、窓の外の雲海が美しい。

2008年09月19日 05時29分03秒  帰岡…早速の諸々…

17日未明、帰ってきました。初の北海道の旅…景色のクリアなこと、安藤忠雄の水の教会、スーパーおおぞら号、釧路の丼、釧路湿原カヌー散歩、トンコリの説明をしてくれたアイヌのおじいさん、北海道の植物相、伊丹空港の着陸時の夜景…などコンテンツ満載…あ、もちろん息子の結婚式も…

という事で旅の詳細は後日…です。

■15日、旅行中に御大から電話があり、20-21日の銀仮面団公演の撮影→DVD制作を正式依頼される。頑張るべし。

■16日、旅行中にH井氏から電話があり、いわとわけのポスター、チラシ原稿をプロのSさんが作って下さったので、17深夜にプリントパックへWEB発注&原稿送信…月曜夜の会議に間に合わせたいとの事で2営業日発送で注文。日曜日には石門別神社に代引きで到着予定。フルカラーA3・100枚とA4・1000枚を送料込みで計2万円というのは驚異的な値段です。

■16日、旅行中に電話があり、自宅にFAXで23日10時〜岡山ドームのフリマ会場で行われる鼓空さん企画のAMDA支援チャリティコンサート資料を送ったとのこと。帰宅して確認。当日スタッフで参加予定。
詳細→http://mixi.jp/view_diary.pl?id=937248927&owner_id=5260096

■北海道の旅で撮った静止画から旅日記用の物を選んで加工→アルバムへアップ。日記本文は明日かな…。

■とーろの宿へお礼メールを送信…また、行ければ良いなぁ。

■楽劇IWATOWAKEの練習を立ち上げなければならない時期…天プラ(天神山文化プラザ)の練習室をネットで仮予約。顔合わせと赤田氏参加の練習日程で計3日押さえる。後は顔合わせで調整するべし。
電話とメールで関係各位に連絡。

■お誘いがあったのでN上さんの個展用企画に乗って写真を撮ってもらう事にする。22日午前に打ち合わせ予定。

なんだか俄然忙しくなって来ました…

2008年09月13日 22時19分50秒  旅立ちます。

明日早朝のバスで関空へ行ってJALで北海道へ…17日未明に帰岡するまで、ネット環境が不明です…(携帯はmixi未対応の旧型なので)。

何か連絡がございましたら携帯か携帯メールの方へよろしくお願い致します。

初の北海道…やっぱりクマが出るかしら? サーネー ( ̄(エ) ̄;)

2008年09月12日 08時15分08秒  県演ネットのブログ開設(お試し的に)

事務局長のI郷さんが「12日までに…」と言われていたので
県演劇ネットのブログ式HPをとりあえず使えるようにする。
http://oken.seesaa.net/
当面は認証メールアドレスによるメール投稿方式なのです。

公演迫っている劇団の方、県演ネットの会員名簿に載っているメールから投稿してみて下さいませ…。

認証アドレスを増やすのに、投稿アドレスを削除して、また同じアドレスで再度入力…となるのが鬱陶しいが、アドレス・リストtxtを別保存する事で対処。

ドラマXの私がシリアスな演技をしている回の物をDVDにまとめてシネファクのF田さんに送る…これのためにVHSが必要でした。

ふとNべさんに確認してプロジェクター用のBNC端子はアンテナの同軸ケーブル用と同じ物と判明…VHSに付いてきた物を使って加工が可能だ…これでようやくハイビジョン映写が出来るかな?

K原氏の必要な「浪人カツラ」と「番傘」を楽天で購入。彼のカードで購入、彼の住所へ届ける。炎の男DVDも焼いた。これは未だ取りに来てないけれど。

「犬島時間2008」の動画を作成、youtubeとニコ動へアップする。

さて、そろそろ、いわとわけ参加者の顔合わせをしたいな。
ま、北海道から帰ってだけど…

2008年09月09日 05時48分07秒  日月

日曜日、N村氏が来訪。仏間のエアコンを動かして暫し歓談。音楽のこと芝居のことなど。いわとわけの音楽など手伝って戴く予定。

夜、Nべさんに電話して、土曜に試してみて必要だと判ったDLA-G10(年代物のハイビジョン対応プロジェクター)用のコンポーネントBNC端子について質問。部品を松森無線か松本無線で購入するのが最も割安との結論。有り難し。互いの近況など報告。

犬島の動画(+静止画)を編集中。一気に完成する体力・集中力が無くなってます…。

楽劇「IWATOWAKE」のキャスティングを組んでみる。

県演劇ネットワークのHP用のブログを借り、WEBメールとMLを転送で繋ぎ、管理者グループへの迅速な連絡が行くようにと構想したのだが、やってみると簡単にいかない…月曜夜に至るも未だ完了せず…MLの設定の問題なのかしら?

若干睡眠不足でパートを終えた月曜夜は、いわとわけ音楽祭を奉納する会の会議。ポスター、チラシの原案が出来ていた。私のmixiのトップ画像である仮面姿画像は楽劇の物に差し替えてもらうようお願い…面白いけどさ(笑)

ポスターをP社で印刷してはどうかと提案。無線LANが来ていたのでEeePCで値段を調べる。A3ノビをプリンターで刷るよりは安上がりだと、発注が決まる。

会議から帰宅。K原氏が浪人カツラと番傘をネットで買いたいと来訪。だいたいの値段を調べた上で、送料が掛かるのでまずドンキへ行ってみては?と提案。

秘宝・天晴れ公演の「炎の男」DVD化も頼まれる。やってみよう。

ビデオ・レターと折鶴は未だちょっと時間がある…色々あるので忘れないようにしないと…。ヤフオクで落札したVHSが届いたらドラマXから私の演技を抜き出したDVDも作らないといけないし…。

2008年09月07日 03時02分17秒  県演劇ネットワークのHP会議@NPOボランティア支援センター

自由に使えるPCが並んでいるところ…と言うことで、元の国立病院の建物を使った広大で綺麗なNPOボランティア支援センターの交流ルームを使用して、(ここに団体登録している)県演劇ネットワークのHPに関する会議。

イトーヨーカドーで奥様に北海道用の革靴とスニーカーを買ってもらって自転車で直行。自販機の冷凍たこ焼きで昼飯を済ませる。

事務局長であるひびきのI郷さんは発送物の準備をされていたので、作戦会議のKじさん、水蜜桃のK早さんとブログの機能比較と、使い勝手をPCと携帯から実際に試しての検討…とりあえず機能重視でseesaaを使ってみようということになった。

IDとPASSを会員に公開して…と思っていたのだが、各劇団の中でも人の出入りやトラブルもあったりするし…との慎重論があり、あらかじめ登録しておいた複数のメルアドから記事を投稿できる機能を使って投稿してもらおうという事になった。

管理グループ用のWEBメールを見繕って早々に開設してしまおう。
後は使いながら改善という方向です。


先日買ったD-ILAのプロジェクター、コンポーネント入力の端子がBNCなのです…うーむ。変換ケーブルが7000円とか…どっかに無い物か…

我が家のVHSが全滅していることが判明…うーむ。
どこかにちゃんと動くのが余ってないものか…

2008年09月06日 02時44分28秒  シネマファクトリー

シュリというカフェでシネマファクトリーのF田さんとお話しする。

私が「役のイメージに一番近い」のは確からしい。

けれど私では撮影スケジュールが難しいこと、F田さんが撮りたい映画にはもっと「役者」としての欲や情熱がある人が良いだろうことなど、色々とお話しする。

自分が「欲」のある分野、人生のテーマと思ってることなどお話しして、判って戴いた。もっと役者の欲が有る方を推薦しておいた。

私が参加可能な程度の役ならと、それはお引き受けした。
テーマが重なる部分もあり、今後何か一緒に出来ることがあれば…とも言って戴いた。

有り難し。出会ったようだ。

昔のVHSをDVDにして送ることになった。
奥様のVHSを借りなければ…

2008年09月06日 02時43分18秒  松井誠2008全国ツアー(岡山市民会館)

思いこみに反して昼の2時からしか無かった(実は大衆演劇の場合、岡山は昼の方がお客様が多いんです…)ので金曜日に急遽パートを休んで岡山市民会館へ。

グッズ売り場に立ってらした亀取締役に短く挨拶をして2F客席へ…安い席なのが、ちょっと恥ずかしかったで…。

舞台は長谷川伸の名作「沓掛時次郎」から…この時代、庶民は名字など持ってないので劇中では「沓掛の時次郎」。清水次郎長が清水(生まれ)の次郎長なのと同じで沓掛に生まれた時次郎という事。

一宿一飯の義理で斬り込みの助っ人を引き受けて、おきぬの夫の三蔵を切る時次郎。
その三蔵の末期の頼みでおきぬと太郎吉を守って逃げる時次郎。
ヤクザ家業も捨てるつもりの時次郎が二人に寄せる愛をついに告白出来ぬまま…悲劇が訪れる…

とにかく時次郎は優しい…。プライドも捨てて、おきぬたちを喰わせるためにお金を稼ごうとするが…世間の風は冷たい。おきぬのお腹には三蔵の子ども=太郎吉の弟妹も居て、三人はおきぬの実家に身を寄せる。

金に困り、1両稼ぐためにおきぬに嘘をついて、ケンカ出入りの助っ人に出かける時次郎、「話したいことがあるんで」「かえったら…」とおきぬ。「かえったら」と繰り返す時次郎…互いに気持ちを抑えてしまったのが永の別れとなってしまう…。泣けてしまいました。

数多く作られた映画版の中には、太郎吉を預けて旅に出る時次郎も居るようだが、ここでの最後は胸におきぬの骨箱をぶら下げ、太郎吉をおんぶして旅立つ時次郎。

もちろん時次郎だって生きたおきぬを胸に抱きたかったのだが、残されたのは、「ちゃん」と呼んでも良いかとおずおずと尋ねるつぶらな瞳…純粋で無償の愛に生きる覚悟をする時次郎…あー…カッコ良すぎる…女性からみた男性の理想像かも。

二部は振り付け・構成の「レヴュー」。

時として宝塚歌劇のそれを思わせる衣装・構成、踊りながら生で歌う(と見えました)役者さんの歌唱力にも脱帽。歌劇かミュージカルくらいの技量と迫力のある歌でした。

ベルサイユ風の衣装の座員に囲まれてドレスで出てくる時にも頭は鹿鳴館風、縦ロールじゃあダメなんだろうなあという処にこだわりが見えた。

最後は白とシルバーの衣装の総踊りの中へ、髷の上に観音様のようなベールをつけて現れた「千の風になって」。観客の年齢層を考えると或る意味思い切った選曲だが、心に残った。

個々の踊りの技術を見せたり…ではない、きっちり合わせた全体としての出し物であったり、最後顔に残って消えて行くスポットライトだったり、作り込んだ音源だったりは、毎日同じ出し物で勝負するツアー形式ならでは…か。

従来の日替わり出し物の大衆演劇スタイルを取らない松井誠スタイルの眼目があるように思った。

松井さんの芸風は滑らかできめ細かく艶があって…誰かが「生きている博多人形」と呼んだというのが納得いきました。公演全体から感じたのは「フェミニン」な雰囲気…お姉さま方が騒ぐのも判る気がします。

帰りはグッズ販売のお手伝いで忙しい亀氏に一言だけご挨拶して帰宅。
後程メールで感想を送った。福力氏が私と遊雲氏との連名で送ったお花のお礼メールも来ていた。忙しいさなかでもこういう事をきっちりされる事が劇団の強みなんだろうなぁと思いました。

岡山に帰って来るという甥っ子にも何かで活躍してもらおうかな…と思った。
時代劇もまた、良し。

2008年09月04日 03時35分00秒  公演DVD差し上げます

明日、松井誠さんの公演があるのでマルナカへ行って優待券をもらって来た。
あ…昼の2時からしかないのね…公演時間が長いからなのかな?
夜があると思いこんでました。明日のパートは休まなくては…

明後日の夜、自主映画の監督さんとお会いする事に。
問題は練習&撮影スケジュール…その前に私の演技力(TΘT)
誰か他にいらっしゃらないかしら…

福力氏から音沙汰が無いので電話をして「独裁者2008」DVDを取りに来てもらう。
「5枚プレゼントして」との事だったので…mixiで告知しました。
もし欲しい方いらっしゃいましたらメールしてみてください。

観客を選ぶ作品ですので下ネタや暴力・政治・ブラックな物、ダークな物が駄目な方はよくよく考えてからご応募下さいませ。

2008年09月02日 05時20分21秒  HP更新

公演から随分経過…「独裁者2008」の公式サイトをようやく更新。
http://boogie.xxxxxxxx.jp/act/
公演画像のスライドショー・ギャラリー、公演REVIEWのページを作成。

昔は朝まで掛かっても即日アップなどという荒技もやってましたが…
色々と優先順位もあったとはいえ、最近はトホホでございます。

今日はいわとわけ会議がありました。素敵なチラシ案が出来てました。
積極的な新メンバーが加わると全体に「頑張ろう感」が生まれます。
ともすれば、のどかな雰囲気に呑まれがちな「いわとわけ音楽祭」ですが、
毎年の豪華ゲスト(今年は、おおたか静流さん…)がもったいないのも
確かなので集客のための努力も…ね。

2008年08月31日 16時05分27秒  Right Eye

いつも招待券を送って戴いて貧困の身にはとてもありがたい岡大演劇部の公演、野田秀樹作「Right Eye」を観るために日曜日昼、天神山文化プラザのホールへ。

野田自身が登場し、夏目雅子と同時期に右目の網膜中心神経血栓症で同じ病院に入っていたという話と、カンボジアの戦場に消えたカメラマン一ノ瀬泰造氏の話が交錯し、「作り話」と作家、「写真」と「カメラマン」を巡る『業』の深さを強く感じる作品だった。

まるでかけ離れて見える事実や言葉遊びが、神の啓示のように繋がって人間の心理や真実、テーマを出現させる野田さんの劇作法は、希代の言葉使いである唐十郎から流れる日本アングラ演劇の正統を継ぐ一つの流れだと思ってます。

近年の作品には遊眠社の頃よりも、より「切実さ」が伴い、ダイレクトに時代を撃っていると思う。

カメラマン役、女医役の女優さんの熱演が素敵でした。野田本人の役は、やはりちょっと観ていて難しさを感じました。観ている訳でも無いのにどうしても野田秀樹本人の演技が網膜に合成されてしまいます…。

作品自体は良かったのです。
また、都合が合えば岡大演劇部の公演を観に行きたいです。

2008年08月31日 15時54分40秒  土曜日は倉敷で

週の頭くらいに頼まれたのだったかな?急遽からくり博物館で11-16時化けて来ました。

帰ってからS宅館長と電話でお話したのですが、選挙には色々法律があるので、博物館関係者の私は事前にあまりネットとかで書かない方が良いようです。

したがって以降、住●さんの●知●●●の話は自粛いたしますです…。

2008年08月31日 01時32分22秒  プリンター購入の謎

一週間ほど前、ブラザーのDCP-110Cが用紙を送らなくなった…3年前の元日に(我が家のプリンターはなぜか大晦日とか元日に故障する事が多い)購入した物だ。手を尽くしたが復活の気配はない。

修理代より買い換えが安い今日この頃、早速「価格.com」を調べて一台購入した。


DVD-Rの盤面印刷出きる物が良かったはずなのに…

厚い用紙は使えないと判っているのに…

インクの扱い店も少ないのに…


なんでブラザーのDCP-350Cを買ってしまったんだろう…

年齢と共に感性が慣性に変わります…(涙)

2008年08月28日 04時51分21秒  久々の雨続きに心の渇きを覚える

忘却の淵に立ち 憐憫の風を呼ぶ
全きかな小さなる人となりに
幾ばくかの妄執は燃え残りて
かそけき声をもて乱暴な歌を歌う
季節はずれの嵐が駆け抜ける荒野で
転がる草のように生きて行けばいい
通り雨に濡れて空を見上げればいい
空を見上げればいい

などと思ってもみるが
熱帯雨林な人生を送ってきた幸せなバカには
一滴の慈雨もない乾ききった季節が辛いです。
心の粘膜がひび割れます。

でもまあしかし、まあしかし

入定した木乃伊仏のようにこのまま乾燥しきってしまうのも一興。
心を安んじる道の一つには違いない。仏道は心の麻薬。

色即是空 空即是色

2008年08月26日 06時08分39秒  大物到着&久々のいわとわけ会議

パートから帰ると、ヤフオク落札の大物2点が到着していた。

VictorのD-ILAプロジェクター1号機 DLA-G10(10年前発売の業務用?のゴッツイ物) と横幅2mくらいあるワイドタイプの自立型大型スクリーン。

早速PCに繋いでテストしてみる…短時間で立ち上がる立派なスクリーンに、400Wキセノン・ランプで十分明るくグリッドが気にならない精細感バッチリの画面…惜しむらくはファンの音が大きいのとコントラストが最新機種とは比べるべくも無くレトロ感を醸し出してる事。

まあ、それでも私が持っているPCも繋げない冷凍マンモスのようなシャープ機よりはサイズも若干小さいし新しくて高価格・高機能な訳です。

社内で使ってた物なのか…掃除もきっちりしてくれたカイタックさんありがとう。

2万数千円でこの2点を入手出来たのは嬉しいのですが、今月の財政がピンチなので肩身が狭いです…置き場所も無くなって来るし。

そろそろヤフオク止めて他のことに時間を割かねば…

スクリーンとプロジェクターを仕舞い終えて、石門別神社へ。
7月上旬以来、久々のいわとわけ会議。デザイン事務所をやってらしてポスター、チラシのデザインを奉納して下さるというSさんが居らしていた。有り難し。

楽劇の今年版第一稿もお披露目。そろそろプログラムの順番を固める時期。お面の加工・調整とか、人数増やした分の衣装の事とか…頑張らねば。

2008年08月25日 03時26分31秒  建部へ

蚕くらぶのミュージカル「お父さんをさがせ」を観に
建部町文化センターへ。

センターはJR津山線の建部駅と福渡駅の中間地点にある。
建部駅で降りて、田畑と家の間を20数分歩く。

自然農法の本を読んだばかりなので、目が自然に稲や野菜に…。
同じように見えて、田んぼにも品種・育ち具合・農法の差が見えてくる。

立派な文化センターには、これで二度目、前回は8年前くらいのピッコロ・シアターの時だったなぁ。あの時はマネージャーの方と仲良くなって『万延元年のビートルズ』のビデオを差し上げたのが思わぬ波紋を呼んだっけ…。

入り口でお出迎えをされていた脚色・演出・振付の佐藤先生(座長の創作ダンスの師匠)にご挨拶。いつまでも若々しく綺麗な方だ。

開場前に長い列。お客様が作品に期待している事が雰囲気から伺える。
最前列へ陣取る。私は顔のつくりとして視界が広いので前でも大丈夫。

失踪した父親がコンピューターの中に作り上げていた世界、そこに生まれた悪者が人間を操り世界を手に入れようとする陰謀を、父親をさがすために「クリック」という謎の少女の招きに応じて、コンピューターの中に入った兄妹が、出会った仲間の力を借りて阻止する…という内容。

のろまな悪の幹部「デバイス」や、用の無いときに立ち上がって、役に立たない「ヘルプ」などのキャラの面白さ、小さな子供たちの可愛らしさを引き出し、シャープに決まる演出。シンプルでいて効果的な振付で楽しめる舞台。

バーチャルでない『本物』の感動が大切だという部分や親子の関係など、世の風潮を反省させられる部分もあり、佐藤先生は「マンガの世界で…」と謙遜されたが、良く出来た素敵なミュージカルだと思った。

佐藤先生の建部での町民ミュージカルはこれまで日程が合わず来れなかったのだが、今回何とか鑑賞出来て本当に良かった。「また参ります」と文化センターを後にして、また田んぼの中を建部駅まで歩く。最近歩けて無いので良い運動になる。風は涼しいし、トンボの姿が目立ったり、川で魚とりをしている子供づれに出会ったりも楽しい。

帰りの列車では、同じくミュージカルを観られた後、福渡から乗られていた県演劇ネットワーク理事長・古市さんと遭遇。スイカを下げてらした。

2008年08月23日 04時14分39秒  ミーティング三昧

パート前後に二つのミーティング。

11時に表町サーカスドームの時計台で待ち合わせて、久しぶりの「306」へ。シネマファクトリーという自主映画製作グループの方が55歳設定の役者を捜していて声が掛かった。

粗筋を拝読すると真面目でシリアスなドラマで普通の人という、実は一番高度な演技力のいる役だと判る…撮影も長期に渡って週末を最大限空けるという事が可能かどうかに不安があって、Y氏を推薦…どうしても見つからなかったらもう一度声を掛けてみて下さいという話でお願いする。

何しろ…自分自身の演技力には楽観できない私なのである。

パート後はひびきの稽古場で県演劇ネットワークのHPをどう当初計画のように機能させてゆくかの会議。ひとつひとつ問題点を解決して行けば、何とかなりそうには思えた。各自宿題を持って次回へとなる。

住宅氏が県知事に立候補とのビックリ・ニュースも飛び込んで来た忙しい一日だった。風雲急なのかも知れない…

2008年08月22日 23時09分33秒  ちくわ笛の住宅さんが知事選出馬!

住宅館長が…県知事選出馬表明をされたようです。

http://www.sanyo.oni.co.jp/index.html ←akadaさんからURLを拝借

出るからには是非当選して欲しい物です。
岡山が楽しい県になることだけは間違いないです。

2008年08月20日 04時09分16秒  楽劇 IWATOWAKE 08年版戯曲 完成

難航していた今年のいわとわけ音楽祭用戯曲をやっと書き上げる。

今回のスサノオは自然神・暴風神のキャラクターを強調。キャラ人数も増やし、若干長くなった…大丈夫かしら?人数的に無理なら改定しよう。

9月の北海道ツアーのバス予約とか、ご無沙汰のN氏と(N氏の希望で)メイド喫茶でミーティングとか、自然農法の本を読んだりもあったが、最大の要因は北京オリンピック…。結構観ちゃいます…。

後は、飲み物やトイレで1階に降りたときに、下の子がやってる「PERSONA4」を眺めてしまったり、観てる「アフロサムライ」を一緒に観てしまったり…

要するに気が散りやすいんです…トホホ。

2008年08月16日 22時44分28秒  14日は11時間→お盆シリーズFINAL

お盆14日のお化け屋敷はお客様が沢山入ってくださいました。ありがとうございます。

日本のお化けは「怨めしや〜」と直接、憎い相手の処へ抗議・攻撃に向かいます。
西洋・キリスト教圏の亡霊はハムレットを操ったりはいたしますが、直接報復の感じはやや薄い…

「和」が一番恐れるのは誰かが「怨念」を持つこと。

悪魔さえ神様が作った事になっている一神教では「神の裁き」を待つべきで、
霊の私的な報復はNGなのかな…とか色々考えました。

またまとめて書いてみたいと思います。


16日は今月LASTお化けで10-18時化けて参りました。今日も商売繁盛でございます。

もう終わっちゃったかな…と思いながらEGリビングとコパケトルの演奏がある柳川交差点に向かうと第2部の始まる処でした♪ラッキー!

心配された雨も降らず、爽やかな風が吹き抜ける街路樹の広場で、スタンダードやカーペンターズ、ビートルズなど楽しみました。

さて、明日明後日(月のパートがお店のお盆休みになりました)で溜まってる戯曲を書かなくちゃ…

2008年08月13日 02時05分21秒  犬島時間→お化け12時間

10日(日) 朝早く起きて天満屋BC→西大寺BC→西宝伝とバスの旅、そこから船で犬島へ『犬島時間』を拝観に行って参りました。

早めに帰りましたが、広がる青空の下、島の情緒とアートを楽しんで参りました。

そのうち詳しいのをアップするかも…です。

12日(火)はお盆で9-21時の営業時間延長期間でして、お化けをやっておりました。

2Gのせいか、携帯が圏外なので、ほぼ世間と隔離されてました。

今日は待ち時間用に本を持ち込んでました。
ソマリー・マムの「幼い娼婦だった私へ」。
「闇の子どもたち」に触発されて購入した本の2冊目です。

カンボジアの山岳民族の少女が奴隷の様に売り買いされ、売春宿から這い上がって白人の旦那さんと共に同じ境遇の少女達を救出する組織を作り、海外からの支援を受けながら少女たち・女性を男性の道具としか見ない世間と闘うノンフィクションです。

一大産業である大手売春宿の主人達が政治家・警察ともがっちりスクラムを組んでいるため、逮捕させてもすぐに釈放される、救出した少女たちが再び拉致される、ソマリーも命を狙われ続ける…歯がみしたくなるような現状で、それでも少しずつ状況を好転させているという『あきらめない心』をリスペクトします。

もう一冊『子どものねだん』という本を探しています。
このテーマでも何か書くかも知れません…。

13日はほぼ休日として、14日はまた12時間の予定…頑張ります。

2008年08月10日 02時54分09秒  木金土

【資料を読む】

これまで何度かヒントをもらってきたHPを再読。

摩多羅神
http://hwbb.gyao.ne.jp/akione-pg/

少しずつ、今年の楽劇「IWATOWAKE」が見えてきます…。
半分ほど書く。


【開会式】

私は開会式・閉会式のマニアなのです。

チャン・イーモウ監督には期待していたのですが…眼を見張るほどの物は出てこなかったかな?
上の決定で内容改変の指示が次々あって監督も苦労したらしいですね。

LEDは大活躍してましたね。TVの無い場所に居る方に

http://www.freeetv.com/jp/modules.php?name=Video_Stream&page=watch&id=1589

とかでも視聴可能と教えてあげた…内容は時間的に少し遅れていたりします。


【お化けの妄想】

長崎に原爆が落ちた http://boogie.xxxxxxxx.jp/16sai.htm 土曜日も倉敷で化けてました。

今年はお化け一名システムなので、倉商+オリンピックでお客様少な目だった午後などの待ち時間は、一人(灯りが全く無いのではないのですが)闇の中で妄想します。

エロいこととか、エロいこととか、エロくないこととか…

エロい事は自分が女性の立場で妄想するタイプですので
お化けの着物とかカツラが、そっちへ思考を向かわせるのか、
あるいは楽屋に色情霊など巣くっているのか…アンタガシキジョーレイ(▼Θ▼;)

清く正しいお化けを演じてはいるので…こいつ数分前までは頭の中エロエロだったんだな…とか思わないでね(爆)


マスコミさんたち、オリンピック前、日本勢にあまり期待をさせるのはやめてね…と思ってしまう今日この頃…。スポーツって、敵も味方も頑張ってるんだから…いいじゃないか。

2008年08月06日 10時46分06秒  Googleマップ「ストリートビュー」は思ったより凄かった

http://maps.google.co.jp/

思ったより凄かったです…京橋3丁目の細い通りにあるMAKOTOシアター銀座(「独裁者2008」を上演した場所)にたどり着けました。

道を進むのは一定間隔なのですが、その場から360°上下左右に視界が動かせるのが結構驚異でした。

プライバシーでは色々問題もあるみたいですが…劇場とか、デパートみたいな場所が建物内を公開して、入って行けるようになったら…とか妄想が働きます。

その昔、近所をデジカメで撮りまくって『ウィザードリィ』みたいなシステムの実写3DRPGを作ろう…と、思った事があったのですが、これを使えば作れそうですね。

2008年08月04日 03時33分18秒  「独裁者2008」DVD完成

ようやくDVD用の編集を終えてmpegエンコード→オーサリングをしてDVD-Rに焼く。ジャケットもちゃっちゃとデザインしてみた。

丁度、衣装(陸自の迷彩になる前の作業服)を返しに来てくれた遊雲氏に差し上げる。

リキさんは多数欲しいように言っていたので、アプライドでケース等を買ってきて10枚焼いておく。

WEB用動画とか静止画の切り出しとかもあるけれど…
その辺は少し待ってもらって、色々溜めていた他のことも
進めていかないと後が辛くなりそうだ。

2008年08月03日 10時06分37秒  花火の音を聞きながら

土曜日は朝から倉敷の『桃太郎のからくり博物館』のお化け屋敷で
お化けのバイトをする。前回よりはだいぶ忙しかった。商売繁盛。

帰りの岡山行き列車はゆかたの男女で混む。
岡山市の花火大会が19時からあったので…

故Jさんのお父さんは花火大会やさくらカーニバルに関係している方だったので、Jさんを連れて毎年花火大会に行っていた。

昨年はちょうど奥様のお弁当屋さんパートが休みの日だったので
一緒に観に行った。

今年は行く理由が無く、お化け疲れもあって
自宅で花火の音を聞いていた。

子どもの頃は露台から見えていた物だが
今はビルの向こう。

けれど距離は遠くないので音量はかなりのもの…

鉄腕アトムが
「(ロボットの)僕には火薬の爆発にしか思えないんです…」
と悩んでいたが、『美』を外せば確かにそうなのだろう。

そもそも花火を始めたのは初代鍵屋である伊賀(大和・根来説もあり)の弥兵衛。
戦乱の時代に育まれた忍者・鉄砲火薬の技術が平和利用されたものだ。

世界中の砲弾・ミサイルが花火になればいいな。

2008年08月01日 00時07分59秒  合歓の木防衛策

合歓の木の若芽・花芽を食べ尽くす白い糸のような害虫(親はウンカのような虫?)を駆逐するため、遂にピレスロイド系化学兵器…『蚊取り線香』を導入しました。

安いし長時間闘ってくれる処が有り難いわけです。

おかげで丸坊主に近いくらいやられていた合歓の木に
葉が茂り、花が咲き始めました…。

若干の良心の痛みに耐えつつ、今しばらく蚊取りを焚き続けます…
(夕立の時は取り込んでもらわないとダメなのですが)

2008年07月31日 01時07分34秒  「生きる」がやって来た。

谷川俊太郎コミュの「生きる」が書籍になって送られて来ました。
猫さんの画像(←あちらのセレクトです)を背景に私の書き込みも1ページになりました。暗めの画像なのですが猫さんがこういう本に載ったのはちょっと嬉しかったりします。

さて、動画編集の続きを…

↓ヤフオクで気になったゴジラ鎧…とっても欲しいけど値が上がりそうです…(TΘT)
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n67786720

2008年07月30日 03時51分46秒  「独裁者2008」DVD用編集中

岡山ピースアクト「独裁者2008」東京公演(脚本が私)の記録動画をDVD用に編集中です。取りあえずお客様の多かった最終回分で作ってます。

後半に掛かった処で脳味噌がみてました(←岡山弁で「使い切って無くなった」「尽きた」事をこう言います)。今日はここまで…お休みなさいませ。

2008年07月29日 02時43分10秒  OFF会

皆がするといふ「おふかい」なる物に
我も参加してみんとぞ思ふ。

結果として似たものになったのは別として
ちゃんと最初からOFF会として設定された物に参加したのは
今回が初めてでした。

人見知りする私としては、見知らぬ人の中へ…と考えただけでも
勇気がいるのですが、結果としては6名中2名の方は直接で無くても
縁のある方でした…岡山は狭い…!

主催された方の気配りが印象に残ります。
最後はカラオケで「あの素晴らしい愛をもう一度」を全員で合唱するという…
和やかで楽しい時間でございました。

2008年07月27日 01時06分28秒  今年の初おばけ

天領まつりに沸く倉敷で
10-18時過ぎまでからくり博物館のお化け屋敷バイト。

朝早かったのと最近の灼熱地獄で疲れ感が増してました。

帰宅後、K原氏にDVDを渡すときもパンツ一丁で
「そういう部族だと思って」とお願い。
我が家で唯一クーラーのある仏間で喫茶代わりに
アイスコーヒーを飲んでいると奥様が帰宅して
「電気代払え」と送風にしてゆきました…
切らないだけまだ優しいのです。

とりあえず何だか眠いので
今日は早めに寝ます。

2008年07月26日 00時55分49秒  頼まれ事など

リキさんに頼まれて「原爆許すまじ」の音源をネットで探してCDに焼く。

K原氏に頼まれて彼用の振り付けを撮ったDVからDVDを焼く。

9.20-21のイベントで何かしませんかと誘われた物と、10.26いわとわけ音楽祭での楽劇の企画を立ち上げたいのだが…

明日は桃太郎のからくり博物館「お化け屋敷」のお手伝いに行くので、もう寝なきゃなあ。

2008年07月23日 00時53分08秒  墓参の月曜日

打ち上げの後、リキさんの無呼吸の合間に聞こえるイビキをBGMに、遊雲氏と熱く語っていたら夜が明けて月曜日の朝になってしまった。

感謝を告げて遊雲氏と別れ、リキさんと二人で上野駅から高崎線に乗る。

群馬県新町で降りてタクシーへ。
力「このあたりで一番大きなお寺へ」
運「はい?…お寺はありますが、大きい小さいは、良く判りませんねぇ」
力「あ、大光寺だったかな?」
運「大光寺は埼玉になりますが?」
私「そこかどうか判らんよ…」

リキさんが場所を聞いた相手がウロ覚えで
新町駅の近くで一番大きなお寺だから直ぐ判る…と教わっていた。
出る前にgoogle mapを開いて私が近所で最初に見つけたお寺だった。
名前が大きそう…くらいの気持ちで「ここかも」とは伝えていたが…

まあ、ウロウロ探すのは覚悟で来た訳だし、
とにかく行ってもらうことにした。
運転手さんも「普通は一つ手前の駅から行くが、案外こっちからが近いかも」と言って、我々をお寺へ届けてくれた。

結果正解で、5分後我々はお寺の大黒さんの案内で塚越正男さんのお墓の前に居た。

線香の煙の向こうへと手を合わせ「あなたを主人公に『担白』を作らせて頂きました」と遅まきながらのご報告。
今回の公演も塚越さんと石飛さんの縁があったから…なのだ。

お寺の鐘突堂前のベンチで帰りのタクシーを待つ。
口をついたのはジャニス版の「サマータイム」。
か細く裏声で歌う。
リキさんは黙って立っていた。


「精進落とし」に二人で新宿TSミュージックへ。
10日ごとのプログラムの初日だったせいか
ポラ・ショーに長蛇の列で終わらない…為もあって
踊りで唸るほどの人はいなかった…
私が一番その気にさせられたコスプレ・ドラマ風の
♀♀コンビに客も引くくらいの激エロ・ポーズを取らせて
ポラを熱写していたのがリキさんだというのは内緒に…(爆)
あ、この日デビューの女の子の恥じらいながらの…も、なかなか…


リキさんは新幹線へ、私は品川BTでシャワーを浴びて高速バスへ。
長いようで短い東京公演の旅が終わりをつげました。

今朝帰って昼にはパートへ…若干眠かったなぁ。

2008年07月23日 00時52分09秒  千秋楽

千秋楽終わりました!(…って二日間なのですが)かなりお客様を選ぶかも知れない舞台で、宣伝も十分には出来なかったのですが、特に最終回はかなり席も埋まり、魂のアソコ監督さそりさん、おもてさん&いじりさんなどmixiからお誘いした(どちらも私の大好きな自主映画の)お客様など、予想よりも多くのお客様に見ていただけ、意外な好評を多く賜りました。

憧れの平岡正明さんにも「シャープだね」と、また遊雲さんを「男おいどんのような哀愁があるのが良い」と褒めて頂き、私はちょっと舞い上がってしまいました。平岡さんに拠ると私は「中村誠一 http://www.hot-blizzard.com/images/seiiti_nakamura.jpg に似ている」らしいです。

浅井久仁臣さんのアラファトとのキス話、世界的スクープの実際などメディア裏話、石飛仁さんによる花岡事件の画像満載解説、平岡さんのグレンミラーやサッチモ、ホリディ、志ん生や快楽亭ブラックを縦横に駆使してのスーパー芸談。と二部も素晴らしいプログラムでした。

こうして「独裁者2008」、そして第二回1&2演劇祭は全て終了。
平岡さん、石飛さんと久野さん(←「4回全部観たから●●字で書いてと言ってくれればいつでも書くよ」と言って下さいました)、石飛さんの仲間たちや、春駒一座の方、浅井長政の子孫でもある浅井さん、おもてさん&いじりさん、劇場のスーパープロデューサー亀さん、照明・音響の達人にしてテルミンなど操る音楽や舞台で才能を発揮している松田さん、ゴールデン街で名前を売ってそうな陽気で楽しい舞台監督の安永さんなど、私たち三人も加わって打ち上げがいつ果てるともなく続いたのでした…。

「またこっちに来て厳しい目の中で磨きなさい、才能と可能性があると思うから言ってるんだ」平岡さんの有り難いお言葉でした。

2008年07月23日 00時51分05秒  土曜日 独裁者2008 公演1日目

編集する 2008年07月20日04:35 朝リキさんのイビキで目覚めると遊雲さんは築地に海鮮丼を喰いにでかけていた。結局50人待ちの盛況に恐れをなして隣の店のマグロ丼で我慢したとの事。

11時に同時上演ルピスカ物語の島田美奈月さんが到着。いよいよ本番が近づいた感が高まる。一回目のルピスカ上演を据付全景の方でビデオ撮影して欲しいとのご要望がありカメラのスイッチを入れる事とする。

受付を手伝ってくださるH野氏が到着。近代建築に造詣の深い方なので築80年の誠オフィスのビルに興味を持たれ、近辺に同じく戦前から焼け残った三井ビル、また高度成長期やバブル期のビルのデザインについてレクチャーを受けた。

昼の公演にはマイミクのノンシーさんとはるさんが来場される。ワインとお菓子を頂く。有難し。

夜はモモさんが水族館劇場からのお酒を持ってきてくださる。有難し。

ルピスカ物語は昭和30年代の『嫌われ松子』みたいな女性の物語で嫌味なく味わい深く面白かった。

「独裁者2008」の出来としてもリハの出来を上回り、H野氏のように大絶賛しつつ、「この芝居で一度の動員は20人止まりだな。」と断定する方から、話のスケールの大きさを言うノンシーさん、私らしいというはるさん、リアルなアドバイスを下さったモモさんと様々な反応を産む。

終演後、H野氏との4人でプチ打ち上げ、早めには帰るが、リキさんの無呼吸の長さが気になってしまう。遊雲氏と語っていたら世が明けてしまった…寝なくては!

ラスト2ステージ!一同頑張ります!

2008年07月23日 00時50分01秒  金曜日 場当たり→ゲネ

木曜夜、遊雲氏と同じバスで東京へ。

LED照明3灯、ビデオカメラ3台など超過重量を詰め込んだ元ケセルンジャー装備用トランクは目的地まで100Mのあたりで遂に車軸を固定する部分が破損、虫の息になりながら遊雲氏の助力もあってやっとこさMAKOTOシアターに到着。帰りは宅急便送りが決定した。アーメン。

照明のM田さん、舞監のY永さんとプロについていただいて、場当たり・ゲネはさくさくと進んだ。石飛氏も見て、誉めてくださってアドバイスも頂く。有難し。

浅草橋に万一用のDONクラッカーを買い足しに出向き、ついでに遅い昼食を頂く。帰館後、場内整備等手伝い、風呂へ行く。銀座の銭湯は首都高の高架脇にあった。さっぱり。

受付の取り置き準備とか、ギター弦の張替えとかそれぞれの準備…窓辺なら公衆無線LANが入ってくるという環境はありがたし。遊雲氏が行ってみたいという築地市場内の海鮮丼屋をネットで調べる。

私は、後、ビデオカメラの設置も済ませて今日を終えようと思う。

お客様が来てくださるといいなぁ…。おやすみなさい。

2008年07月15日 04時31分32秒  直前予告動画を作成!

「独裁者2008」の直前予告動画を、7.13の試演会のビデオと以前のリハで撮った静止画で編集しました。

ニコニコ→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm3967518
youtube→ http://jp.youtube.com/watch?v=F0yx4U5pDow

ふぅ…疲れました。
次は当日パンフを何とか…

2008年07月14日 02時51分40秒  「独裁者2008」試演会

日曜日の昼前から岡山市藤田のシアター虫Lで、遊雲さんの知人数名様にお越し頂いて「独裁者2008」の試演会を行う。

LEDの舞台用照明も3台持ち込んで、リキさんの演奏場面で使用。暗転等の操作もM夏ちゃんがやってくれた。

やはりお客様がいらっしゃると違う。役者の遊雲さんは自然に客席の雰囲気をフィードバックして演技するし、リキさんは若い女性がいると張り切るし…(^Θ^;)

アンケートも書いて下さったので大変参考になった。
薄々思っていたのだが、この作品、黒い喜劇というよりも、ポリティカル・ホラーというよりも…『怒劇』であるのかも知れない。

土曜日から、心配していた猫さんの食欲がようやく戻ったみたい!

元通りに1日4回エサを要求する…(笑)

良かったです。

2008年07月11日 02時12分15秒  東京公演リハなど

朝9時半過ぎにリキさんが迎えに来てくれて、シアター虫Lへ。

リハも日曜午前の物が最終回だが、遊雲さんもまだまだ工夫を止めない…良くなっていってると思います。

12時過ぎに帰宅して13時からパートへ。5Hに増やした分ちょっと疲れます。

住宅氏から11月のイベントのMC用時代劇コントのブッキングを頼まれて久々にY氏に電話。N氏ともども参加してくれそうな話に。有り難し。

この何日か、猫さんが食事を食べられなくなっている…暑さとかの一時的な物なら良いのだが…何しろ15才になろうという老猫なので…。

2008年07月09日 04時19分21秒  月曜日・いわとわけ会議

月曜日、いわとわけ音楽祭会議久々に主要メンバーが揃う…。
それぞれ担当のバンド、ユニットに出演の確認。
宣伝についてはいつものジレンマが。
楽劇はウズメ込みのフルバージョンになるのだが、
始動はピースアクトの東京が終わってから。

火曜日、奥様と9月の北海道日程について検討。
まあ全体の日数が無理できないので、あまりあちこちは難しい…
予算に限度があるし北海道は広いものね。
飛行機は2ヶ月前〜28日前の間で『旅割』の申し込みが可能。
もう少し考えようと言う事に。

以前から気になっていた『ふたりエッチ』を読んでみた。
つまり若者向けの成田アキラという理解で良いのかしら?

2008年07月07日 02時49分24秒  日曜日・「独裁者2008」リハなど

今日も朝8時に起きてリキさんの車でリハへと向かう。

遊雲さんがキャラをシフト…「キャラに引きずられてセリフが荒れた」との事で、もう一回挑戦。流石に疲れるのだが、セリフは大丈夫だった。

精神力を削る台本、それでも2連続でやり通した遊雲さん…まだまだ作品は進化を続けている。

お昼は休日だった奥様とお昼を食べに出る事に…奥様はしょうが焼き定食で美味しかったとのことだが、私のお好み焼きには問題があった…肉が味噌漬けだったのかしら?ソースの味?何だか味噌辛さが、過剰なマヨネーズと相まって…まずいときにはサッサと胃袋へ片付ける。ゆっくりだと食べられなくなりそうなので…。

9月の北海道ツアー・プランを奥様のご意向で調査。「ハイパーダイヤ」 http://www.hyperdia.com/hyperWeb/ や「じゃらん」など使って仮プランの日程と費用を計上。アイヌの聖地・二風谷はレンタカーでも使わないと無理そうなので、今回はパス…残念。

2008年07月06日 05時05分08秒  夢で逢いましょ

土曜の朝、06年に亡くなったJさんの夢を見ました。

このところ、Jさんを想う事があったからなのかな?
前にちょっとだけ夢に出てきた時とは違いリアルっぽかったです。

「生きていてくれて、こうして会えて、本当に良かったよぅ」と
私が抱きしめると、Jさんは座ったままあのクールな笑顔を見せてくれました。

目が覚めて、「ああ夢だったんだ」と思った後も、切ない寂しいというような感情ではなく、ただ、ジーンと温かく嬉しい気持ちで、「ありがとう」と感謝しました。

いまだにJさんの死は心の中で整理できていない事ですが、その記憶は、Jさんは、ちゃんと私の心の中で生きていてくれているのだなぁ。
今でも、こうして温かいものをくれるのだなぁ…と、起きてしばらく夢の余韻に浸っていました。

2008年07月06日 05時03分46秒  東京公演リハ→DVD&VHS化

3日の夜に「独裁者2008」のリハ(流石に遊雲さんもリキさんも前回練習から進化した物をピシっと極めてくれました)を(Xactiにて…コスト面から画質を求めない物に最近多用中)収録→1&2舞監様用VHSにダビング→PC取り込みDVD化→4枚焼く→VHS・DVD・現状照明プラン書き込み台本をEXPACKで発送。

というのが、ここ数日の流れでした。

DVD化の前に、昨夏炎暑の部屋で酷使した為、若干不安なネットPC用外付けHDD(400GB)の内容を1万円弱で購入した320GBHDDに移動&交換、400GBをフォーマット&ディスク・チェックして動画VAIO用のサブに回す…という作業も入ってた訳で…時間が掛かる物が多かったのです…。

MP-4を編集したものをDVDに焼く…は(唯一MP-4が扱える)premiereのエレメンツ君がやってくれたのですが、このエンコードに中でも時間が掛かります。寝て起きてやっとでした。DVのAVI→mpeg2のような訳にはいかないんでしょうね…。

寝てる間に雷が鳴ってたらしいんで…この間に停電でもしてたら、HDD書き込み中のPCが…と考えると、結構スリリングです…

2008年07月01日 22時50分30秒  上杉謙信女人説2

◆子孫が転封になった時わざわざ謙信の遺骸を転封先に運んでいる。
 ・上杉家が会津に転封された時、さらに関ヶ原の後、米沢に減封させられた時、いずれも謙信の遺骸の入った壷を墓から掘り起こし、転封先に持っていっている。他家に例を見ない。見られては困る何かがあったのではないか。

◆筆跡が女性的。謙信の漢詩は頼山陽の創作。明らかに謙信が書いたとされる作品は和歌。
 ・謙信の筆跡は実に繊細で、信玄の力強い字と比べ実にしなやかな感じを受ける。
 ・謙信が書いたと有名な能登七尾城攻めの漢詩は頼山陽が後世付け足したものである。
 ・謙信は上京した時に、時の関白近衛前嗣に和歌懐紙と“三智抄”という和歌集を所望している。前嗣が「越後の田舎大名が歌道をたしなむとは稀有なこと。“三智抄”は見つからぬが、懐紙はすぐに届けて、歌会を催したところ、非常に風情のある雅歌(恋歌)をよんだ。よって皆驚かされ…」と書いている。生涯不犯の謙信が…である。

◆他国主と会うときにその母嫁らとの交流が相手本人以上に深く、それに嫉妬された事もない。
 ・謙信が足利将軍家に拝謁しに行った時など、相手本人よりもその母親、妻などとの交流のほうが深かったという。不倫の危険がない人物=女性であったのではないか?

◆金持ちの国主が来訪したにも関わらず京の官女らが謙信に熱を上げた様子がない。
 ・多くの金山を所有する大金持ち大名が威風堂々と上京したはずなのに、当時の女官達の残した詳細な宮中の記録「お湯殿うえの日記」に姿形などの評判などは一切記録されていない。女官にとって全く興味が沸いて来ない人物…つまり同性だったのではないか?

◆越後にある白山神社のご神体は馬に乗った女性である。
 ・白山神社のご神体は男女一組だが、越後のものだけ女性1体でそのかわり馬に乗っているという。なかでも寺泊にある白山神社のものは鎧まで着ているとか。
 ・数多い白山神社の中で春日山に向かい合う板倉の白山堂の中にある女神像には上杉謙信の「毘」の旗をさしているという。

◆当時女城主は珍しくなかった。
 ・美濃岩村城の尾張御前は織田信長の伯母だった。(当代期)
 ・「伏見城普請割当帖」に「池田せん3万石」とある。
 ・その他にも立花闇千代、謙信の乳母代わり(?)松江、本能寺の変の時の濃姫、大阪の陣の淀君など、女城主が取り立てて珍しい存在では無かった。

◆姉、仙洞院の初婚が遅すぎる。
 ・当時の女性は大体15までには結婚している。しかし、仙洞院の初婚は28歳、一般に嫁に行き遅れたものと考えられているが、八切説では『行かなかった』のだとしている。
 ・仙洞院は謙信によって長尾政景の妻になる訳だが、彼女は嫁入りの世話をした相手の砦へ放火させるなど「よくも追い出したな。」と謙信を恨んでいたという。その証拠に謙信の側近、本庄実仍が「たとえ御新造(仙洞院)が、ごく近いご親類とは申せ、許せない事である。」と出した文書が現存している。
 ・妹謙信ではなく、自分が跡取になるはず…と思っていたからこそ自分を追い出した謙信を恨んだのではないか?

◆遺品で残されている服装品が女性的
 ・赤く艶やかな服を好んだと言われる謙信(信長も赤いビロードの南蛮マントを贈っている)。中でも、上杉神社所蔵の「紅地雪持柳繍襟辻ヶ花染胴服(くれないじゆきもちやなぎぬいものえりつじがはなぞめどうふく)」はとても男性用とは思えない。謙信は「かぶき者」だったのか?そんな評判は無い。
 
◆謙信頭巾はおこそ頭巾(女性用)ではないか?
◆敵兵が戦場で謙信に見とれたというエピソードがある。

*女人説は主に八切止夫・横山茂彦による…
参照:もんちっちランド http://montitti.cool.ne.jp/
上杉謙信女人説-Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E8%AC%99%E4%BF%A1%E5%A5%B3%E6%80%A7%E8%AA%AC

****************************

以上を読んでもらうと判るのだが、信長って…謙信に惚れてたんじゃないかしら?…と、考えて『信長2003』http://hihode.gozaru.jp/03nobunaga.html で書いてみました。あながち無いとは限るまい…。

番組では日光東照宮に毘沙門天が5体も祭られているので、「毘沙門天信仰の篤かった家康が上杉家を護った」というのがあったが、これ、「家康も実は謙信に惚れていた」とするのはどうかしら?

2008年07月01日 22時48分35秒  上杉謙信女人説

TV東京系の「新説・歴史ミステリー」で「上杉謙信女人説に新証拠」というのがあったのを観ました。

番組中にあったのも含め、ちょっとまとめてみました。
_____________________________

◆毘沙門天は女性=地母神的性格を持っている。
 ・当時全国のお寺に置かれていた玄奘三蔵の「大唐西域記」に(謙信が化身と信じた)毘沙門天が子供のない者の願いを聞き、額から子供を産み、地を乳房のように盛り上がらせて乳を与えたという話が書かれている。

◆織田信長に洛中洛外図屏風とともに源氏物語屏風を贈られている。
 ・源氏物語図屏風は当時、嫁ぐ女性への贈り物とされていたという。
 ・愛読書が源氏物語や伊勢物語であったという。

◆謙信の死因は大虫(更年期障害による婦人病の一種)である。
 ・松平忠明著「当代記」という第一級の歴史史料に「越後景虎大虫にて卒す。」と書かれている。大虫とは「明解古語辞典」で「婦人の血の道しゃくを起こすもの。」とある。(福井県には官幣小社で女神を祭る婦人病の神様大虫神社というものがあるという)

◆(陰暦の)毎月10日前後に腹痛をおこし合戦を取りやめている。
 ・「○月十日、謙信公腹痛をおこし…」と、10日前後になると謙信は原因不明の腹痛に悩まされ、出陣を見合わせている。一度だけ戦ったのは、かの有名な川中島合戦。当時の暦は毎月28日である。
 ・関東出征の時、北条軍が攻めてきて危機一髪という時にも、腹痛と称して6月11日厩橋城に引きこもり、十日ほど討って出ず、城内で成田長康から人質に来ている幼児のお守りをしていた、という話が「松平記」にある。
 ・春日山城の厠で謙信(享年49歳)が倒れたのは3月9日、そして13日に他界している。この時の関東への出陣予定を15日としていた。

◆謙信の武勇を称えた当時の唄で女性扱いされている。
 ・古文献記されていた瞽女(ごぜ)唄の一節
♪白虫赤虫一二匹、まんじ巴とくるうなか、とらどしとらずきとらの日に、うまれたまいしまんとらさまは、城山さまのおんために赤やりたててご出陣、男もおよばぬ大力無双♪
「まんとらさま」=謙信は関東管領に就いた時、上杉憲政の一字をもらって上杉政虎と改名。
「男も及ばぬ」というのだから男性であってはおかしい。すなわち「政虎様は男性ではない」=「上杉謙信は女性」。

◆スペイン国王フェリペ2世宛ての日本についての報告書で謙信は女性と書かれている。
 ・スペイン国王フェリペ2世によって日本へ黄金探しに派遣されていたゴンザレスという人物がフェリペ2世に宛てた報告書に、会津の上杉景勝がおびただしい黄金を隠し持っているニュースが書かれているのだが、「彼のTiaがサドとよぶ土地を開発して得たものを、ひそかに運んだのだといわれる」とある。(伯父=Tio 伯母=Tia)

◆謙信が肖像画家に、女性の隠し言葉を表す盃の絵を描かせている。
 ・「独鈷(どっこ)」という、密教で煩悩を打ち砕くために用いる両端のとがった鉄棒が、白い雲に乗って、その下に赤い大きな木盃が1個描かれているきりのものである。
「古語拾遺抄」によるとこの時代徳利や瓶子は男性、杯や盃は女性の隠し言葉。

◆謙信のヒゲ面の肖像画はいずれも謙信の死後、江戸期に描かれたものである。
・有名な謙信のヒゲの生えた肖像画は死後五十数年経って謙信の子孫が描かせたものである。
 ・江戸時代、跡取に男子が無ければ養子でもとらない限りお家断絶の憂き目に遭った。
外様大名であり肩身が狭かった上杉家を「お前の国は謙信の時点で男子が途絶えておる。」などと屁理屈を付けられ家を取り潰されてはかなわんと、謙信を男性化するためわざ無精髭の謙信を描かせたという。
 ・最古の謙信肖像画(慶長年間の作とされる…林泉寺蔵)にはヒゲはなく、女性を描いた時によく表現されるふっくらとした頬を持つ顔で描かれている。近年、(信長の贈った)洛中洛外図屏風に上杉謙信らしき人物が描かれていると考えられているが、そちらの謙信(と思われる人物)にもヒゲが無い。この当時武家にヒゲがあるのは常識であり、ヒゲの薄い者は付け髭などをしていた。謙信が自分の風采で悩んだと言う話は伝わっていない。

◆たかだか5尺2寸の身長なのに大柄と言われていた。
 ・当時は確かに現在より平均身長は低い。しかし、156センチ程度で大柄と言われるだろうか?もし、そうなら柿崎景家などは化け物になってしまう。謙信が女性だから156センチで「大柄」と呼ばれたのではないか?

2008年06月29日 05時04分36秒  独裁旗を製作

金曜日の「独裁者2008」練習はリキさんのちょっとした事故で延期に…。早くに起きてたので眠かった。

土曜日は、ウエスギで端切れを買ってきて「独裁旗」を製作しました。

ヤフオクで落札した旭日旗のタペストリー(サッカー応援用?日の丸が中心にあるタイプですが…)に合うサイズを計って新聞紙の丸と☆を描いた物を切り取り、簡単に押さえて、ケセ=ブルーのヘルメット用青いスプレーで塗装。ちょっと好い加減な仕上がりです。

後は切り抜いてまち針で止めて手縫いで縫いつけました。まあ…芝居だからこれで何とか許してもらおう…。

2008年06月26日 02時46分41秒  昨日のいわとわけ会議&今日のあれこれ

月曜夜21時〜いわとわけ音楽祭会議へ。

『楽劇IWATOWAKE』について…
今年はK月先生の参加が無理なので、
物語後半、アメノウズメの踊り部分も
persona blancaで引き受けることに。

H井さんは物語をスケールアップしたい考えもあるようだ。
神話の掘り下げ〜展開も含めて考えてみよう。
始動はピースアクト東京公演後になるけれど。



なーにか、しなければと思ったことを忘れている気がするので、
今日パート以外でしたことを書き出してみよう…

■27日が引き落としなので郵便局で準備する。
結構、沢山使った月分の支払いなので巨額のお金をATMに出し入れ。

■T機Y砲のMあやが電話してきてくれたので東京公演チラシを30枚ずつ梱包して
速達メール便で発送。有難し。

■B社プリンター用に買った安物の"互換"インクがいい加減な互換性でトラブったので、純正カートリッジを使った再生インクを注文していた。
届いたので交換すると、無事に動き始めて2日前に刷っていたDVDジャケットラベルの最後の2枚が出てきた。律儀なプリンターだ。

2枚DVD-Rを焼いて完成させる。

■一年に一度、サーバーとドメインの更新作業を請け負っているインド人のMダンカさんのサイト。他にも2つ作ってるようなので要るのかどうかを尋ねていた返事がやっと来る。

これも残しておきたいとの事なので、WEB上で契約を更新してクレジットで払っておく。7月になって払いに来てくれるとのこと。相変わらず熱心に世界を飛び回って商売してるみたい。

■台所へ降りた際に次男が「ロケットマン観る?」と誘ってくれたので、一緒にタイ産のムエタイ爆竹妖術西部劇映画を観る。とにかくニー。

■「信長」の自主映画案をあきらめた旨をT社のT代表に送信。

■「We舞台」の応募追加をあきらめた旨をC社のYさんに送信。

■落札した旭日旗(サッカー応援系の製品らしい)がやってきたのを、独裁旗(中心が日の丸ではなく、青地の円に白抜きの星)に改造するために、中心部分をトレース。

あ、思い出した…リキさんが明朝「御招待」「当日清算券」のハンコを押しに来るから早めに寝ようと思っていたのじゃなかったかな?

2008年06月23日 04時30分18秒  東京公演練習@日曜AM

朝8:30にリキさん来宅で藤田のシアター虫Lへ。

AMは普通寝ている時間帯なので頭の働きが悪い…XactiのSDカードを4GBに換装するのを失念していた…1GBでも通しの終盤近くまで撮れたのは僥倖。

最終的な仕上げ方への方向性について3人で意見交換をする。

結局3人とも同じ事を考えていながら、どんなキャラがより効果をあげるかの価値基準が違ってるだけなんだなと納得。

ならば遊雲さんに任せておくべきだと考えた。

DMとかメッセージの反響が少しずつ出てきて、
あんな方、こんな方が観に来てくださる…が判ると
「良いお芝居を見せたい」というプレッシャーにも
なってたのかも知れない。

それぞれを活かすようなコラボレーションにしなくては。

独裁旗のベースにする旭日旗をヤフオクで購入。


第2回1and2演劇祭参加
岡山ピースアクト「独裁者2008」東京公演

公演公式サイト http://boogie.xxxxxxxx.jp/act/
ご連絡      boogie@ms13.megaegg.ne.jp

2008年06月19日 04時59分34秒  東京公演練習

19時半よりシアター虫Lで「独裁者2008」2回目の合同練習。

前回忘れていた自衛隊作業服(旧型=単色の物)を届け、サイズの合う上下一着を預ける。

先ずは演奏と合わせる所の打ち合わせ。踊って出てくるところで動きのヒントを出す羽目に…右腕が駄目なのと人前は久しぶりなのでテレテレになりながらも何とか参考にしてもらった。

出入りも含めリキさんの弾き語りと合わせて、通す。格段の進歩を見せてくれるお二方に感心しながら拝見。気のついた点を意見交換して解散。

今回は使い古しの携帯たちを持ってくるのを忘れていた…毎回何か忘れます…。

次回は日曜午前。その次くらいには東京へ送る(照明指示用)リハDVDの為の撮影をしなくちゃ。情宣も本腰入れて掛かるべし…。