マカの特性など
HOME
田七人参と健康作用
コラーゲンの構造
身体元気素材

マカはどうして健康食品で摂る必要があるのか?
 

 マカは非常に豊富な栄養が含まれており完全食とも呼ばれるほど栄養価が高く健康増進・健康維持に大変注目されている食品です。そんなよいのであれば毎日の食事から少しずつ摂取すればよいのですがマカの健康食品ばかりクローズアップされるのはなぜでしょうか?疑問に思いませんか?実は現在マカそのものを原産国であるペルーでは持ち出しが法律により禁止されています。その理由はマカはペルー政府の貴重な外貨獲得の資源のひとつになっているからです。そんなにマカの需要が高いのであれば「日本国内でも栽培すればいいのではないか」と 言う疑問を持つ人もいるでしょう。しかしマカは標高4000〜5000メートル以上の高地で栽培されたものでなければ本当に品質がよいものが育ちません。十分にミネラルを持った土地、昼夜の温度差が30度以上、風や嵐の絶えないとても厳しい過酷な環境があってこそ優れたマカが育つと言われています。このような理由からもマカが高地を選ぶという特異な性質を持つため日本における栽培は不向きなのです。以上の理由からも貴重食材のマカはサプリメントなどの健康食品が主流となり日本国内で流通しているのです。マカはペルーの宝と言われています。

マカの効用

 なにか男性精力剤の一つして有名に成りすぎて、本当のマカについてあまり知られていないところがあります。
マカ自身は歴史のあるもので今からさかのぼること2000年前に栽培されており 当時も弱っている生命力を再び元気付けるものとして 重宝されていたようです。
逆にマカを栽培した畑は 養分をとことん吸い取られるので 数年は栽培するものが無いとも言われているくらいです。
ペル−ではマカを「アンデスの人参」と呼び、 滋養食として家畜であるリャマと少量のマカが取引されていたくらいでした。
現在もマカは、原産国であるペルー政府の貴重な外貨獲得資源となっており、ペルー国外に持ち出すことは法律で禁止されています。
いやいやたいしたものです。
日本においてもマカは健康素材として欠かせない成分と成っています。2001年には医療学会の研究において、更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害に対しマカの効果が十分期待できるものと考えられると発表されました。基本的に体力全般をアップさせるので精力が上がるのも自然な流れかなあと思います。

マカに含まれている成分は、タンパク質、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、E、ミネラル、カルシウム、鉄、亜鉛、ヨード、脂肪、繊維、カロチン、アルカロイド他多数。アミノ酸もバランスよく含有していて、マカは別名「栄養の缶詰」とも呼ばれています。スペイン軍が古代インカ帝国を征服した時、経験したことのない厳しい自然環境の中で、馬は子馬を生むことなく死んでしうことが多くなりました。その時、土着民に教えられ、マカの耕作地で馬にマカの葉を食べさせました。すると効果てきめんで、馬の繁殖に成功したのです。マカによってスペイン軍はインカ帝国を征服できたそうです。

マカは古代より伝わる植物 | マカ 口コミ | 健康食品研究会 | マカ 効能 | マカと若返り | マカのお役立ち情報 | マカは身体にいいみたい | 健康食品のサイト | マカの紹介 |