Delighted Life
確定申告 -医療費控除-

HOME > 確定申告

*
 

 

「あなたや生計を一にする配偶者その他の親族のために支払った医療費が一定の金額以上ある場合に控除されます。」

 簡単に言うと、生計を共にしている家族みんなの医療費合計が、昨年1年間10万円(または総所得金額が200万円未満の人は総所得金額の5%)を超えた場合が申告の対象になります。

 

 
 
意外と知らない、医療費の対象になるもの

薬局で買った頭痛薬・風邪薬・花粉症の薬など、市販薬のパッケージに「医薬品」と書いてあればOK。

治療のためのあんまやマッサージ、医師の指示で受けたマッサージ代など。

「生計を一にする家族」の範囲以内の家族。例えば、仕送りしている扶養家族である子供や生活費を仕送りしている田舎の両親の医療費など。

保健師や看護師、準看護師による療養上の世話代。

公的機関を使った交通費。例えば電車やバスなど。また、やむを得ず利用したタクシー代。

・本来タクシー代は含まれませんが、やむを得ない理由、例えばケガや急病などで病院に運ばれた場合などは対象になります。

・マイカーで通院したガソリン代、駐車場代は対象になりません。

付添い人の交通費。ただしこの場合は条件があります。

・乳幼児や介護が必要な場合など、患者本人が一人で通院できない場合の付添い人が対象となります。
※子供(幼児)を両親で付き添った場合、二人分の交通費が出るわけではありません。 最低限の人数での付き添いが対象ですので注意して下さい。ただしケースバイケースですので、不明な点があれば税務署の窓口にお問合せ下さい。

▲ページのトップへ

 
申告に必要なもの

確定申告書

医療費の明細書

医療費の領収書

源泉徴収書

印鑑(シャチハタ以外)

還付金を受け取る口座番号が分かるもの(キャッシュカード、通帳)

▲ページのトップへ

 
申告の方法

還付申告になりますので還付申告のページを参照してください。

▲ページのトップへ

 
医療費の明細書

決められた書類というものはありません。ただ、税務署には封筒形式になった明細書の記入用紙が用意されていますのでそちらを利用してもよいでしょう。お手元のない場合は「医療費の明細書フォーマット」をご利用下さい。

 

≪作り方の手順例≫  医療費の明細書フォーマット (A4でプリントアウトしてご利用いただけます。)

医療費の領収書、医薬品購入のレシート、タクシー代の領収書、バス・電車の交通費のメモを家族1人ずつに分類する。

さらに分類したものを、それぞれの病気・ケガごとに分け、合計金額をつけ、保険金などで補てんされる金額を差し引く。

支払った医療費から、「所得金額の合計×0.05」か「10万円」のいずれか少ない金額を差し引かれたものが、「医療費控除」の金額になります。

▲ページのトップへ

 
夫婦共働きなど、家族の中で複数の納税者がいる場合

医療費控除は「生計を一にする配偶者や家族…」の控除ですので、誰が申告したら1番得なのか計算してから申告しまよう。

 

 

▲ページのトップへ


◇◇ Delighted Life ◇◇ Delighted  Life KITCHEN ◇◇ Delighted Life CAMP ◇◇

Counter

 

※誤字脱字・間違い・変更等ある場合もございますので現地にご確認してからおでかけ下さい。