ポトシ市街(ボリビア)


世界遺産


アンデスに抱かれた巨大銀山の都 ポトシ

potosi
ポトシの街中の光景
標高4100mにも達する高山にあるポトシ。後ろに見える茶色の山はセロ・ロコ(豊かな丘)と呼ばれ、かつては巨大な銀山だった。1545年にここで世界最大級の銀鉱脈が発見され、侵略者であるスペイン人たちが銀を求めてここに集まった。ただし、銀を掘らされたのは奴隷化された先住民で、過酷な労働と劣悪な環境の中で数百万人が死んだと言われる。

 最盛期には20万人近い人口を抱え、ここはアメリカ大陸で最大の町となったほどだ。しかし、銀が枯渇するとたちまち多くの人々がここから去り、町は時代の流れから取り残されてしまった。今はかつての繁栄の名残をとどめる古い町並みだけが残されている。1987年に世界文化遺産に登録された。


せん


ポトシ市街  ポトシの町を見ると、歴史の重みと、人々が受けた痛みを感じる。ボリビアは豊富な鉱物資源を持ちながら、国民がその恩恵を受けることがなく、いまだに先住民は貧困の中であえいでいる。ポトシの町はそんなボリビアの象徴のようだ。

 

せん

 

モネダ  銀山で採掘された銀は市内にあった国立造幣局で銀貨に作り変えられた。写真はカーサ・デ・ラ・モネーダ(旧国立造幣局)の重厚な門と扉。今は博物館となっており、当時どのようにして銀貨を作ったかがわかるような展示がされている。膨大な量のスペイン銀貨がここで作られ、海を渡ってヨーロッパに運ばれたのだ。

 

 




行き方

地図

首都ラパスからバスで行くこともできるが、ボリビアのインフラ整備は非常に遅れているので大変。やはり、飛行機を使うほうがいいだろう。

 私は、まずスクレまで飛行機で飛び、そこからバスでポトシに入ったが、途中の道が高山越えになり大変に怖い思いをした。この辺の観光地としては、オルロ、スクレのほか、広大な塩の湖であるウユニ塩湖がある。






 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved