厚生労働大臣免許(国家資格)
マッサージ・整体・はり・きゅう・訪問リハビリ
ハートフルケア 青山治療院


HOME > 不妊治療




★不妊治療(子宝鍼灸)★:4,500円(税込)
2016年は3名、2017年は2名の方が妊娠出産されました!


★メール予約・お問合せはこちらのメールフォームから★


♪週に1回から始める、赤ちゃんを授かるための身体作り♪

※女性用の施術着こちらの画像を用意していますが、肌の露出が気になる方はキャミソールやホットパンツ等を持参くださいませ。


★鍼灸マッサージ師の私は、妻と一緒に産婦人科病院へ何度も通い(約4年)、結婚10年後に娘を授かりました。
ですから、不妊治療を続けていらっしゃるご夫婦の気持ちは不妊治療の経験者として理解できます。
産婦人科病院での不妊治療を受けつつ、並行して赤ちゃんを授かるための心と身体の準備を一緒にしましょう。
みなさんの笑顔。そして、産まれた元気な赤ちゃんの泣き声が私たちのやりがいです。
ハートフルケア青山治療院と一緒に、よりハッピーになりましょう♪


受精イラスト.jpg「未妊娠状態」これはいわゆる「不妊治療」を受け娘を授かった、僕と妻の経験からたどり着いた考えです。
僕は「未妊娠状態」だと考えています。赤ちゃんを授かるための準備が「未だ」整っていない状態。だから「赤ちゃんを授かるために、心と体を整えれば良い」と考えいてます。
子どもを授かることは、義務でもなく、誰かのためでもないです。だから、自然体でいいんです。
一方で、不妊治療を始めたら結果にかかわらずとことん、納得がいくまでやるべきです。
貴女の人生を悔いなく生きていくために、不妊治療に妥協は禁物。これ、経験者としての妻からの伝言です。


マタニティイラスト.gif不妊に対する鍼灸治療の効果は、次のようなことがあげられます。
●ホルモンバランスを改善し、妊娠しやすい状態にします。
●卵巣機能を向上させ、質の良い卵子を育てられることで、妊娠しやすくなります。
●冷え症状を改善し、子宮の血行促進により受精卵が着床しやすくなります。
●不妊治療から受ける様々なストレス、体調不良や精神面の不安を解消します。

あかちゃんとコウノトリ.gif「冷え症=不妊」というわけではありませんが、不妊に悩んで来院される方の多くが冷え症です。
代謝の低下でホルモンバランスが崩れ、卵巣の機能低下をおこし、不妊の原因となりえます。
冷え性で血液循環が悪化すると身体機能が低下し、生殖機能にも悪影響を及ぼします。
妊娠可能な体質へ改善していくために、まず冷え性を治療し、代謝アップを図ることが大切です。
鍼灸・マッサージ治療は、不妊症改善に効果的なツボを刺激し、卵巣、子宮などの血液循環を改善し、各機能を向上させて妊娠状態を維持しやすい体質にしていきます。

体外受精による妊娠率.JPG当院へ子宝鍼灸(不妊治療)で来院される方の5割は35才以上です。不妊治療の対象としては高齢の部類に入ると思います。
左上の画像の「体外受精による妊娠率と流産率」という日本産婦人科学会の2012年の調査では、36才という年齢からグラフのカーブがきつくなっていきます。
36才以上のかたは特に、時間との闘いになるということを理解していただいたき、一日も早く、そして不妊治療を始めたら短期決戦です。

不妊から発芽のイメージ.gif治療以外にもご自身で出来ることがあります。基礎体温を付けて健康状態を把握したり、バランスの良い食生活、適度な運動、十分な睡眠を心がけて、日頃から健康的な体づくりをしましょう。
食生活において、妊娠で特に重要とされている栄養素は、カルシウムや葉酸など様々なものがあります。 すべての食物群から偏りなく様々な食品をとり、妊娠に必要な栄養を摂取するようにしましょう。
卵子の質に密接にかかわるとされるミトコンドリアを活性化させるために、運動は大切といわれています。
まずは、気分転換もかねて、毎日30分程度のウォーキングから始めてみてはいかがでしょう。



母子イラスト.gif高齢妊娠は難しい一方、高齢出産した女性の寿命を延ばすという研究結果があるそうです。ハーバード大学医学部の研究調査では、40代で出産を経験した女性は100才まで生きた割合が4倍も高いことがわかったんです。
子どもが生まれたことで、自分の体を大切にするようになった面もあると考えられます。
高齢出産は子どもの成長にもプラスとのことで、「30~40才の母親から生まれた子どもは、言語の発達や社会情緒的発達面においても良好である。」という報告もあります。
30代、40代で不妊治療を受けていても、勇気をもって妊娠に向かい合っていただきたいです

夫婦ラブラブイラスト.jpgあなたがなぜ子どもが欲しいのかをよく考えてみて欲しいです。
「結婚して数年たったからそろそろ」なんていうのは表面的な理由であって、二人が幸せだからですよね。だったら、不妊治療は、二人で生活をこうしよう、旅行しようというのと同じことですね。
家族計画の目的は皆の幸せですし、それを実現するためのステップとしての不妊治療ですから、自然体で良いんです。
結婚をしていて、愛するパートナーをお持ちのあなたは、幸せ。今も幸せなんです!
赤ちゃんを授かることで、もっと幸せになりましょう!

不妊夫婦.png不妊治療中の夫婦(カップル)が妊娠するためには、奥様の卵巣や子宮が健康体になれば良いのでしょうか? 子どもを授かり生み育てるのは、子宮ではなく、二人の健康な夫婦(カップル)ですよね。
子どもを授かり、一緒に成長していくことが夢であるのなら、その夢は誰かと共有しましょう。一人で見る夢は儚くて心もとないですが、二人であれば夢を現実に変えられます。
思いを共有するのは、あなたの伴侶、ご両親や兄弟姉妹。 未来の夢を語り合って欲しいです。



【Iさん、34才銀行員・向日市】
34才で双子の女の子のママになることができました!
不妊治療は不安で辛かったけど、青山先生のところへ通い始めると、不安や心配が無くなっていきました。
精神的にもリラックスできて不妊治療を頑張って続けられたのも良かったです。
治療費が5,000円というのも良心的だと思います。


【Kさん、33才公務員・長岡京市】
病院でも妊娠は難しいかもしれないといわれていましたが、病院の不妊治療と青山治療院での子宝鍼灸を続けたおかげで、男の子を授かりました。
一人っ子にはしたくないので、子育てが落ち着いたらまた青山治療院で子宝鍼灸マッサージを続けて受けるつもりです。


【Oさん、29才会社員・長岡京市】
通っていた産婦人科では失敗続きで、やめたくなって悩んでいた時に紹介いただいた有名なA病院で改めて不妊治療を続けて、妊娠できました!
先生、ありがとうございました。
お腹が大きくなって腰痛もあるので、またマタニティマッサージでお世話になります。


※上記の方々のほかにも、これまでに十数組のカップルに赤ちゃんが授かり、嬉しいお便りをいただいています。