デカール  
   
塗装では描写が難しいものを助けてくれるのがデカールですが、失敗すると仕上がりに非常に大きな影響を与え、それまでの苦労が台無しになるのも、また事実です。
デカールには

いわゆるシールになっているドライデカール(マーキングシール)

上から擦りつけて転写するガンダムデカール
ガンプラには付属されていませんが、昔から多く用いられる水に濡らして使用するデカール
があります。
シールタイプ
シールタイプは簡単に貼れて良いのですが、シールの厚みが厚く段差が出来るため、いかにもシール貼りました感があります。この段差を消すのは非常に大変でウレタンクリアを何度も厚塗りする位でないと解消されません。
また、余白も大きく目立つためカッターで余白を切って使用した方がきれいに仕上がります。
なお、塗装面がツヤ消しや梨地化していたりするとシールの下に空気が入り込み白く目立つので余白をカットするとともに、シールを貼ってからツヤ消しスプレーを塗装するようにした方がきれいに仕上がります。
転写タイプ
ガンダムデカールは仕上がりも綺麗で貼り方も上から擦るだけと簡単です。
貼るときは必要な部分だけを切り取って使用します。
万が一関係ない所にデカールが触れてパーツに付くのを防ぐためです。
切り取ったデカールをパーツの上に置き位置を決めたら、マスキングテープなどで位置がずれないように止めてしまいます。
上からボールペンなどで擦ります。
色が変わるのでどこが転写されたかは分かると思います。
貼り残しがあるかもしれないので、終わったと思っても一気に台紙を取らないで、ゆっくり端の方から転写されてるのを確認しながらめくっていきます。
もし転写不足のところがあったら、台紙を元に戻し再度ボールペンなどで擦ります。
確認を怠り、台紙を一気に剥がしたとき、完全に転写されていないと写真のように一部欠けたものになってしまいます。写真は黒を筆でリタッチしたら修正できますが、柄によっては難しいものもあります。
また、再度同じ位置に台紙を載せ欠けた部分を転写しようとしても、結構同じ位置にするのが難しくずれたりします。
再度確認しながら台紙を外し、綺麗に転写されていたら、最後に台紙に付いていた紙のツルツルした方をパーツにあて、上から押さえつけて完成です。
キチンと上から押さえないと写真のようにパーツ面にしっかり定着していない場合があります。そこを触ったり、クリアーなんか吹くと イヤーーーとなります。
また、ティッシュなどで行うとティッシュの方にくっついてしまうことがあるので、必ず台紙などのツルツルしたもので上から押さえるようにしましょう。
水転写デカール
ガンプラにはありませんが、ガンプラ以外ではほとんどがこのタイプで、市販されているデカールもこのタイプがほとんどです。
このデカールも必要な部分を一つ一つ切り取って使用します。
面倒がってシートごと水の中に入れていると、台紙から剥がれたデカールが洗濯物のように水の中で絡み合い使えなくなります。
切り取ったデカールを水の中に入れ、台紙の色が変わったら水から出し少し置いておきます。
水につける際に使いやすいのは、習字に使うスズリのような形の物ですが、私は持っていないので、浅いメモ用紙ホルダーにダンボールを貼って勾配を付けた物を使用しています。
大きなデカールは台紙に付けたままパーツまで持っていき、
位置を決めてから台紙を引き抜きます。台紙からデカールを外しデカールだけを運ぶと、デカールの端と端がくっついたりして作業性が悪いためです。。
万全を期すのであれば、貼る位置に予めマークセッター(デカール用ののり)を塗っておくと粘着力が増します。
デカールの位置を決めたらずれないように注意しながら濡れた綿棒をデカールの上で転がしながら水と空気を抜いていきます。水を抜くのにしたがってデカールがパーツに密着して動かなくなります。
デカールを貼った時に水や空気が残っていたり、キチンと張り付いていないと、後からクリアを塗ったときにデカールが浮いたりして目立つので注意します。デカールの下に空気が残っていたらデカールに針を刺して空気を抜きます。ツヤ消し塗料で塗った部分にデカールを貼ると、ザラザラしているため空気が残りやすく乾いたときに白く光ることがあるので、可能ならば艶塗装で塗装後デカールを貼りその後ツヤ消しクリアを塗装するのが良いと思います。
小さいデカールは面積が小さい分、粘着力が弱いので、貼る位置に予めマークセッターを塗ってからデカールを貼った方が良いでしょう。
小さなデカールは、台紙からピンセットで剥がしてパーツまで持っていき貼ります。
綿棒で余分な水分、空気を追い出して定着させます。
パーツが曲面であれば更にデカールの上からマークソフターを塗ります。
これを塗るとデカールが柔らかくなり驚くほどパーツに馴染みます。
写真のように綿棒の先ほどの大きさに、かなりきつめのアールがついています。
そこに平面のデカールを貼るというのだから無理があります。
写真のようにデカールが所々浮いています。この上からマークソフターを塗ると驚くほど柔らかくなり
余分な水分・マークソフターを綿棒を転がしながら取っていくと、きれいに馴染んでくれます。
ただし、大量にマークソフターを塗って放置しておくと
このようにシワシワになります。
次ぎに凹モールドやパーツの分割線がある場所へのデカールの貼り付けですが
上記の要領でデカールを貼り付けた後
乾く前にカッターでデカールを切ります。
切った部分の裏ににマークセッター、上からマークソフターを塗り凹モールド側に折り込むと簡単に仕上げられます。
必要に応じエナメル塗料で凹モールドにデカールと同じ色を塗ると更に良いでしょう。
しかし、飛行機などのキットには沢山のパネルライン(凹モールド)が入っていても、デカールはパネルラインを無視したものがあり、デカールを貼るとパネルラインが消えてしまうので、貼るのをあきらめるか、パネルラインが消えるのを受けいれるか、貼ってからパネルラインに沿って全てにカッターを入れるかしなければなりません。
そんな時私はデカールを台紙ごと切り取りテンプレートとして使用し塗装しています。
デカールを切るのが面倒なのと、位置を合わせるのが大変ですが、好きな色を塗装でき、パネルラインも消えません
また、デカールをテンプレートとして使用すると、ぼかしの塗装も出来ますのでTPOにあわせて選択してください。