イグアス国立公園 (アルゼンチン・ブラジル)

   
世界遺産ブラジル国旗アルゼンチン


世界に類を見ない壮大な瀑布 イグアスの滝


イグアスのp滝
アルゼンチン側から見たイグアスの滝
 アフリカのヴィクトリアの滝、北米のナイアガラの滝とともに世界三大瀑布の一つとされるイグアスの滝。だが、イグアスの滝は川幅や水量などで他の滝を大きく上回っており、事実上世界一の滝と言える。高さ約80mの台地からなだれ落ちる水の迫力はものすごく、これを見た米国のルーズベルト大統領夫人が、ナイアガラの滝との違いに驚き、「かわいそうな私のナイアガラ」と言ったという逸話が有名になった。特に「悪魔の喉笛」と呼ばれるポイントは迫力十分で見ごたえがある。ジャングルに囲まれた美しい自然が楽しめるのもいいが、夏場(日本の冬にあたる時期)は猛暑と多湿のため観光はかなり疲れる。1984年にアルゼンチン側、1986年にはブラジル側が世界自然遺産に登録された。

 



イグアス  アルゼンチン側、ブラジル側共に、滝つぼのすぐそばまで遊歩道があり、水の迫力を間近で感じることができる。また、滝の上にも橋がかけられており、上から滝を見ることもできる。

 







行き方

イグアス地図

 イグアスの滝はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイの3カ国の国境近くにあり、それぞれの国の首都あるいは主要都市からバスや飛行機を使って、近くの町まで行くのが一般的。私の場合は、パラグアイのアスンシオンからバスでブラジル側のフォス・ド・イグアスに行き、そこで宿泊。翌日、ツアーでアルゼンチン側に渡って滝を見た。夏の盛りだったので、個人で行くのは暑くて大変そうで、ツアーを選んだ。エアコン付きのバスで行けるため移動自体は快適だった。

 サンパウロからフォス・ド・イグアス行きの直行バスもある。ブラジルのバスは時間はかかるものの、設備が良いためかなり快適だ。この周辺では、ブラジルのフォス・ド・イグアスの町が最も大きく、ホテルなどが充実していて、滞在しやすい。






ラテンアメリカ博物館
Copyright 2013, K.Norizuki.all rights reserved