-

伝説(でんせつ)

「徐福伝説(じょふくでんせつ)」

 仙術(せんじゅつ)を行う徐福(じょふく)が紀元前(きげんぜん)219年、秦(しん)の始皇帝(しこうてい)の命令(めいれい)により、不老不死(ふろうふし)の薬を求めて男女500人ずつを船に乗り組ませて船出した。
 ところが船は、途中(とちゅう)で難破(なんぱ)し、徐福は紀州(きしゅう)熊野(くまの)へ、500人の女を乗せた船は八丈島(はちじょうじま)に漂着(ひょうちゃく)、いっぽう男船は青ヶ島に着いた。 それ以来、八丈島を女護ヶ島(にょごがしま)、青ヶ島を男ヶ島(おがしま)とよぶようになった。しかし、男女がいっしょにすむと、海神の祟(たた)りがあるというので、ふたつの島に分かれて住んだ。 そして年に1度だけ南風がふくと、八丈ショメ節(ぶし)に「南風だよ/みな出ておじゃれ/むかえぞうりの紅鼻緒(べにはなお)」とうたわれたように、女護ヶ島(にょごがしま)の女たちは、自分で作ったワラぞうりにしるしをつけて浜辺(はまべ)にならべ、南西風にのって来る男ヶ島(おがしま)の男たちを待った。 こうして、ぞうりをはいた男を一夜夫(いちやづま)と定め、男の子が生まれると青ヶ島へ送り、女の子が生まれると女護ヶ島(にょごがしま)にのこした。


↑司馬遷(しばせん)の「史記(しき)」にちなんだ伝説(でんせつ)です。

「為朝伝説(ためともでんせつ)」

 鎮西(ちんぜい)八郎(はちろう)源為朝(みなもとのためとも)は、保元(ほうげん)の乱(らん)さい、崇徳上皇(すとくじょうこう)につき平清盛(たいらのきよもり)らと戦ったがやぶれ、保元元年(1159)伊豆大島へ流罪(るざい)になった。 伝説上の為朝はこのあと、伊豆の島々を次々に征服(せいふく)し、最後には沖縄(おきなわ)にわたって琉球(りゅうきゅう)王朝の祖(そ)になるなどの大活躍(だいかつやく)をする。
 女だけの島にわたった為朝(ためとも)は、男女別々に住むという悪習を身をもって改(あらた)めさせるため、女護ヶ島(にょごがしま)の女とけっこんした。そして男ヶ島(おがしま)とよばれていた青ヶ島を、葦(あし)がはえていたことから葦(あし)ヶ島とし、さらに為朝(ためとも)が葦(あし)の字をきらって青ヶ島に変えさせた。


↑1200年ごろに書かれた保元物語(ほうげんもんがたり)にちなんだ伝説(でんせつ)。
青ヶ島が初めて本に現(あらわ)れました。

「八丈実記(はちじょうじっき)」
近藤 富蔵(こんどう とみぞう)

 「自分が思うには、案外(あんがい)単純(たんじゅん)な動機(どうき)によって名付けられたものに違(ちが)いない。 八丈島から青ヶ島を眺(なが)めると、大海中にただ一つあおあおと見えたためにそう言っただけのことである。」

「椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)」

 文化2年(1805)、当時ベストセラーになった本で、青ヶ島が江戸の人に知られるようになった。 「為朝(ためとも)は島のうちを見てまわった。島の人情の厚(あつ)いことは驚(おどろ)くばかりであった。全島が親族(しんぞく)のようになかよく暮(く)らして、たとえば、とれた魚なども家ごとに配分(はいぶん)し、漁(りょう)の少ないときでも切り裂(さ)いて配分にもれるものがないように務(つと)めているのであった。 そのありさまは、実に強直寡欲(ごうちょくかよく・たくましくよく深くないこと)、そして素朴(そぼく)のなかに誠実味(せいじつみ)あふれていた。」

伝説(でんせつ)
還住(かんじゅう)と次郎太夫(じろうだゆう)
「おもうわよう」
島うた


学校しょうかい島の自然(しぜん)島の産業(さんぎょう)島の歴史(れきし)青ヶ島のことを書いた本


いちばんはじめのぺーじにもどる
このホームページのあらゆる文章・画像を無断で使用・転載しないでください。
ご使用の際には必ずご連絡ください。