ゲート処理  
   
プラモデルを作り始めてしばらくすると、プロのようにきれいに塗装を仕上げたいと思うものです。しかし幾らエアブラシを駆使してきれいに塗装を行ったとしても、下地がきれいに仕上がっていないと、プロのような仕上がりにはなりません。ゲートとはランナーとパーツをつなぐ部分のことで、ランナーからパーツを切断したときにできる切り口をいかにきれいに仕上げるかにより、その後の塗装に影響するので処理しておきたいものです。
特にグロス、メタリックとなると小さい段差でも仕上がりに大きく影響しますから、合わせ目・パーティングライン処理同様きれいに処理しましょう。。
まずはランナーからパーツを切り離す時が肝心です。
この印を付けた、ランナーとパーツをつなぐ部分がゲートです。
ランナーからパーツを切り離す時は、パーツギリギリの所ではなく少し離した所で切断するようにします。
このくらいは残しておいた方が安心です。
ギリギリで切断しようとすると、ニッパーで挟んで切断しますから、少しプラスチィックが引っ張られるため、若干かけたりすることがありますし、引きちぎるような切り方をするとこのようにパーツが欠けてしまいます、こうなるとパテで埋めてヤスリをかけてと作業が増えてしまいます。
ゲートの部分をカッターで切ります。細いゲートであればこのようにパーツとの境目で切断してもきれいに切ることが出来ます。
ゲートが太かったり、パーツが曲がっているときなどは一度に切断しようとせずに0.数ミリ残して切断し、その後カンナ削りをした方が良いでしょう。ただしカンナ削りはゲートの処理時に行うのは比較的難しいので、あくまでも0.数ミリ残してから行うようにした方が失敗が少ないと思います。
これはゲートが細かったので一気にパーツとの境目で切断しました。
1000番のペーパをかけて終了です。
この後サフを吹くのでホントに細かいキズは無視します。