ポトシ市街(ボリビア)


世界遺産


アンデスに抱かれた巨大銀山の都 ポトシ

potosi
ポトシの街中の光景。後ろにセロ・リコの銀山がそびえる。
標高4100mにも達する高山にあるポトシ。後ろに見える茶色の山はセロ・ロコ(豊かな丘)と呼ばれ、かつては巨大な銀山だった。1545年にここで世界最大級の銀鉱脈が発見され、侵略者であるスペイン人たちが銀を求めてここに集まった。ただし、銀を掘らされたのは奴隷化された先住民で、過酷な労働と劣悪な環境の中で数百万人が死んだと言われる。

  最盛期には20万人近い人口を抱え、ここはアメリカ大陸で最大の町となったほどだ。しかし、銀が枯渇するとたちまち多くの人々がここから去り、町は時代の流れから取り残されてしまった。これにより、かつての繁栄の名残をとどめる古い町並みが残されることになり、近年は観光が盛んになっている。1987年に世界文化遺産に登録された。


せん


かつての支配者であったスペイン征服者を称える像とスペインに莫大な富をもたらした銀の山セロ・リコ。

 

一時は寂れてしまったポトシも近年は観光開発が盛んになり、町全体が大きくなっている。それに伴い主要な建物は綺麗に整備されたが、古い建物が並ぶ歴史地区には時代を重ねた味わいが残っており、散歩していても楽しい。

 

町並みは古く、長年の経済的苦境の影響が見える。しかし、以前にはなかった活気が感じられた。

 

街の中心にあるカテドラルと広場。綺麗に整備されていて気持ちがいい場所だ。

 

カテドラルの横にある小広場に建つオベリスク・ポトシ。最近整備された場所だ。

 

銀山で採掘された銀は市内にあった国立造幣局で銀貨に作り変えられた。写真はカーサ・デ・ラ・モネーダ(旧国立造幣局)。今は博物館となっており、当時どのようにして銀貨を作ったかがわかるような展示がされている。膨大な量のスペイン銀貨がここで作られ、海を渡ってヨーロッパに運ばれたのだ。

 

カーサ・デ・ラ・モネーダの中庭。通路の上にスペイン人の顔のような面が掛けられており、シンボルのようになっている。

 

ポトシの繁華街は人がいっぱいで、活気がある!

 

豊かさはないが、のどかな感じがする。

 

夜の街も味があっていい。

 

街外れに聳えるポトシの象徴である鉱山「セロ・リコ」。

 

地獄の鉱山ツアーに行く


ポトシで観光客に人気なのが鉱山の中に入るツアー。まずは、ガイドと一緒に鉱山に入る準備をする。

 

坑道で働いている労働者に差し入するコカの葉と煙草を示すガイド。

 

鉱山に入る前に、鉱山労働者と同じつなぎの作業着を着て、長靴をはき、頭にはライトがついたヘルメットをかぶる。

 

ツアーは英語グループとスペイン語グループに分けられるが、入る坑道の場所はかなり違う。坑道の入り口に着くと、鉱石を運ぶトロッコを押す数人の鉱夫たちがトンネルに入ろうとしていた。

 

ガイドを先頭に、水がたまり泥だらけの道が続く狭い穴に入って行く。背を低くしないと頭が天井にぶつかる。

 

狭くて暗い坑道内を15分ほど歩くと横穴があり、その奥に「ティオ」と呼ばれる赤鬼のような像が鎮座している。鉱夫たちは、作業前にティオにタバコや酒、コカの葉を捧げ、作業の安全を祈願する。

 

狭い洞窟内を、腰を曲げたままで歩き続けるのは辛い。しかも、時々、穴が小さくなって這いずるようにして進まなくてはならない場所もある。

 

鉱道内をどこまでも進む。

 

時々、狭い場所でトロッコに鉱石を積み込む作業をやっている人がいる。その作業が終わるまで待たなくてはならないが、舞い上がる粉塵の中で、息苦しさに耐えながらしゃがみ込んでジッと待っているのが辛い。

 

掘った場所を見るといろいろな鉱物が含まれているのが見える。

 

帰り道に出会った労働者たち。石には銀があると言っていた。

 

3時間近く坑道内を歩き回り、くたくたになったものの、無事外に出れた。坑道の外からポトシ市街を望む。空気がうまかった。

 

ポトシの訪問レポートはこちら

南米ボリビア 遺跡と大自然の旅:第5回

世界遺産ポトシと地獄の鉱山ツアー

 



行き方

地図

首都ラパスからバスで行くこともできるが、ボリビアのインフラ整備は非常に遅れているので大変。やはり、飛行機を使うほうがいいだろう。

 私は、まずスクレまで飛行機で飛び、そこからバスでポトシに入ったが、途中の道が高山越えになり大変に怖い思いをした。この辺の観光地としては、オルロ、スクレのほか、広大な塩の湖であるウユニ塩湖がある。





 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2017, K.Norizuki.all rights reserved