MISSILE HOME
TUNO スバル ラビット
購入〜エンコ


[01]


この年末の日課であるレトロ探しの途中、ツノ氏のレトロセンサーが反応。
レトロな看板を掲げる別府ラビット。
興味をソソられたまらず取って返すが休みなのか誰も居らず。



後日リベンジ。
2スト123ccの自家用車を試乗させてもらう。



店内に並べられた大量の各種ラビット。
90cc〜225ccまで多種多様。
200ccクラスの4スト車はサイドバルブでまさにロビンエンジンの様な構成。



かつての名残として発掘された当時物・未使用のラビットの電光看板。
左のショーケースには当時からのラビットのスペアパーツのストックが並ぶ。



往事の別府ラビット。正真正銘正規ディーラーなのである。



レトロセンサーが振り切れたツノ氏、珍しく即買い決定。
「壊しにくい」と当店社長の薦めもありトルコン車を選択。



納車までの初期メンテで1〜2週間待ち、いよいよ納車日。 ナンバーと自賠責保険を用意して引取りに。 別府〜佐賀関までの遠路を自走回収という事で旧車故にやや不安な状況ながら、 いざ走り出しは快調。最高70km/hで別大国道を帰宅中、不調に陥る。
当人も息も絶えだえにミサプロ本部までやっと辿り着く。



簡易的に点検しつつ無負荷でのテストは問題ない感じ。



やはりラビットは後部からの眺めがカッコイイですな。



いざ残りの帰路に旅立つと程なく不調再発。
現場で分解してみるとタンクから燃料が出てこない。
やむなくカワゴエ氏にヘルプ要請、軽トラで回収してもらう。


[続く]》








[BACK]

2014.12/25

製作/ TUNO