ドライブラシ  
   
ドライブラシはエアブラシでは行えない位繊細なグラデーション塗装を行うのに用いる手法です。
ドライブラシも人によって方法が色々あるようです。
普通の筆を使用する人と短い毛先の筆を使う人、薄めた塗料を用いる人と濃い塗料を用いる人。
私の場合はパーツ全体にブラシするときは、普通の平筆を使いエッジなど局所的にブラシするときは、短めにカットした筆を使用しています。
塗料の濃度は筆塗りするよりも濃いものを使用しています。
ドライブラシはエアブラシと同じくらい作業していて楽しいですが、それと同じくらい仕上がりに与える印象に大きく影響します。
筆は毛の材質や長さを自分の好みに合わせ選ぶか、カットして使用します。
まず、ベース色よりも少し明るいエナメル塗料全体にブラシングします。
今回はジムカスタムなのでエナメルのスカイを使用します。
筆先の半分くらいに塗料を付けてからキッチンペーパーでカサカサになるまで拭き取ります。
この時ティッシュや布で拭き取ると、筆先に繊維が付いてしまい作業性・仕上がりが悪くなってしまいます。
ドライブラシ前です、塗りっぱなしウォッシングをしています。
カサカサになった筆先をパーツ全体に軽くホコリをはらうようにこすりつけて塗装します。
毛の長い筆で軽く行っているので、ほとんど色は付きません。
第1段階終了。
(この時完全に筆先が乾いていないと、部分的にいかにも筆で塗りましたという仕上がりになってしまうので注意が必要です。)
最下段参照 ↓
次に先ほど使用した塗料に白を加えたものを、エッジ周辺にブラッシングします。この時も筆先が乾いていないと線のようになるのはもちろんですが、先に塗った塗料まで剥がすことになるので注意が必要です。
最後にエッジの先端に白を毛先の短い筆でブラッシングします。
また、パーツの中央にハイライトとして軽くブラッシングします。
完成です。
分かりづらいのでアップです。

それでも分かりづらいので、比較写真のアップにジャンプします。
作例は色が似ていて分かりづらいので分かりやすい色でもう一度。
←グレーのパーツにドライブラシを行ったもの。
←完全に筆先が乾いていなかったため、いかにも筆で塗りましたという仕上がりになってしまったもの。