OS技研 スーパーロックLSD(specX)

 

 LSDをカーボンLSDから、OS技研のスーパーロックLSDに変更しました。
理由は、想像の範疇を出ない話なんですが、カーボンLSDの持つ特有の症状の改善です。
 カーボンLSDはとてもマイルドで、街乗りとサーキットの両立という点については最高のLSDだと思います。
まず、街乗りについて異音がまったくありません。ばきばきとかがことか一切言いません。しかし、サーキットではしっかりと
トラクションを稼いでくれます。ただ、ロックするまでの特製がマイルドなので、運転者には効いているという実感は少ないかも
しれませんが、これは間違いなくトラクションを稼ぎ出してくれています。
 ただ、オイル交換をまめにしないとカーボンダストによるものと思われる、異音が発生してしまう場合があるようです。
特に慣らし走行時は初期のダストが多めに出るでしょうから、こまめにオイル交換をしてあげないと、その症状は出やすいようです。

うちのデフケースはファイナル変更に伴い変更して、その後一度異音がしだしたのでまた変更したんですが、変更後まもなくまた
異音が発生してしまいました・・・
 そこで、異音対策としてデフケースを交換するのではなく、新品のギヤやベアリングの装着換えに変更しました。
しかもギヤ類にはWPC加工をして強度を上げて勝負です!!!
これで、また音がしたら、デフオイルクーラー等によって完全管理してあげないといけない・・・と、思っていました。

 しかし、カーボンLSDを着けている限りこの問題はついて回る問題です。
・・・でも、はじめにカーボンLSDを着けてから、散々サーキット走りまくってオイル交換もあんまりしてなかったのに、
1年以上なんのもんだいもなかったんですがね・・・・一度色気を出してO/Hしてしまったのがいけなかったんでしょうか・・・

 で、抜本的な解決方法としてLSDの変更に踏み切ったんです。
また異音がしてしまって、デフケースをおろしたり、あたらしいデフケース探しや、ファイナル打ち変えなどコストや時間や手間が
かかるかと思うと、すこし嫌気が差してしまったというのが正直なところです。

 では、どんなLSDをいれるのか・・・私の走りのコンセプトはあくまで快適!!
街中でつねにがこがこばきばき言われたのではたまりません・・・
 で、OS技研のスーパーロックLSDとなったんです。
クスコのRSというLSDを白のSZ−Rさんが使っていますが、この良さも知っていたので候補のひとつに上がっていたんですが、
もともと街乗りとサーキットの両立のコンセプトから、カーボンLSDと一緒に選択肢に上がっていたLSDです。
多少高い買い物になりますが、長い目で見れば正解だと思えると思い踏み切りました。

 しかし、問題点もありました。
それは、標準の設定が1.5WAYしかないこと。
カーボンLSDで、2WAYと1.5WAYを試していたので、2WAY以外は認められません。
自分の走り方とレベルの高いコーナリングには絶対2WAYが必要だという判断からです。
OS技研のHPには、specXなるオーダーメイド仕様があるということ、ただし、取り扱い店舗は限られるとのことでした。
 これをYSRに相談したら、即OK。さすが、YSRです。できないことはありません(笑)
ということで、プラス料金となってしまいますが、specXによって、2WAY化をすることができました。


 まず、街乗りインプレから。
装着当初、意外と音がなりました。がこがこ。車庫入れや交差点での低速旋回などでがこがこ・・・あれ?というイメージでしたが、
いろいろHP等で調べていると、初期はなじみが出るまで多少音がするとのこと・・・。
 しばらく乗っていると、徐々にマイルドに変化していきました。
 まず、車庫入れでは全くなりません。それに、オープンデフのように曲がるのを妨げるような動きをしません。これは、カーボンLSD
より良い結果ですね。カーボンLSDは音はしませんが、常に効いているのです。だから車庫入れなどの低速走行時にも抵抗を少し感じます。
この現象も仕様を続けていれば気にならなくなるし、どんどんマイルドになってくるので心配いりませんが、どちらかというとOSの勝ち(笑)

 そして、続いて交差点での低速旋回。
これは多少がこっって言います。アクセルの踏み込み量を多少増やして加速しながら交差点を通過しようとすると、がこっ・・・がこっ・・・
くらいは言います。ものすごい音ではありませんが・・・。これも使っているうちにもっとマイルドになるかもしれません。
ただ、ハーフスロットル加速させずにでゆっくり旋回してあげれば全く音はなりません。助手席に人を乗せたときだけちょっと気を使えば、
ほとんど音を慣らさずに走らせることができるでしょう。


 さて、ようやくサーキットインプレです。
なかなか良いようです。立ち上がりは、カーボンLSDよりわかりやすくトラクションがかかっているという感覚が強いです。
また、進入時のアンダー傾向もカーボンLSDにくらべて強いようです。実際、初めてのサーキットインプレでは、進入アンダーがあまりにも
強くて、心配になってしまったほどです。
 しかし、このまえベストを更新したときの走りでは、全く問題なく。ほどよいアンダーの安定感と、強いトラクションを感じることができました。
今後も、使っているうちにフィーリングが変わってくるかもしれませんが、楽しみです。

 現状、街乗りでの快適性と、サーキットでの性能は良いものと感じました。

 カーボンLSDとスーパーロックLSDの両方は、選択をどちらにするか難しいアイテムですね。
サーキット等で、油温がめちゃくちゃあがるような状況がなければ、街乗りですぐれたカーボンLSDの勝ち。
サーキット等をがんがん走りたい人には、スーパーロックLSDがお勧めです。
どちらを選ぶかは、乗り手次第(^ー^)ノ



戻る