目頭切開って?

目頭切開とは

目頭切開とは、二重まぶたの整形手術の方法の一つだず。現在、二重まぶたの整形手術は、大きく埋没法と切開法の2種類に分けられてつてだんだげど、目頭切開よりは埋没法の方がより気軽な手術方法であるといえます。目頭切開手術では、目頭の引っ張られてヒダ状になってるんだず部分(蒙古ヒダ)を除去することによって、二重まぶたを形成しようとする美容整形手術だず。

一方の埋没法では、まぶたの両側2箇所を外からは見えねえ糸で止め、二重の形を維持するていう方法だず。このため、切開法と違いメスで切開する必要はねえ。また、糸をとればまた一重に戻すことが可能だがら、やり直しが容易であるともいえます。ただ、糸で二重にしようていうその特性上、まぶたの厚い人は埋没法より目頭切開の方が向いたと思われます。