備前焼販売の専門店 備前焼わかくさ

〜晴れの国・岡山から素朴なやきもの備前焼をお届けいたします〜
備前焼わかくさ
HOME 初めてのお客様へ ショッピングガイド 当店について お客様の声 買い物かごを見る RSS新着情報

備前焼商品別メニュー

酒器徳利・酒つぎ

食器湯呑・珈琲碗・他

ぐい呑・盃 >酒器セット

皿・飯碗 >鉢・丼

ビアマグなど洋酒器・他

急須・蓋物・他

茶器・香炉水指・茶碗・香炉・他

花器壺・花入・細工物・他

備前焼作家別メニュー

伊勢崎卓

近藤正彦 横山直樹

伊勢崎紳

高力芳照 渡邊琢磨

伊勢崎創

多久守
伊勢崎競 藤原康
か行


各見 政峯(かくみ せいほう)
大正10年生まれ
金重陶陽に指導を受ける。昭和55年に岡山県重要無形文化財に認定。縄文備前を研究、制作。
受賞暦
紺綬褒章・日赤金色有功章・山陽新聞賞(文化功労)・勲五等瑞宝章・文部大臣奨励賞
所属団体
日本工芸会・備前焼陶友会(副理事長)・備芸会・玄画会


各見 飛出記(かくみ ひでき)
昭和25年生まれ
各見政峯の長男。昭和50年、備前焼界最年少で日本工芸会正会員に認定。
受賞暦
工芸展をはじめ、支部展・県展・玄画会展・備芸会展など入選、入賞多数
所属団体
日本工芸会・備前焼陶友会・備芸会


隠崎 隆一(かくれざき りゅういち)
昭和25年生まれ
グラフィックデザイナーから転身し、伊勢崎淳に師事。中堅注目株。
受賞暦
茶の湯造形展大賞二回・日本陶磁協会賞・MOA岡田茂吉賞優秀賞・一水会賞など多数
所属団体
日本工芸会・備前焼陶友会・備前陶心会・備前育陶会


金重 晃介(かねしげ こうすけ)
昭和18年生まれ
故金重陶陽の三男。東京芸大を卒業後、同大学院を修了。東海大学講師を経て作家に。
受賞暦
茶の湯造形展優秀賞・焼き締め陶展記念賞・日本陶磁協会賞など
所属団体
備前焼陶友会・備前陶心会


金重 素山(かねしげ そざん)
明治42年生まれ 平成7年没
故金重陶陽の実弟。陶陽に師事して陶技を習い、桃山備前再現を手伝う。緋襷を得意とし、茶陶の第一人者。岡山県重要無形文化財保持者。


金重 道明(かねしげ みちあき)
昭和9年生まれ 平成7年没
故金重陶陽の長男。陶陽に師事して陶技を習う。茶陶の正統派で平成2年岡山県重要無形文化財保持者。


金重利陶苑(かねしげりとうえん)
備前焼窯元六姓金重家の総本家、代々利右衛門を襲名する。備前窯元で最も古い伝統をもつ。


川井 明子(かわい あきこ)
昭和5年生まれ
故初代小西陶古の三女。昭和45年備前陶芸センターを修了。
受賞暦
花のうつわ展大賞・朝日展秀作賞・女流陶芸展河北倫明賞・中日展三回、伝統展二回、支部展十七回、日陶展一回、一水会展十三回入選など
所属団体
日本工芸会中国支部・備前焼陶友会・備前育陶会・女流陶芸会・日本工芸美術家連盟


川端 文男(かわばた ふみお)
昭和23年生まれ
グラフィックデザイナーから転身し、金重利陶苑で修行。自然練り込みという特殊技法を使う。
受賞暦
茶の湯造形展田部美術館大賞優秀賞、入選多数・焼き締め陶展記念賞・中日展、朝日展、日陶展で入選多数
所属団体
日本工芸会


岸本 明彦(きしもと あきひこ)
昭和30年生まれ
窯元小西陶古に入り、小西陶蔵に学ぶ。昭和52年独立。
受賞暦
花のうつわ展特別賞・現代美術展奨励賞・伝統展、支部展、中日展、県展などで入賞、入選
所属団体
日本工芸会中国支部


木村 玉舟(きむら ぎょくしゅう)
昭和24年生まれ
名細工師故十六代木村宗得の長男。白備前の焼成に成功。
受賞暦
日展入選十七回・一宮賞二回・県展受賞四回・焼き締め陶展記念賞
所属団体
日本陶彫会・日本工芸会中国支部・備前焼陶友会・日展会・日本彫刻会


十六代木村 宗得(きむら そうとく)
大正8年生まれ 昭和62年没
幼少の頃より、父十五代宗得について陶技を習得。昭和26年十六代宗得を襲名。細工の名工


木村 隆明(きむら たかあき)
昭和18年生まれ
窯元一陽窯の故木村一陽の二男。昭和49年築窯独立。
受賞暦
一水会展一水会賞をはじめ、伝統展、支部展、中日展、日陶展などで入選多数
所属団体
日本工芸会・備前焼陶友会・備前陶心会・一水会陶芸部


木村 陶雲(きむら とううん)
大正11年生まれ
父の細工師故木村宗太郎と兄の故十六代宗得について陶技を習う。細工物が主流。


木村 桃山(きむら とうざん)
昭和17年生まれ
木村桃蹊堂十六代木村桃山の長男として生まれる。昭和51年十七代桃山を襲名。


木村 陶峰(きむら とうほう)
陶正園(とうしょうえん)
備前焼窯元六姓の木村総本家より分かれて大正2年に創設。


木南 知加選(きなみ ちかせん)


黒澤 泉(くろさわ いずみ)
昭和7年生まれ
陶土販売をするうちに難波章ら作家と知り合い、手ほどきを受ける。昭和56年築窯、独り立ちする。
受賞暦
中国展入賞二回・県展六回、一水会展と新匠工芸展三回、伝統展一回各入選
所属団体
日本工芸美術家連盟・備前焼陶友会


圭秀窯(けいしゅうがま)
平成元年、故佐藤圭秀の遺言により創設。


小山 一草(こやま いっそう)
昭和7年生まれ
名工故小山一草の長男。細工物に力を入れる。
受賞暦
県展、工芸会支部展、一水会展で入選、入賞・日陶展、中日展、茶の湯造形展で入選
所属団体
備前焼陶友会・備芸会


小山 末廣(こやま すえひろ)
昭和23年生まれ
名工の故初代小山一草の三男。故金重素山に学び、昭和46年に独立。
受賞暦
一水会展一水会展賞・茶の湯造形展優秀賞・県展山陽新聞社賞など入選、入賞多数
所属団体
備前焼陶友会・備前陶心会・一水会


五郎辺衛窯(ごろべえがま)
昭和54年、醤油の醸造元武用五郎辺衛商店が創設。


近藤 正彦(こんどう まさひこ)
昭和46年生まれ
岡山県倉敷市に生まれる。京焼の岡田赤雲に師事。平成8年隠崎隆一の内弟子となり陶技を磨く。平成15年独立。
受賞暦
岡山県美術展入選、奨励賞・田部美術館茶の湯造形展入選

前のページへ戻る ページのトップへ
 HOME 特定商取引法 プライバシーポリシー サイトマップ