Insurance

Insurance 保険

いろんな保険

  

加入者数が充分大きければ危険率は一定の経験値に収束する、という大数の法則により、危険率に見合った保険料を徴収すれば収支が均衡するはずである、という考え方に基いている。

日本では、国が直接または間接にかかわる社会保険として健康保険や介護保険、労働保険(雇用保険、労災保険)、年金保険(厚生年金・国民年金など)の制度があり、医療費や介護費、失業時の生活費がカバーされ、また老後の生活支援の一部となっている。

民間の保険は、生命保険と損害保険、疾病(しっぺい)保険などのいわゆる第三分野の保険の三つの業態に分かれている。保険期間は、生命保険が数年〜終身と長期にわたり、貯蓄的な性格を持つものがほとんどであり、損害保険は一日〜一年程度の短期の掛け捨てのものが多い。両者の中間的位置付けである第三分野の保険期間は、一年〜終身であるものが多い。

民間の保険会社は、保険業法による免許事業制であり、生命保険業免許を持つ生命保険会社と、損害保険業免許を持つ損害保険会社が存在する。第三分野の保険は、両者とも取り扱う。

上記の保険に似たものには、主に生活協同組合や農業協同組合などの協同組合組織による「共済」もある。 この共済のうち、主務官庁を持たない、いわゆる無認可共済については、2005年に保険業法が改正され、将来的に保険会社または少額短期保険業者のいずれかに移行することが義務付けられている。

一部の保険組織では、一般の個人や企業から保険料の形で徴収し、集めた保険料で株式を購入したり、企業などに貸し出したり(融資)して、資金の運用を行ったりすることもある一方、他の保険会社へ再保険をかけて、保険会社から見てのリスク(=万一の事故が発生した際の保険金支払いリスク)を分担していたりする。

保険契約に該当する事件、事故や災害(保険事故という)が発生した場合、所定の手続きを行って、保険金を受け取るが、アメリカ同時多発テロ事件のような異常な事件が発生した場合、大成火災海上保険のように、再保険取引で大きな損失を出し、保険金の財源が底を尽きて破綻した会社もある。

このような突発的事件・事故で保険会社の経営は危機に陥いる可能性があるため、ソルベンシー・マージン比率が公開されている。この指標は、保険会社のリスク耐久性を意味している。


生命保険

ファインセーブ  オリックス生命
保険期間・保険金額が自由に選べ、割安な保険料で万一に備えられる安心保障の定期保険です。

長割り終身  東京海上日動あんしん生命
解約返戻金がある貯蓄型の死亡保障。
老後に備えたい方におすすめの終身保険です!

みんなのかんたん定期保険  アリコジャパン
万一の時にも高額保障で残されたご家族を力強く支えます。

1年組み立て保険  損保ジャパンDIY生命
1年ごとに更新していく保険。
ライフステージの変化に合わせて必要保障額の見直すことで保険料のムダを省きます。

ウェイズ  アフラック
将来、ニーズに合わせて「死亡保障」を「医療保障」「介護年金」「年金」の
3つのコースに変更でき、どのコースを選択しても掛け捨てではありません。

自動車保険

チューリッヒの自動車保険
お客様お一人お一人をケアするチューリッヒの自動車保険。
抜群のサポート体制。お客様に360度のサポートをお約束します。

アメリカンホームダイレクトの自動車保険
希望に合ったプランを自由設計!満期の前日までお申込OK。
1事故1名の専任担当者制度によるきめ細やかな事故対応で、お客さまへ安心をお届けします。

アクサダイレクトの自動車保険

保険料スピード診断でおよその自動車保険料がすぐわかる!
安い自動車保険料に充実した補償内容で、あなたに合った自動車保険が見つかります。


保険金詐欺

保険は金銭面での損失をカバーするシステムである事から、
それを逆手にとって不正に金銭を得ようとする事件が
後を絶たない。そもそも保険契約者と保険会社の関係は、
典型的なプリンシパル・エージェント関係とみなされており、
逆選択やモラル・ハザードが発生する危険を常に
背負っているといえる。
保険における逆選択とは、リスクがより大きな者が、
保険加入に際してより強い動機を持つため、
結果として保険加入者がリスクのより大きな者で
占められてしまう傾向をさし、モラル・ハザードとは、
保険加入によって保障(補償)が得られるために、
加入者がリスクを回避することを控えてしまうことをさす。

例えば生命保険の場合は、
被保険者となる人物に過度の保険に加入させ、
その人物を意図的に殺害・または重度の障害などを
負わせる事によって、多額の保険金を得ようとしたり、
損害保険の場合は対象となる物を意図的に損壊・または
損壊したなどと偽って報告することにより保険金を貰い、
新しい物を購入したり実際の収入に結びつけたり
しようとする事がある。
中には実際に掛かった費用(修理費用など)を過大申告し、
その差額分の金銭を得ようとする事もある。

これらは保険金を騙し取る行為であり、
保険金詐欺」という立派な犯罪となる。
このような犯罪行為を阻止するため、
保険会社は、加入時あるいは支払時に
契約内容あるいは請求内容を審査したり、
保険会社間で契約情報や事故情報を交換したり、
調査会社に委託してその保険事故が正当なものであるか
どうかを調査することがある。
児童を対象とした生命保険では犯罪を誘引しないよう
保険金の上限が低く抑えられている。
また、成人を対象とした場合でも保険金がある一定額を
超えると保険会社間で情報交換をして被保険者に
複数の生命保険会社から多額の保険金が
かけられていないか調査する仕組みとなっている。


insurance.com/carinsurancerates.com/insure.com/iii.org/

Dual・Planning