すすむ
もどる
トップページへ

ボディー補強日記1

念願のボディー補強開始しました。とはいっても、慢性金欠ゆえ、一気にできないので気になる部分から開始です。
本当はレース屋さんに依頼してトータルに行くのが理想なのでしょうが、少しづつ変化を感じてみたくもあり、知りあいの板金屋さん
に練習台として格安で依頼しました。まあ、いろんな意味で実験車両なんでそれでもいいかなと。補強に関しても素人ながら
口を出しつつやってもらおうと思っています。

乗っていて、室内からリアセクションはロールバーの効果もありそこそこなのですが、とにかくフロントセクションの剛性不足を
大きく感じますのでこのたびはフロントを中心に行うこととしました。
まあ、プチ補強といったとこでしょうか。室内を含めたすべての部分の完成には数年かかるでしょう(笑)
いずれはロールゲージ溶接でバルクヘッド貫通〜!!担当の板金職人さんもやる気満々です(^^)。

今回は1ヵ月後のレースまでにフロントセクションでエンジン載ったままできる部分とドア周りなどをやってみます。

フェンダーをはずしたところです。あまりのチャチさに気絶しそうになりました。国産車はこんなもんだそうです。
パネルのつぎめのスポットの間隔の大きいこと!スポットましが効くはずです。

軽量化目的なのか、サービスホールなのか穴がたくさんあいています。
あまり重くならない程度にあて板して、剛性上げようかなどと相談しています。

このパネルとパネルの隙間の大きいこと!可能なとこはすべてスポットましです。


今回の写真が術前写真ですな。術中、術後は次回に!

協力:(有)原田自動車工業
  本社:久留米市諏訪野町
  工場:久留米市藤山町

2003 6/5