メーリングリスト参加のお申込みBMディベートブートキャンプお申込み 企業研修カフェテリアプラン 人材開発・教育担当の皆様へのご案内 ディベート取材のお申込 ディベート研修のお問い合わせ

BURNING MIND(BM)のご紹介

■NPO法人 BURNING MINDとは?

「NPO法人 BURNING MIND(BM)」は、金融業界やIT関連業種などの世界に身をおく30歳代のビジネスマンが集まり構成されています。 各業界で活躍している社会人がディベートを通じてビジネスで実践できる論理的思考力・コミュニケーションスキルを鍛える日本では数少ない団体です。
実社会、ビジネスの現場で本当に活きる論理的思考力を得たいという方、ビジネス上のコミュニケーションスキルを向上させたい方、ロジカルシンキングとプレゼンテーションの実践的なトレーニングを積みたいという方に、広く門戸を開いています。
BURNING MINDの活動にご興味をもたれた方は、「使えるディベートセミナー」にご参加頂ければと思います。
企業・教育機関向けのディベート研修「企業研修 カフェテリアプラン」BURNING MIND理事 太田龍樹のディベート講演もおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。
BURNING MINDの活動が皆様のビジネスコミュニケーション能力の向上にお役に立てれば幸いです。

使えるディベートセミナー

■ディベートはこんな人に最適!

  • アイデアに自信があるが、周りを説得しきれない
  • もっと評価されてもいいはずなのに、話し方で損をしている
  • 敵をつくらずに、自分で描いた通りに話を進めたい
  • つねに信頼され、周りがついてくる人になりたい
  • 論理的に考え、話す技術を身につけたい
  • 聞く力を鍛え、状況に応じた戦略的な発言ができるようになりたい
  • ロジカルシンキングに興味はあるが、どのように訓練すればよいか悩んでいる
  • ビジネスで通用する交渉力・提案力・営業力を身につけたい
  • 聴く人を惹きつけるプレゼンテーションの技術を知りたい
  • ビジネスコミュニケーションスキルを実践的に高めたい

日経産業新聞2008年6月「ディベートに学ぶ仕事術」BM太田龍樹・中村貴裕インタビュー掲載

ページトップへ

■BURNING MINDのビジネスディベートセミナー・研修

<ビジネスディベート研修・セミナー参加者の声>

ディベート研修風景

『2007年10月実施:某企業研修』

・太田先生の講義では、情熱の素晴らしさ、視野を広げ、まわりに耳を傾け、そして「行動」することによって成長があるということを改めて気づかせてもらえる一日でした(20代:男性)
・自分自身を分析できなくては、相手のこともわからないし、足元を固めなければ、何も積み上げてゆけないと分かりました(20代:女性)
・今までは、思い通りにならない事を回りのせいにしていたところがありましたが、先生の講義を受けて、回りを巻き込んで仕事をしていくために、自分を磨いていきたいと強く感じることができました(20代:男性)
・自分のなかの足りないものがわかりました。また、自分もまだまだ成長していけるという自信につながりました。これからの自分が楽しみです(20代:男性)
・太田先生の講演では、2時間という枠のなかで、多くの熱いものを学びました。「情熱は伝染する」最後に自分自身で決意したことを胸にしまい、ひとつひとつ成長させていきたいと思います。研修は終わりましたが、日々学んだことを忘れず努力していきたいと思います(20代:男性)
・これから仕事の上でも、様々な問題や壁にぶつかることも多いと思いますが、そのときに研修で学んだことを思い出し、情熱を持って行動できるようにしたいと思います(20代:男性)
・太田先生の情熱のこもった講義を受け、ディベートをするにしても相手の意見を聞き入れて成長していかなければならないことがよくわかりました。これは、自分の課題であり、努力の目標が定まりました(20代:男性)
・正直、最初は研修というと、嫌なイメージがありましたが、研修で気づかされたこと、教えられたことが非常に勉強になり、考え方が変わりました(20代:男性)

BM理事 太田龍樹によるディベート研修の様子

ディベートブートキャンプ

ページトップへ

■ビジネスディベートは知的総合格闘技

ディベートというと、実際、早口で自分の意見をまくし立てる、 相手を論破する屁理屈の応酬といったようなイメージを持たれています。
しかし、ビジネスの現場において、議論で勝つことや理屈の正しさだけで仕事がうまくいかないことは、 社会人・ビジネスマンであれば誰もが感じ、わかっていることです。

BMにとってディベートとは、論理的に思考し表現する技術であり、 調査の方法を学び、問題の発見から分析、 解決策の提示と比較検証するという一連の知的プロセス、 そして発表というプレゼンテーションを、ゲーム形式で訓練できるもの。
これは、まさしくビジネスの業務の流れそのもの。

「ディベートは最強のビジネス・スキルである」

ビジネスの現場に身を置く現役ビジネスマンが集まるBURNING MINDは日常の業務体験の裏付けからディベートを自信をもってお薦めします。ロジカルシンキングに興味があっても、自分ひとりではなかなかビジネスの現場で活用できるようなスキルとして習得することが難しいと感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。他人の思考をなぞる力(聞く力)、さまざまな意見や情報をとりまとめ論点をしぼり発言していく力(話す力)は、実際に「見て・聞いて・実践する」場があってこそ、真に使える経験値として蓄積されていくものだと考えます。BURNING MINDの「使えるディベートセミナー」「企業研修」が、そうした「場」になれば幸いです。

BURNING MIND理事:太田龍樹の著作でディベートの「使えるテクニック」を学べます!

>>家庭教師のトライ「中高生がディベート力を鍛える3つのポイント」太田龍樹インタビュー

ページトップへ

■BMが目指すエンターテインメントビジネスディベート

「ビジネスディベートは周りの人を巻き込むコミュニケーションスキルを向上させます」

論理の正しさや情報量の多さでただ圧倒するだけでは、周りの人間を巻き込んでビジネス上の課題に取り組んでいくことは到底できません。 多くのビジネスマンが、100%の正解のないビジネスの世界で、限られたリソース(人・時間・情報)を使い、舵取りをする苦労を感じられていることと思います。

相手とのやり取りを受けて立ったり(受けの美学)、聞き手に与える印象・わかりやすさを重視するディベートに取り組むことで、「聞く力」「話す力」の土台にたつ、実践的なビジネスコミュニケーション能力を向上させることができると我々は考えています。

BURNING MINDでは「日常生活や実社会、とりわけビジネスシーンで活かせるコミュニケーション能力をディベートを通じて向上させるためのさまざまなコンテンツ」を提供し、ビジネスディベートのもつ可能性を多くの人に知って頂ければと願っております

家庭教師のトライ「言葉にキレと重みが出るディベート〜引っ込み思案な子供が上手にコミュニケーションをとれるようになるには?」太田龍樹インタビュー掲載

ザ・エンターテインメントディベートBURNING MIND理事 太田龍樹

ページトップへ