悪人会・2013.12  MISSILE PRODUCTS

2013.12



2013オリエントの旅
2013.12


※本ページよりスマホ対応化のため縦一列表示を試用中


 「オリエント工業のカタログを入手せよ!」
 デリ将軍様の指令でアラキン動く。
 代金分をチャージしたカードを郵送しないといけない。
 近頃には珍しく中々発注が面倒くさいのである。
 ちなみにカタログは1,000円。人工皮膚サンプル付き。
 


 そして届いたカタログがコレ。
 1,000円というから立派な本が届くかと思ったらバラバラの
 パンフ寄せ集め。各モデルごとの資料がファイルに入って
 数モデル分入っている。



 ちなみにコレが皮膚サンプル。
 シリコンと塩ビの断片が同梱されてくる。
 コレに穴が開いてたら怪しい物体であります。



 そしてアラキンはオリエントのショールームでの「お見合い」を
 デリ将軍のためにセッティング。
 クリスマスも近い2013年末、スピダーを駆って一路アラキン&ネメシス
 福岡へ向かう。(当のデリは仕事多忙で来れず)



 天神のオリエントのショールームへ向かう。
 関係ないけどモジャモジャ壁面緑化カッコイイ。


 ショールームは一般的な地味なオフィスビルの一テナントに所在。
 事前に電話予約して一組毎に見学可能。
 店内は撮影禁止なので口述で解説。
 実用的な高い商品を扱うショールームにありがちな素っ気無い店内。
 特に派手でではないがフツーに白壁のありがちな事務所風物件。
 奥にグルリとベッドやソファ上に十数体のダッチワイフが置かれる。
 中央に商談用の応接セット、卓上にはハメる部分のパーツ見本。
 左手ガラスケース内に陰毛ヘアーピースなどオプションパーツや
 ダッチの写真集、ポストカード等のグッズが並ぶ。
 応接セットの前のビデオではオリエントの解説ビデオが流れる。
 南極探検隊には「弁天様」と喜ばれた、との行が感慨深い。
 他にも陰毛や穴パーツの取り付け方が淡々と流れてている。



 可動モデルのカタログより。
 まんま可動式フィギュアの等身大サイズといった作り。



 カタログに同封される「オリエント工業の歴史」。



 初代モデル「微笑」。う〜ん、シュール。



 同、古いモデル。「面影」。旅情的な製品名。



 さすがに「抱き心地」はテイスティングする勇気が無くちょっと触った
 位で退散するアラキン&ネメ。オリエント前で記念撮影。
 多分ベテランになると抱き心地を充分吟味するのか?
 
 製品は40〜50万円ほどみたい。この日までセールで2体買うと30万
 キャッシュバックだった。
 
 ちなみに、地元のヘビーユーザーの状況を聞くと、有名なコレクター
 は一人で100体所有、専用のマンション2部屋に保管してるツワモノが
 福岡に存在する、とのこと。



 他は未定だったので、クリスマス前故に人の少なそうなスポットを探す。
 Tバック!
 オリエント帰りだとも〜全てがエロく見えるのである。
 「こんな女体に反応してしまう汚らわしい下半身なんて要らない!」と
 宝くじが当たったらポコチン捨てると豪語するアラキンをなだめつつ。



 以前から個人的に気になってたネクサスワールドに寄ってみる。
 割れ目っ!
 ちなみに遊戯施設ではなく十数年前に有名デザイナー達に」よって
 複数棟で建てられた近未来的マンション街。



 穴っ!
 とにかく突き抜けた建築物ばかり。



 ニョロニョロ。
 ちなみに登ったらダメらしい。



 思い切ってイケア、コストコも寄ってみる。
 クリスマス前にも関わらず思いがけず割とフツーにショッピング出来た。
 帰路、深夜に滝を拝む。



 デリ将軍にアラキンが土産を購入、「高齢再婚」。
 「夢のセカンド・イヴの時代がすぐそこに!」







[NEXT]

[BACK]


2014.03/24

関連ワード■悪人会 ミサプロ オリエント工業 ダッチワイフ ラブドール リアルドール 南極1号 弁天様