合わせ目消し  
   
パチ組の時は、あまり気にならなくても、塗装を行うようになると、とても気になるのがパーツとパーツの合わせ目です。
以前、私は塗装時に塗料を合わせ目に何度も塗り込み消そうと努力しましたが、一向に消えませんでした。
まず、合わせ目はパーツを接着しないと消えません、スナップキットであっても接着をします。
合わせ目はヒケと同様にパテで埋めて消すこともありますが、一般的には、まずプラモデル用接着剤で接着して、それでも消えないような大きな隙間には、パテや瞬着で隙間を埋めるという行程になります。

接着剤をパーツの片側に2回ずつ塗ります。


しっかりパーツを合わせます、このときプラの溶けたのがムギュッと出てきますがこれがとても重要です、逆に出てこなければ接着剤がよく塗らさっていなかったか、パーツの合いが良くないかのどちらかです、こういう時は後で隙間を埋める作業が出てくるので極力避けたいものです、こうならないためには、はみ出してもよいので接着剤をキチンと塗る、パーツの合いを仮組時にしっかり把握しておくことです。

1日以上置いて接着剤が完全に乾いたら、溶け出したプラの部分を削りますが、ヤスリはあまり使用しない方が良いでしょう、ヤスリ掛けは簡単に見えますが実はかなり難しく、水平に動かさないと削りたい所以外も結構削ってしまいます、特にガンプラの合わせ目は、腕や足の平面の中心にあることが多くエッジを削ってしまいがちです。



黒く塗ったところが削れやすいところです。


従って、溶け出したプラ部分を削るには、カッターなどで削ぐように削るのが作業的に一番楽です。

ある程度削ったら、ペーパーで表面を整えます、600番くらいのペーパでめんどくさがらず当木を使い、一部分だけが削れたりしないよう成形していきます。
当木はプラ板などを用い、ペーパーを両面テープで貼り付けます。
ほぼ平面になったところで、1000番にしペーパーで付いた傷を消します、このときもめんどくさがらず当木を使います。
細かな傷は、サーフェイサーを掛ければ消えるので気にしなくて良いでしょう。

しかし、ペーパー掛けでは結構ペーパーを消費します、いちいち両面テープでプラ板に貼るのは面倒なものです、そこでヤスリ砲台やサンドペーパーホルダーを使えば両面テープを剥がす手間が省けるのでお勧めです。

大きなキズが無ければ1000番のサーフェイサーを吹きます、カッターやヤスリで大きな傷が付いてしまったら500番のサフを吹きます。


サーフがきれいに塗られていれば完成、ムラやキズが残っていればペーパー掛けサフ吹きを繰り返します。
サフ完成