2010サーフトリップ・レポート  「2010MALDIVES Story By WAK」 VOL-2

【Diary Chapters】  TOP> DAY-1-3 > DAY-4-5 > DAY-6 > DAY-7-8 





  7/11(日)DAY-4



朝からスコール。

大雨です。

しばらくウェイティング。

朝ご飯も食べ、

スコールも少し落ち着いたのでレフトのチキンPへ



午前のラウンドへ



チキンP

波は肩〜頭ちょい。

なかなか良い波!




前半〜中盤までは
貸切でした。



また途中、スコールになって、風が強まったりと安定しない。



それでも乗りまくる!!



俺は調子よく乗っていたが、

バックサイドでロングライドして、フィニッシュを当て込み、

スープの中にプルアウトしたら

プッツン!

リーシュが切れ、ボードが流され上陸しちゃいました。

ボード取りに行ってからそのまま上がった。









ロックダンスしちゃった時にテールとノーズをクラッシュ。ラッシュテープで応急処置。

まだまだコイツの出番は続く。



ボードを救出に行く際にウニ踏んじゃった!!全然平気だけどね。

キャプテンが針を抜いてくれます。



午後のラウンド



13時、ランチの後、チキンで入ったが、カレントが強すぎて30分で終了。

ディンギーで迎えに来てもらい、そのままコークスへ!





コークスは、

オーバーヘッドぐらいサイズがあり、

いい波でした。



粘りに粘って
17時半までロングタイムで波乗り!




※YouTube コークスの映像:ディンギーで撮影したいるのがこのセッション。




夜はのんびり過ごす。



COKESの映像はこちら↓






そして次の日は・・・

  7/12(月)DAY-5






朝から
晴れ

そして
無風のグラッシーコンディション。

やっと待ちに待った
GOOD コンディション!!

面ツルの
チキンPへ向かう



1R、グラッシーコンディション!チキンP



頭〜オーバーヘッド、マックス頭半の
超いい波

今回のTRIPにおけるBESTコンディションと言っても間違いないでしょう!!



どこかの国のガールズチームがたくさん入っていたが、

奥までパドルしていけば問題なく波を取れる。

ビキニを見ながらのサーフィンでした。
 


チューブとかは無かったですが、まさにリッパブル。

当て込みながら相当な距離が乗れるレフトのマシンブレイクでした。



唯一残念だったのは撮影班がなかなか来なかった事。

2.5時間ほどやって疲れて、また風が入ってきて面がザワザワしたころに現れた。

島に上陸してもらったんだけど、ディンギーの不調で遅くなったそう。

グラッシーなコンディションの映像を残したかった。そうとういいライド出来たのに残念です。







見慣れちゃうけど、日本ではありえない海の色。これがモルディブ





2Rはコークスへ



コークスはたまにオーバーヘッド。

早く抜けれない波かなと思いきや、じっくり切れた波をセレクトすればいい波でした。

フルスピードで走って、すきあらば1〜2発当て込む感じ。基本的に超早いです。

結構、たくさん乗れました。

人は4人ぐらい。外人達のレベルも高かった!




3Rはコークス!チューブセッション!!


昨日と同じパターンで夕方に波が良くなるコークス。

15時、夕方のいい波狙いでピークへ!




初めは貸切だったが、

徐々にサーファーが集まってきた。





ガールズチーム、レジェンド一家など・・・。

超ハイレベルセッションになってました。




プロクラスのサーファーもちらほらいて、波取りが難しかった。

いくつかは乗れたけどね。

チューブ合戦になってました。






まさにワールドクラスの波だった!!



今夜もコークスの島の裏側に停泊!






釣ったお魚が料理されて出てきました♪



野郎ども、明日に期待だ〜!!


     DAY-6へ続く!!



【Diary Chapters】  TOP> DAY-1-3 > DAY-4-5 > DAY-6 > DAY-7-8 

Story By WAK! Copyright BLUE WATER SURF@2005-2010