[ホーム法話(人名別)講演会の法話法話(項目別)文献案内世界の仏教情報


パオ僧院の教え




パオの瞑想法は今日きわめて重要であるように思えます。
それはブッダの教えた修行法を今に伝えているからです。
2010年に来日されたパオ・セヤドーは、「これは私のオリジナルな方法ではなく、ブッダの教えた修行法である」とおっしゃっています。
テーラワーダの修行体系の基礎は、ブッダゴーサ長老の「清浄道論」に収められていますが、パオの瞑想はほとんどこれに沿って進んで行きます。すなわち戒(戒律を守る)・定(サマタ瞑想によりサマーディ、禅定を得て心を清浄にする)・慧(ヴィパッサナー瞑想により洞察智を得る)という三学です。

ここではパオの瞑想関連の法話を集めました。
パオの修行全体について理解するには、まず「パオ森林僧院における教えと修行」を読まれると良いでしょう。


アーナパーナ・サティ入門 パオ・セヤドーによるアーナパーナ・サティ(呼吸による気付きの瞑想)の初歩的解説
集中力の開発 ディーパンカラ・サヤレーによるアーナパーナ・サティ(呼吸瞑想)の説明
パオ僧院修行階梯図(PDF) パオの修行段階をパゴダの絵で図解しているもの。
パオ・セヤドー問答集(PDF) パオ・セヤドーが様々な質問に答えています。
智慧の光(PDF) パオ・セヤドー法話:アナパナ瞑想から道果に至るまでが書かれています。
如実知見(PDF) パオ・セヤドー法話:問答を交えて修行の階梯が述べられています。
パオ森林僧院における教えと修行(PDF)
パオの修行体系の概説書。四聖諦から説き起こし、戒・定・慧と進んでいく修行について「七つの清浄」にそって解説。
パオ・セヤドーのサマタ・ヴィパッサナー瞑想(PDF)
上記「教えと修行」の内、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想についてさらに詳しく述べられています。
菩提資糧(PDF) 悟りを開くにはどんな波羅蜜、徳、修行が必要なのか、というお話です。

リンク

項目 出典 内容
如何にして苦に終止符をうつか ビルマ森林僧院滞在記 パオセヤドーが2002年に来日されたときの講演で、なぜ瞑想するのか、苦を克服するにはどうすれば良いかが述べられています。
清浄道論 クリシュナムルティ学友会 正田大観師の和訳で、上中下に分かれている。(上)は戒と定(サマタ瞑想)。(中)は定。(下)は智慧(ヴィパッサナー)について。



 

ホーム法話(人名別)講演会の法話法話(項目別)文献案内世界の仏教情報