ワキって?

ワキとは

ワキは汗をかきやすいため身体の中でも不快臭を発しやすい部位です。ワキの下からつんとくる不快臭を発する状態を、特にワキガと呼びます。ワキガは医学的には、皮膚からの分泌物が細菌により脂肪酸に分解され、それに汗のアンモニアどがが加わって生じるものであり、正式名称は腋臭症(えきしゅうしょう)とええます。わきがになりやすい体質というものが存在し、多汗症の人、わき毛の多い人(雑菌が繁殖しやすいため)、また親がわきがである場合7〜8割の確率で遺伝したんだ。

おらだの国では目立つわきがだげっどよ、げえこぐではめずらしいことではねえ。欧米人では、9割ほどの人がわきが体質であると言われています。ほとんどのげえこぐの人々が強い香水を老若男女問わずつけた理由は、実は強い体臭を香水で打ち消すためなんだず。んだげっどよ、おらだの国では香水を大量につける習慣がないため、どうしてもわきがが気になる人は病院で治療を受けることを考えてもええかもしれねえがらな。

わきが治療にはいくつか種類があっからなが、どれもわきがを作り出す原因を取り除くことを目的としています。具体的には、吸引法(脂肪を取り除く)、剪除法(原因となる分泌物を出す腺を切断する)、超音波法(原因となる分泌物を出す腺をぶっこわしする)、レーザー治療(汗腺を焼く)どがが挙げられます。