2006年6月サーフトリップ  スリランカ・アルガンベイ編



  [プロローグ]

今回のディステネーションはスリランカの東海岸にある「アルガンベイ」。
レギュラーのロングウォールが湾に沿って割れるというサーフィンする者にはたまらないポイントだ。
 
俺もかつてより行きたかったがなんせ遠い!飛行機9時間のあと車で10時間という・・・・。
休みが長いこと取れない俺は、往復で4日間かけるのはもったいないと思いあきらめていた。
以前、友達とそんな話をしてると「夜通し車で移動して2日目の昼前には着いたよ」と言う!
「なるほど!その手があったか!?」ってことでトリップ先の候補に復活!!
 
以前より考えていた長期(2ヶ月)の休みが取れた時の夢のトリッププラン。(こんなに休み取れないけどね)。
インドネシア(7月)⇒スリランカ(8月)⇒モルディブ(8月)というコース。
夢のトリッププランとまではいかないが、今回は10日間の休みなんでスリランカ⇒モルディブにしちゃいました!
スリランカ⇒モルディブは1時間と近いし、ほとんどがどっちかを経由している。
なんで安くいけるかな?という希望観測で今回の旅を計画してみた。

テーマはとにかく快適なコース選び。飛行機は成田⇔コロンボ間が直行便で9時間。
マーレ経由だと12〜13時間かかる。それは直行便しかないでしょう!
行き帰りも!ってことでスリランカ航空のフライト日程をチェック!↓
 
アルガンベイでの車の移動がハードなので、すこしでもフライト時間を短くしてしてみました。

毎年6月はいつものメンバーでトリップに行ってるのであっという間に5人集まった。
さぁ、トリップのはじまりです!






出発前夜、青森から今回のトリップ参加するために、アリコちゃんがやってきた。
はるばるやってきたので友達が集まり大宮にある「塩ホルモン」のお店で宴を開催♪
前日からサーフィンの話で盛り上がった。



「DAY-1]   2006年6月10日(SAT)

いつものように8時に家を出て友達をピックアップしながら空港に向かったが渋滞である。
おかげで30分おくれて空港についた。
 
急いでチェックイン!なんとか間に合った。ちょっとびびった。13:20に無事出発!
 
いつものスリランカ・エアライン。最近この飛行機ばっかりなのでかなり慣れている。
 
機内でも食事はカレー!!毎回食べてるが、意外とうまいんです!
 
夜は日本食(ポーク)を選ぶ。カツどん。たぶんカレーのほうがうまいね。
帰りの便でいつもでる日本食(寿司)を選ぶと失敗しますよ〜。
河童巻きか鉄火みたいなのが2個。みんな「こんなの寿司じゃねよ〜!」って言ってます。

今回のフライトのテーマは「寝ないこと」。
アルガンベイへの10時間ドライブで寝るために飛行機では出来る限り起きておくのだ!
それには映画しかない!
 @「キングコング(ハリウッドのリメイク作品)」・・・イマイチだった。
 A「ファイヤーウォール(ハリソンフォード主演)」・・・ふつうのサスペンス。
 B「エイトビロー(海外版の南極物語)」・・・なんか懐かしくて意外と良かった。
と3本立て続けに観た。たまに我慢できず落ちていたけど・・・。

あとはサーフィン雑誌と小説で時間を潰す。

 
こっちのひとは顔が小さく、目鼻立ちがはっきりしている。美人だ!



21:30(現地時間18:30)コロンボに無事到着!!天候は雨(西側は雨季)。
飛行機を降りた時はみんな元気。あまりダメージを受けてないみたいだ。
 
コロンボの空港も新しくなっていた。去年の9月モルディブの帰りに寄ったとき工事してたな。
 
空港で2万円くらい両替えした。外は蚊が多そうなので、空港出る前に虫除けスプレー!

外は熱気に包まれていた。南国に来たってのを体で感じる。
 
空港の外にでると迎えが来ていた。彼の名前はベタ。18歳。なかなかイケメン。
 

チームA-FRAME号。まさか帰りに故障するとは誰も知るよしもない・・・。
 
もう日本人一組サーファーのカップルがきていた。迎えのハイエースは2組いたので2台。
外はバンだが、シートはリクライニングするワゴン用。いいね!これならゆっくり寝れそうだ。
 

さー、10時間ドライブのはじまりです!スリランカは北海道を一回り小さくした感じ。
まさにアルガンベイはスリランカを横断って感じです!


飛行機で寝ない作戦が功を奏し、車ではぐっすり寝させていただきました。


途中、ドライバーが車を止め、「エレファント!エレファント!」
そのあと日本語で「ゾウ イルヨ!! レファントネ!」と言って起された。

暗闇の中に象の群れが・・・・。夜だからこれぐらしか写真とれません!
  


そして、このあたりは道が悪く、デコボコ道。寝ていると何回も跳ねて目が覚めた。
 
そんな感じで10時間。アルガンベイについた。まだ辺りは暗かった。
 
アルガンベイにあるマンボーゲストハウス着いた〜。ドライバーさんお疲れさまでした。

いよいよアルガンベイでサーフィンが始まります!!

       次の日(DAY-2)へ続く       TOPへ